超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    カテゴリ: SF

    “来訪者”は宇宙人ではなかった!

    「重要メモ」には“空飛ぶ円盤”の9つの特徴が記されている。下記の通り。
     

    fbiufodocument3.JPG
    ufo1.pdfの「重要メモ」 「FBI」より

    1. 搭乗員がいる円盤もあれば、リモートコントロールされている無人機の円盤もある。

    2. “彼ら”のミッションは平和的なものであり、地球のどこかに腰を落ち着けて定住したいと考えている。

    3. 彼ら“来訪者”は人間に似た姿をしているが、サイズが大きい巨人である。

    4. 彼らは地球人の親戚ではなく、彼ら独自の別世界を起源とするエイリアンである。

    5. 彼らの“出身地”は我々が知っている惑星のどれでもない。我々には知覚できないが、すでに地球を浸しているエーテル体の母星から来ている。

    6. 我々の世界の振動率と濃密物質の環境に入り込むことで、彼らも円盤も自動的に物質化する。

    7. 円盤はある種の放射エネルギー砲光線銃を装備しており、攻撃してくるどんな宇宙船でもいとも簡単に殲滅する。彼らはもちろん意のままにエーテル世界に戻ることができ、我々の追跡を逃れ視界から姿を消す。

    8. 彼らの起源は宇宙空間にあるのではなく“Lokas”や“Talas”と呼ばれる世界に該当する。

    9. おそらくラジオ無線では彼らと通信できないが、もし有効な信号システムが開発できればレーダーを使って交信できるかもしれない。
     

    管理人:ニート神
    からの長文

    ここで指摘されている“空飛ぶ円盤”とその“搭乗員”は、意外なことに宇宙人ではないということ。
    “エーテル世界”という別の次元から来ていて、僕たちの想像をはるかに越えた存在であり、攻撃したり排除したりするのはもってのほかということになる。
    執筆者の意図としては、この後にこの“ガイドライン”を一般の人々にも知らせて、来るべき“未知との遭遇”に備えさせようと考えていたんだけど、望みに反してその後公開されることはなかった。
    だけど、機密指定解除というかたちで現在、こうして一般の人の目にも触れられるようになったのは
    皮肉というべきなのかな。
    このufo1.pdfをはじめとする公開されたUFO機密文書の研究にも引き続き注目していきたいね。


    P.S.
    僕はこの世界でちゃんと生きています 
    バサラ―の皆さんには、たくさん待たせてごめんね

     
     

     

    機密指定が解除された1947年の「重要メモ」とは 

    FBI(米連邦捜査局)が、自らのウェブサイトで公開している機密指定解除文書が話題らしい。
    かつて地球上にやってきたUFOとその乗組員のエイリアンは、遠い星からやって来たのではなく、別次元から来たという。

    CIAペンタゴン(米国防総省)の機密文書となれば、いったい何が書かれているのか夢が膨らむ。
    が、FBIの機密文書というのはイメージ的になんだか大人の汚い世界突きつけられそうな感じがして、あまり見たい気持ちにはならないかもしれない。

    しかし昨今、FBIが同ウェブサイトで公開している機密指定が解除された文書の中には、思わず胸を躍らせるようなロマンに溢れるものがある。

    その最たるものは1947年7月8日に報告された「重要メモ」――。


    FBIのウェブサイトによれば、1947年はアメリカ全土で数多くの“空飛ぶ円盤”が目撃された。
    当時設立されたばかりの米空軍では、その最初の仕事としてこれらの“空飛ぶ円盤”を極秘に調査する部署が設けられ、その報告書がFBIにも届けられていた。

    1947年から1954年までのそれらの“空飛ぶ円盤”に関する報告書は数年前に機密指定を解かれ、FBIのウェブサイトで公開されることになった。現在はPDFファイルとしてダウンロードすることも可能になっていて、UFO研究家の間では通称「ufo1.pdf」と呼ばれている。
    ではこの69ページにも及ぶufo1.pdfではどんな報告がなされていたのか。

    dimensional-beings

    “空飛ぶ円盤”についての正確な情報とガイドライン

    fbiufodocument2

    文書の中でも特に目を引くのが22ページ目の「重要メモ」
    1947年7月8日の日付が記されたその報告書は、いくつもの学位を持った元学部長という匿名の人物によって執筆され、著名な科学者や航空・軍事分野の重要人物、政府官僚、少数のメディアに向けて報告されたものらしい。あくまでも一方通行の報告で、特に意見などを求めるものじゃない。

    報告書の内容は、収集した情報などから“空飛ぶ円盤”の特徴を浮き彫りにしたもの。
    科学的には否定されて当然の事柄ではあるが、執筆者にとってこの報告は公共的な責務を果たすものであったということらしい。

    当時は“空飛ぶ円盤”についての懸念が深刻になっており、近いうちに円盤に攻撃されて地球が滅びてしまうのではないかという噂もはびこっていたという。
    これがさらに国際的な疑惑を深め、民衆をパニックに追い込む事態も想定できることから、“空飛ぶ円盤”についての正確な情報とガイドラインを策定することが求められているとしてこの報告書が作られた。

    ではいったいどんな“ガイドライン”が記されていたのか。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    後編はこちらからどうぞ!
    http://kirikiribasara.blog.jp/archives/14257508.html



     

    不可視の生命体

    米国サンダー・エナジーズ社CEOで核物理学者のルジェロ・サンティリ博士は、地球の大気圏に生息する「目に見えない生命体」を特殊な望遠鏡によって確認したと発表した。

    サンティリ博士の論文は「米国現代物理学誌」に掲載された。
    現代物理学とは「おおむね20世紀以降の物理学のことで、相対性理論および量子力学以後の物理学を指す」
    無題2

    概要

    通常、可視光(電磁波の一種)を吸収したり放射したりする物質は色を認識することができ、肉眼で捉えることができます。
    逆に可視光を素通りさせる物質は透明です。

    そういった物質は、肉眼または通常のガリレオ式電波望遠鏡(屈折望遠鏡の一形式、凸(対物)レンズを使用)ではまったく見えないが、博士が開発したサンティリ式電波望遠鏡(凹(接眼)レンズを使用)で観察したところ、大気中に様々な形状の生命体が生息していることが分かったという。
    ao020
    プエルトリコのアレシボにある電波天文台

    無題
     ガリレオ式望遠鏡とサンティリ式望遠鏡の図
     

    そもそも不可視の生命体って?

    大気中を浮遊する不可視の生命体は、「ダーク型(陰型?)」と「ブライト型(陽型?)」の2種類が確認されているらしく
    これらの生命体は、産業施設や軍事施設など機密性の高いエリアの上空を夜間に浮遊していることが多く、人類を監視している可能性があるとのこと・・・(゚Д゚;)

    以下の画像がその「不可視の生命体」を捉えた画像。
    無題7

    無題6

    無題5

    無題4

    なお、サンティリ式望遠鏡による天体観測では、「反物質銀河」、「反物質小惑星」、「反物質宇宙線」なども見つかっている。

    サンティリ博士の論文 
    Apparent Detection via New Telescopes with Concave Lenses of Otherwise Invisible Terrestrial Entities (ITE) 

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    関係ないけど
    昨日のテレ朝のUMA番組は面白かったなぁ
    中国で原人を探したり、アメリカでチャンプを探したり
    どれもコテコテな展開の連続ながら
    それでも笑えて突っ込んで楽しく見れたよ




    LINEをやっている方はこちらを追加してもらうと更新した際に自動的に更新通知がきます
    よければ使ってね

     

    宇宙独立国家の『アスガルディア』構想が始動! 衛星軌道上から地球を防衛、国民も募集中? 


    ロシアや米国など4カ国の宇宙開発専門家らのグループが、衛星軌道上に独立国家「アスガルディア」を建設する構想を発表したらしい。
    米ニュースメディアのビジネスインサイダーなどが報じている。 


    ■構想の概要 

     グループはパリで10月12日に記者会見を行い、プロジェクトのウェブサイトも公開した。
    同サイトによると、アスガルディアという名称は、北欧神話に登場する神々の住む国「アースガルズ」に由来(同じく北欧神話に着想を得たアメコミヒーロー映画『マイティ・ソー』でも、神々の住む星「アスガルド」が描かれている)
    地上ではなく天空に浮かぶ史上初の「宇宙国家」を目指し、独自の憲法も整備するという。 


     人類初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられてから60周年にあたる2017年に、プロトタイプの人工衛星を打ち上げる計画だとしているが、技術的な詳細は明かされていない。
    ビジネスインサイダーの記事は、将来的な目標として、小惑星の資源開発ミッションや、危険な隕石や宇宙ゴミから地球を防衛するミッションの拠点となることを掲げているという。 


    宇宙国家「アスガルディア」のシンボルを施した衛星のイメージ AIRC/Asgardia.space
    16d77364-s

    アスガルディアの宇宙ステーションのイメージ(Asgardia/James Vaughan)
    8e84b424-s


    ※全文、詳細はソース元で
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/post-6038.php

    引用:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476451896/


     

    このページのトップヘ