—北欧神話の伝説の神器「ティルヴィング」について—

ティルヴィングの詳細


 皆さんは、北欧神話をご存知ですか??

北欧神話とは、名前の通り北欧で言い伝えられている神話のことです。
詳しく説明すると、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。
スカンディナビア神話とも呼ばれている。
ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる(wiki参照)


 そんな北欧神話に登場する「ティルヴィング」という伝説の神器について紹介していきたいと思います。

ティルヴィング
King_Svafrlame_Secures_the_Sword_Tyrfing

ティルヴィングは北欧神話古エッダサガに登場する魔剣
 

オーディンの血を引く王、スウァフルラーメがドヴァリン、ドゥリンという二人のドヴェルグ(ドワーフのこと。人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族)を捕らえ、命を救うのと引き換えに黄金の柄で錆びることなく、鉄をも容易く切り、狙ったものは外さない剣を作るように命じた。

 

ドヴェルグたちはこの要求を飲み剣を鍛えた。
しかし彼らは去り際に、この剣が「悪しき望みを3度は叶える」が「持ち主にも破滅をもたらす呪い」をかけたことを明かし、岩の中へ逃げ込んだ。
 

その後、スウァフルラーメはティルヴィングを帯びて戦場におもむき勝利した。

ティルフィングによって様々な戦功をあげたスヴァフルラーメでしたが
侵略者アルングリムと戦ったときに、侵略者アルングリムの盾に剣が滑り落ちてしまい、それを拾われて命を落としました。
 

その後アルングリムはスヴァフルラーメの娘ユウフラを娶り、自らが王となりました…。

その後アルングリムの息子アンガンチュールに受け継がれたが持ち主や近親者がこの剣により死んだ。

なんとも、数奇な人生だ。