超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のGamotanことニート神です! 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんにとって、有益な情報を提供したいと思い立ち上げました!! オカルトに縁がない方もオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもくださいつ。あとlineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって特になる記事があるとよいです。
    最近、風邪にはお気を付けください。

    カテゴリ: 不思議

    小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。

    363 : 本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 06:36:51.88 ID:9V/7Rjgx0

    そこに、ずんぐりした軽度の知的障がいを抱えた男子が通っていた。

    そいつを仮に浩と呼ぶことにする。

    ひまわり学級は普通、一般学級とは異なるタイムスケジュールで進んでいるため、その学級の生徒を見る事は稀なことだった。

    それ故に一般生徒は、ひまわり学級についてほとんど知らないのが普通だったのだが、この浩の知名度はかなりすば抜けており、一種の学校の名物君になっていた。

    その理由としては、浩は気になる物は全て左右対称じゃないと気が済まないと言う、極めて重度の強迫性障がいを持っていたからだ。

    浩は異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。

    これは現場を最初から見た訳ではないから何とも言えないが、一度、授業中に浩の金切り声を聞いたことがある。

    その後、窓際にいた友人に話を聞いてみると、どうやら浩が中庭の細木の枝を、ひたすら折っていて、それを先生に止められたらしい。

    しかし先生に腕を引っ張られながらも、金切り声をあげながら、何とか残りの枝もへし折ろうと執着してた……とのことだった。

    数日後、中庭の細木が見事一本の棒のようになっていたんだから、どれだけ浩の執念が凄まじいかよく分かると思う。

    とは言っても、全ての物に対して執着する訳ではなく、あくまで己の琴線に触れた物のシンメトリーだけに執着するらしい。

    事実、他の細木には通常どおりだったし、人体模型や建築物などのシンメトリーもガン無視だったらしい。

    ここで場面は変わるが、同じクラスの女子に雅子っていう子がいたんだが、その子が交通事故に合った。

    幸い、命に別条はなかったものの、右足の脛から下あたりまでを失ってしまった。

    一応、数ヵ月後には学校に顔を出す様になったが、リハビリかなんかで、ちょくちょく遅れて登校したり、早退したりも多くなった。

    そんな感じの生活が続いていたある日、事件は起こった。

    雅子がリハビリの為に早退することになり、別の女子に連れ添われながら教室を出て行った。

    それからほんの少し間が空いて突然、廊下の方から女子の悲鳴が聞こえた。

    その時は、自分も当事者だったので良く覚えている。

    俺は廊下側の席に座っていたので、何事だろうと、そっと廊下を覗いてみたところ、浩が雅子を押し倒し、左足を掴んでグイグイと引きずっていたのだ。

    慌ててクラスの男子と一緒に飛び出して、浩を無理やり雅子から引き剥がした。

    先生も飛び出してきて、何とか事態は収拾したのだが、雅子の方は、引きずられながら左足を引っ掻かれたらしく、所々に血が滲んでいた。

    連れ添った女子の方も、顔を殴られたらしく泣いていた。相当怖かったんだろうと思う。

    一方浩の方は、取り押さえられながらも、奇声をあげて、無茶苦茶に暴れまくっていた。

    その時、初めて執着している浩を間近で見たが、目を剥き出しにし、涎を垂らしながら唸る姿は、本当に鬼気迫る様な感じがした。

    それから三人とも先生に連れていかれて、授業は一時中断。

    その後、戻ってきた先生に自習を言い渡され、その日は昼間で授業が開かれることはなかった。

    浩はその後も雅子に執着し続けたらしく、自分の学年の廊下をウロウロ巡回したり、教室を覗いてくるのをたびたび目撃した。

    これは後から聞いた話なのだが、その時にはすでに浩は、学校側から自宅謹慎するように言われていたらしい。

    それでも親の目を盗んでは学校に無断で侵入し、廊下や教室を監視していたらしいのだ。

    そう言う事もあってか、雅子が再び学校に来たのは、浩が転校か何かで来なくなってから暫くしてのことだった。

    それからは何事も無く過ごし、雅子は別の普通学校に進学していった。

    それから月日は流れて成人式。

    小学校の同窓会に出席し、久しぶりに会う友人達との再会を喜んだ。

    それからは集まった友人たちと乾杯し、様々な思い出や、近況について語り合った。

    そんな感じの話をしていて、ふと上記の浩についてのエピソードを思い出した。

    今思えば、笑い話にするには不謹慎すぎる話題だったが、酒が入っていたせいか、再会に浮かれていたせいか、何気なく話題にだしてしまった。

    するとヘラヘラ笑ってた友人達のうち数人がピタリと押し黙り、「お前聞いてないのか?」と神妙そうな顔で訊ねてきた。

    一瞬ふざけてるのかと思ったが、あまりに真面目な感じだったので、一体何のことなのか、詳細を聞いてみた。

    友人曰く、雅子は中学二年くらいの時期に、通り魔に襲われて亡くなったらしいのだ。

    当時、地元の新聞にデカデカと出てたらしく、どうやら雅子は、左足を切り取られ、出血多量で亡くなったらしい。

    左足は路傍に捨てられており、何故か右足の義足の方も、取り外されて捨てられていたらしい。

    人通りの少ない道での犯行で、目撃情報は無く、犯人も未だに捕まっていない。

    ただ、事件発生数か月前、現場付近で奇声をあげながらうろつく、謎の人物が目撃されているとのことだった。

    浩の行方は、未だわからない……

     

    フュアリー・ヘクラ海峡

    カナダのフュアリー・ヘクラ海峡の海底から正体不明のビーコン音が発生しており、それが原因で付近から野生動物の姿が消えてしまったとCBC Newsが報じている。

    ビーコン音が発生している場所は、狩猟や漁業が行なわれている地域だが、ビーコン音を嫌い、野生動物が近寄らなくなってしまったという。

    CBC Newsによると、原因の1つとして、鉱山採掘を行なうBaffinland Iron Minesがソナー調査用の機器を設置したのではとの憶測もあったが、同社は件の場所にはそのような機器を設置しておらず、水中用の機器も所有していないと否定しているという。

    別の憶測としては、捕鯨に反対するグリーンピースがイヌイットによる捕鯨を邪魔する目的で、鯨を驚かすためのソナーを設置したのではとの噂もあるが、確証はなく、グリーンピースも否定しているという。

    この報告を受けたカナダ軍も調査を開始しているほか、この音がカナダ軍の潜水艦によるものではないとしている。

    —世界一到達するのが困難な島「北センチネル島」について—

    北センチネル島の詳細  

    46b8fa88

    インド領アンダマン諸島中の島。
    インド洋東部・ベンガル湾内にあり、アンダマン諸島の南西部、南アンダマン島の西、約30kmに位置する。

    「北センチネル島」とは?

     
    島には先住民でありセンチネル語を話すセンチネル族(Sentinelese)が50ないし400名程度居住していると考えられている。

    彼らは現代文明を有さず、他民族との接触を拒否しており、アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

    先住民たちはいかなる理由であろうと、侵入者を拒み、矢で威嚇して決して寄せ付けない。

    センチネル族はいかなる部外者であろうと、侵入者を矢で威嚇する。多民族や文明との接点を拒み続ける彼らは未だ謎が多く、またアンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

    2004年のスマトラ島沖地震はまだ記憶にあたらしいと思うが、各国から救援のために物資輸送に訪れたヘリコプターに対し、矢を放っているというから驚きだ。

    スマトラ島沖地震では、北センチネル島自身も被害にあっているはずだが、彼らはいかなる救助も拒否し続けているため、被害の実態は明らかにされていない。
    救助ヘリに矢の狙いを付けるセンチネル族

    出典:NAVERまとめ

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    政府も介入できないブラックボックス民族、センチネル族。
    彼らと意思疎通できる日は来るのか…
     

     




    宇宙独立国家の『アスガルディア』構想が始動! 衛星軌道上から地球を防衛、国民も募集中? 


    ロシアや米国など4カ国の宇宙開発専門家らのグループが、衛星軌道上に独立国家「アスガルディア」を建設する構想を発表したらしい。
    米ニュースメディアのビジネスインサイダーなどが報じている。 


    ■構想の概要 

     グループはパリで10月12日に記者会見を行い、プロジェクトのウェブサイトも公開した。
    同サイトによると、アスガルディアという名称は、北欧神話に登場する神々の住む国「アースガルズ」に由来(同じく北欧神話に着想を得たアメコミヒーロー映画『マイティ・ソー』でも、神々の住む星「アスガルド」が描かれている)
    地上ではなく天空に浮かぶ史上初の「宇宙国家」を目指し、独自の憲法も整備するという。 


     人類初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられてから60周年にあたる2017年に、プロトタイプの人工衛星を打ち上げる計画だとしているが、技術的な詳細は明かされていない。
    ビジネスインサイダーの記事は、将来的な目標として、小惑星の資源開発ミッションや、危険な隕石や宇宙ゴミから地球を防衛するミッションの拠点となることを掲げているという。 


    宇宙国家「アスガルディア」のシンボルを施した衛星のイメージ AIRC/Asgardia.space
    16d77364-s

    アスガルディアの宇宙ステーションのイメージ(Asgardia/James Vaughan)
    8e84b424-s


    ※全文、詳細はソース元で
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/post-6038.php

    引用:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476451896/


     

    —高額の供養料や仏像を販売したりする霊視商法を行い多くの信者を騙し莫大な被害が…—




    本覚寺(詐欺寺)の詳細

    住所:〒319-3363 茨城県久慈郡大子町北富田1704付近

    茨城県久慈郡大子町のお寺だったが、詐欺商法を行っていた事が明らかになり、2002年1月24日に解散命令が出された。
    犯罪を理由にした宗教法人の解散命令としては、オウム真理教に次ぐ2番目の出来事だったそうです。

    こちらに関して詳しく書いておられるサイトがありますので、こちらのリンクから続きは↓のリンクからどうぞ。

    廃墟検索地図-本覚寺-

    —太古から立つラクショウの木々—


     カドー湖の詳細

    住所:245 Park Rd 2, Karnack, TX 75661 アメリカ合衆国

    ・カドー湖の歴史
    「米テキサス州とルイジアナ州の州境」にあります。
    19世紀に追放されるまで、そこにはネイティブアメリカン(アメリカの先住民族)が住んでいました。

    ここには、世界最大の樹齢を重ねたラクウショウ(ラクウショウはヒノキ科の針葉樹)の木々が湖上に、その根を水に浸しながら立ち並んでいます。
    その悠然たる光景はあまりにも神秘的で、様々な伝説を生み出してきたといいます。

    伝説の一つは、1812年に発生したニューマドリッド地震(アメリカ合衆国東部の歴史に記録された中でも最大の地震 M7.5程らしい)により、突然この湖ができあがったというもの。
    地質学者らは、あながちこの説は間違いではないとしているそう。
    地震により、盆地のくぼみが徐々にシフトしていき、湖を形成した可能性があるといいます。

    また、カドー湖は1965年より、数百件のビッグフットの目撃情報が相次いでいるそうで
    テキサスビッグフット研究センター(TBRC)では2006年に、カドー湖でビッグフットの大規模調査を行っているそうです(現在も調査されているかは不明・・・)
    もしも、ラクウショウの木々の中にビッグフットが潜んでいるとなると、興奮しますね。

    以下写真↓
     

    Caddo12_s-300x200

    Caddo11_s-300x200

    Caddo02_s-300x200

    Caddo01_s-300x200

    このページのトップヘ