超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のGamotanことニート神です! 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんにとって、有益な情報を提供したいと思い立ち上げました!! オカルトに縁がない方もオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもくださいつ。あとlineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって特になる記事があるとよいです。
    ホームになぜか記事の画像が表示されてしまう現象が発生しています。すいません。

    カテゴリ: 不思議

    神隠し

    ある日、突然人が姿を消してしまう現象「神隠し」
    警察の発表では日本の行方不明者は毎年8万人を超える。
    今回は神隠しの事例と原因を事件と超常現象の目線からご紹介する。
    神隠し

    神隠しの意味

    神隠しとは、人が何の前触れもなく突然姿を消すことを指す言葉。
    あまりに不自然な現象であることから神様や物の怪の仕業ではないかとされ「神隠し」と呼ばれるようになった。現代では単に行方不明事件や失踪事件に対しても使われることもある。
    あまり知られていないが「天狗隠し」という呼び方も存在する。
    神隠しとは
    神隠しは失踪者が行方不明になる場所が、その土地で神域とされていた山や森であった為、神の仕業とされるようになったという。
    この神は山の神、森の神以外にも天狗、鬼などの物の怪とされることも多かった。
    また、神隠しには遭いやすい人間とそうでない人間がいるとされており、知的障害者や神経質な子ども、産後の女性や精神的に不安定な者が遭いやすいとされている。

    神隠しの事件・事例・スポット

    日本には神隠しとされている不思議な事件や、それが起こるとされる場所がいくつか存在する。
    ここでは神隠しの事件や事例、スポットをご紹介しよう。

    ①八幡の藪知らず

    八幡の藪知らずとは、千葉県市川市に在る森の呼び名で、古くから「足を踏み入れると二度と戻っては来られない」と呼ばれる神隠しスポット。
    八幡の藪知らずの神隠し伝説は江戸時代から存在し、近隣住民は現在でも立ち入ることを禁じている。
    八幡の藪知らず

    ②赤城神社の神隠し

    1998年、千葉県の主婦志塚法子さんが家族と赤城神社に訪れそのまま行方不明になるという事件が起きた。
    雨天のため家族は車に留まっていたが、法子さんは「せっかくだからお賽銭をあげてくる。」と言い残し一人で神社に向かった。
    その後、娘が何故か境内とは別方向でたたずむ法子さんの姿を目にしているが、これを最後に彼女は消息を絶ってしまう。
    赤城神社 神隠し
    戻らない法子さんを心配した家族が警察に通報し、100人体制での捜索が行われたが、結局彼女が見つかることはなかった。
    山道は綺麗に整理されていたため崖などの危険な場所に迷い込むことも考えにくく、不審な人物の目撃情報もなかったという。法子さんは一体どこへ行ってしまった?

    ③松岡伸矢くん行方不明事件

    松岡伸矢くん行方不明事件は、1989年に徳島県貞光町で起こった幼児の失踪事件。
    当時4歳だった松岡伸矢くんは家族に連れられて徳島県の親戚宅を訪れた。
    翌朝、父親が伸矢くんと当時2歳の弟、従兄弟の子どもの4人で散歩に出かける。
    松岡伸矢くん行方不明事件
    朝食を済ませていなかったため散歩は10分ほどで切り上げられ、家の玄関に戻ったときには、父親は伸矢くんの姿を確認している。しかし、弟を預けるために家にあがり玄関に戻ると伸矢くんの姿はどこにもなかった。父親が目を離したわずか40秒ほどの出来事だ。
    その後、警察により200人が動員され3ヵ月に及ぶ捜索が行われたが、結局伸矢くんを見つけることはできなかった。
    現場は近隣に家はなく、外部からの出入りがほとんどない場所だった。また、不審な車なども目撃されていない。

    ④石井舞ちゃん行方不明事件

    石井舞ちゃん行方不明事件は、1991年に福島県船引町で当時7歳の石井舞ちゃんが行方不明になった事件。自宅でしかも深夜に姿を消したことから奇妙な失踪事件として知られている。
    事件当日、舞ちゃんの家には祖父母、父母、二人の兄弟に加え、父親の姪とその恋人、母親の友人の子ども二人が泊りに来ていた。
    舞ちゃんは母親の友人の子どもたちと一緒に寝ていたが、深夜に子どもたちが目を覚ますと舞ちゃんの姿が消えていた。
    石井舞ちゃん行方不明事件
    祖父母が深夜に姪の恋人がいなかったことを確認していたため、恋人である20歳の男性が警察から取り調べを受けることになる。しかし、男性は友人に会うためにタクシーに乗って出かけていたと証言し、その言葉のとおり彼を乗せたというタクシー運転手も確認され罪に問われることはなかった。
    警察の捜査で自宅の周りには関係者以外の足跡は発見できなかった。

    ⑤北海道室蘭女子高生失踪事件

    北海道室蘭女子高生失踪事件は、2001年に北海道室蘭市で当時16歳の千田麻未さんが行方不明になった事件。その日、麻未さんはバイト先の講習を受けるためにバスに乗って出かけた。
    しかし、何故か麻未さんは降りるはずのバス停では下車しておらず、3つ先のバス停付近で学校の同級生と挨拶を交わしている。
    その後、近くのショッピングモールの化粧品コーナーで買い物をする麻未さんが監視カメラに映っている。
    北海道室蘭女子高生失踪事件
    ショッピングモールを出た後に麻未さんは恋人と携帯電話で話をしており、バイト先のパン屋がある繁華街にいると伝えたそう。
    麻未さんは「いま話せないからあとでかけなおす」と言って電話を切りその後行方がわからなくなる。
    警察は麻未さんに最後に会っていたと思われるバイト先の店長を取り調べたが、店長の男は彼女は結局店には来なかったと証言した。
    男の自宅と店舗の両方が調査されたが、事件に結びつくものは発見されず事件は未解決のまま今でも麻未さんの行方はわかっていない。

    ⑥タケノコ掘り行方不明事件

    2005年、香川県坂出市の竹林でタケノコ掘りをしていた当時5歳の大西有紀ちゃんが行方不明になった事件。有紀ちゃんは母親と小三の姉と一緒にタケノコ堀りに参加していたが、「もう一本取ってくる。」と言って竹林に入ったまま姿を消えた。
    有紀ちゃんの姿が見えないことに気付いた母親はすぐに参加者と周囲を探索し警察に通報する。
    タケノコ掘り行方不明事件
    警察の捜索もむなしく有紀ちゃんが見つかることはなかった。
    当初は近くの池に落ちたのではないかといわれていたが、池の水を抜いても有紀ちゃんは発見されなかった。警察犬を使った捜索では4頭の犬すべてが同じ場所で動きを止め、車で連れ去られたのと同じ反応を示した。
    しかし、その場所は竹林にできた僅かな空間で、車両が侵入できる場所ではなかった。
    有紀ちゃんは一体どこへ行ってしまった?

    ⑦坪野鉱泉女性失踪事件

    坪野鉱泉は富山県魚津市にある倒産した旅館の廃墟。
    1996年にここで肝試しをしたと思われる女性2名が行方不明になっており、有名な心霊・神隠しスポットとして知られている。行方不明になった女性二人は家族に肝試しに行くと伝えて出かけた切り連絡が取れなくなる。警察の捜査もむなしく現在も二人は見つかっていない。
    坪野鉱泉女性失踪事件

    神隠しの真相と考えられる原因

    古来より神隠しとされてきた現象の正体とは何だろう?
    次は、神隠しの原因として上げられる有名な説をご紹介する。

    ①家出・迷子説

    失踪と聞いて警察が最初に考えるのが家出だという。
    事実、神隠しに遭ったといわれていた人が後から戻ってくる事例も存在する。
    また、単なる迷子であったということも考えられる。
    しかし、家出をするには幼過ぎる子どもが行方不明になっているケースも多く、迷子や事故であれば見つかるはずの姿を確認できないのが神隠しの不思議で厄介なところである。

    神隠し 家出

    ②誘拐・拉致説

    神隠しに遭った人は家族や警察が捜索しているのにも関わらず姿を確認できないことから誘拐や拉致などの事件に遭ったのではないかとする説。
    家出ではない失踪があった場合、警察は事件も視野に捜査を開始する。
    現在では神隠しとされる事件の多くは誘拐や拉致によるものだとされている。
    しかし、松岡伸矢くん行方不明事件のように不審人物が目撃されていない事例も確かに存在する。
    神隠し 拉致 誘拐

    ③殺人事件説

    誘拐や拉致と同じく被害者を発見できないことから殺人事件に巻き込まれ死体を犯人が隠したとする説これも現在では有力な説とされている。しかし、やはり外部との接触が考えにくいタケノコ掘り行方不明事件などではこれを当てはめるには不自然過ぎる。
    神隠し 殺人事件

    ④間引き説

    日本では古来から「姥捨て」などの家族の間引きが行われてきた歴史がある。
    そのため、神隠しといわれる事例もこれらの風習を隠すために生まれたという説がある。
    神隠しに遭いやすいとされていたのは障害者や問題のある子どもなど社会的弱者や社会不適合者だったとされている。
    しかし、近代ではこのような習慣が残っているとは考えにくく、何かしらの事件に巻き込まれたと考えるのが普通だと思われる。
    神隠し 間引き

    ⑤異次元移動説

    最後にキリキリバサラらしくオカルト的な目線で神隠しの原因を考えてみたいと思う。
    神隠しの多くはおそらく誘拐や殺人などの人為的なものだと思われる。
    しかし、神隠しの中にはどう考えても突然消えたとしか思えない事例が存在することも確か。
    それらの原因としてよく語られるのが異次元移動説。
    神隠し 異次元
    世界ではタイムスリップやテレポートなど時代や空間を移動したとしか考えられない超常現象が報告されている。神隠しもこれらと同じで異次元を通って別世界や別の時代に移動したものだとする説。
    UMAなどの未確認生物は異次元から逆にこちらの世界にやってきた生物なのではないかという話もあるが・・・。神隠し異次元移動説、反論したいが、可能性は限りなくゼロではない。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    神隠しにあったとされている消えてしまった人々・・・
    彼らは一体どこへ消えた?







    死海文書 後編

    死海周辺で発見される最古の聖書写本「死海文書」
    この死海文書には旧約聖書にはない予言が記述されているという。

    今回は死海文書について、発見の経緯とその内容、旧約聖書には無い奇妙な予言などをご紹介する

    死海文書には予言が記されている?

    死海文書には旧約聖書に記されていない予言が存在している。
    そのためこの「失われた予言」はオカルト界隈で都市伝説と化し、死海文書の人気を支える理由にもなっている。

    ここでは死海文書に記されているとされる予言の中から特に有名なものをご紹介する。

    ①イスラエルの破滅

    死海文書には「イスラエルが国家として立ち上がるも70年にわたって長い混乱に見舞われる」という予言が存在します。さらにその混乱の最後には破滅が待っているとされている。
    イスラエルの破滅
    イスラエルは1948年に建国されて以降、様々な問題を抱えてきた。
    イスラエル国における中東問題などを考えれば、この予言が当たっているようにも感じられるが偶然と言われればそれまでの話だ。

    そして、予言にある70年後の節目の年は来年の2018年に当たる。
    死海文書による予言のとおりイスラエル国は破滅することになるのだろうか?

    ②光と闇の最終戦争

    死海文書の中には「光の子と闇の子のあいだに最後の戦いが生じ世界が崩壊する」という予言も存在する。その内容は以下のようなもの。

    神に寄り添う者には栄光が訪れ、サタンに寄り添う者には絶え間ない破壊が訪れる

    光の子も闇の子も天使と共に戦うが、神は光の子に微笑むだろう
    光と闇の最終戦争
    これらの予言は近年勃発が懸念される核戦争に対する予言なのではないかとして、オカルト界隈で騒がれているよう。果たして核戦争は起こってしまうのか?(最近だと核といえば北朝鮮だね。)

    ③日本人メシア(救世主の意)の誕生

    先述した光と闇の戦争において死海文書には「光と闇の両軍にそれぞれのメシア(救世主)が誕生する」という予言も存在する。
    そして、このメシアの一人が日本人から誕生するのではないかという噂がある。
    日本人-メシア
    日本語の語源はヘブライ語であるという研究結果があることから、日本人とユダヤ人は祖先が同じであると考えられている。
    また、死海文書には「メシアは聖書を知らない東の国から現れる」という記述があり、聖書の影響が少ない日本はこれに一致するという。

    果たして本当に日本からメシアが誕生するのだろうか?
    そして、全てが真実と仮定するならば、日本は光と闇の戦争においてどのような関わり方をすることになるのか?

    死海文書の謎とは?

    死海文書は2000年の時を経ても現在にその原型を留めており、その防腐処理は現在でも謎とされている。環境変化に乏しい洞窟に隠されていたことを考えても、これだけ保存状態が良いことは驚異的だからだという。
    死海文書-謎
    最初に死海文書を買い取ったシリア正教会の大主教アタナシウスは、この古書に施された防腐処理に疑問を持った。
    それは、彼が知っているどの方法にも該当しなかったから。
    アタナシウスが死海文書の切れ端を燃やすと、嗅いだことのない奇妙な臭いが立ち込めたという。

    死海文書の防腐処理については解読の段階でも調査されたが、最新の科学調査を行なっても結局謎のままだった。2000年前の人々は私たちの知らない独自の防腐処理技術を持っていたのだろう?

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    旧約聖書にない予言が残されている死海文書について紹介したよ
    そもそもこれらの聖書は何を根拠に創られたものなんだろう?
    また、どうしてこれほどまで長く長く語り継がれているのだろう?
    予言など真実は置いておいて
    地球にはまだまだロマンが溢れているね





    死海文書 前編

    死海周辺で発見される最古の聖書写本「死海文書」
    この死海文書には旧約聖書にはない予言が記述されているという。

    今回は死海文書について、発見の経緯とその内容、旧約聖書には無い奇妙な予言などをご紹介する

    死海文書とは何か?

    死海文書とは、アラビア半島北西に位置する湖「死海(しかい)」の周辺から発見される古書の総称。旧約聖書など聖書に関連する記述が施されており、これまで発見された死海文書の数はなんと900を超える。
    死海文書-いつ
    これは死海文書が環境変化に乏しい洞窟内に保存されていたことが原因であると考えられている。
    仮に死海文書が洞窟以外の場所に隠されていたとしたならば、2000年の時を超えて人類の目に触れることはほぼなかったと言えよう。

    死海文書と洞窟の関係とは?

    これまで発見された死海文書は基本的に死海周辺に位置する洞窟の中から発見されている。
    死海周辺には100を超える洞窟が存在しているが、死海文書が発見された洞窟はその内の11洞のみ。
    死海文書-洞窟
    今から1950年ほど前の現地ではユダヤ人同士の激しい戦争が行われており、この戦いから死海文書を守るために安全な洞窟に隠されたのではないかと考えられている。

    死海文書は誰によって書かれたのか?

    死海文書が誰によって書かれたかについては諸説あるが、現在ではユダヤ教のグループ「エッセネ派」のメンバーが書いたとするのが一般的らしい。
    エッセネ派はさらにいくつかのグループに分かれていたが、その中のクムラン教団という団体が死海文書を作成したのではないかといわれている。
    死海文書-誰
    死海文書に記述されている宗教観の多くはエッセネ派のものと酷似しており、当時の死海周辺にはエッセネ派のグループが存在したという記録が残っている。
    また、クムラン教団に縁のあるヒルベト・クムラン遺跡には一切の古書が発見されていないにも関わらず、インクを入れていたとみられる壺も発見されている。
    これらのことからクムラン教団が死海文書を作成し、洞窟に隠したのだと考えられるようになったという。

    死海文書の解読が遅れた理由は?

    死海文書は現在ではすでに存在しない古代ヘブライ語で記述されている。
    また、比較的保存状態が良いとはいえ、2000年近く前の古書であるため箇所によっては損傷が激しく、肉眼での解析も困難を極めた。
    死海文書-解読
    しかし、赤外線を用いた特殊なカメラを使用することで少しずつ解析が進み
    2009年にはそのほとんどが解読されるに至った。
    死海文書は現在デジタル化して公開されているため、世界中の誰でも読むことが可能。
    死海文書 閲覧ページ

    気になる死海文書の内容は?

    死海文書の主な内容はユダヤ教の聖書(旧約聖書)、聖書の外典と偽典、教団文書の3つ。
    これにより死海文書はそれまで知られていた物よりも1000年近く時代を遡る「「最古の聖書写本」」であることが判明した。
    死海文書-内容
    また、後の世に伝わっている旧約聖書は死海文書の時代からほとんど編集されずに引き継がれていることもわかっている。
    それにも関わらず死海文書には後世に伝わっていない謎の記述も存在しており、これがキリスト教の新たな真実を知る鍵になるのではないかと期待されている。

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

    SF系の記事書くと言っていたけど、こっち先に書くね
    続きは今日中に更新します

    小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。

    363 : 本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 06:36:51.88 ID:9V/7Rjgx0

    そこに、ずんぐりした軽度の知的障がいを抱えた男子が通っていた。

    そいつを仮に浩と呼ぶことにする。

    ひまわり学級は普通、一般学級とは異なるタイムスケジュールで進んでいるため、その学級の生徒を見る事は稀なことだった。

    それ故に一般生徒は、ひまわり学級についてほとんど知らないのが普通だったのだが、この浩の知名度はかなりすば抜けており、一種の学校の名物君になっていた。

    その理由としては、浩は気になる物は全て左右対称じゃないと気が済まないと言う、極めて重度の強迫性障がいを持っていたからだ。

    浩は異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。

    これは現場を最初から見た訳ではないから何とも言えないが、一度、授業中に浩の金切り声を聞いたことがある。

    その後、窓際にいた友人に話を聞いてみると、どうやら浩が中庭の細木の枝を、ひたすら折っていて、それを先生に止められたらしい。

    しかし先生に腕を引っ張られながらも、金切り声をあげながら、何とか残りの枝もへし折ろうと執着してた……とのことだった。

    数日後、中庭の細木が見事一本の棒のようになっていたんだから、どれだけ浩の執念が凄まじいかよく分かると思う。

    とは言っても、全ての物に対して執着する訳ではなく、あくまで己の琴線に触れた物のシンメトリーだけに執着するらしい。

    事実、他の細木には通常どおりだったし、人体模型や建築物などのシンメトリーもガン無視だったらしい。

    ここで場面は変わるが、同じクラスの女子に雅子っていう子がいたんだが、その子が交通事故に合った。

    幸い、命に別条はなかったものの、右足の脛から下あたりまでを失ってしまった。

    一応、数ヵ月後には学校に顔を出す様になったが、リハビリかなんかで、ちょくちょく遅れて登校したり、早退したりも多くなった。

    そんな感じの生活が続いていたある日、事件は起こった。

    雅子がリハビリの為に早退することになり、別の女子に連れ添われながら教室を出て行った。

    それからほんの少し間が空いて突然、廊下の方から女子の悲鳴が聞こえた。

    その時は、自分も当事者だったので良く覚えている。

    俺は廊下側の席に座っていたので、何事だろうと、そっと廊下を覗いてみたところ、浩が雅子を押し倒し、左足を掴んでグイグイと引きずっていたのだ。

    慌ててクラスの男子と一緒に飛び出して、浩を無理やり雅子から引き剥がした。

    先生も飛び出してきて、何とか事態は収拾したのだが、雅子の方は、引きずられながら左足を引っ掻かれたらしく、所々に血が滲んでいた。

    連れ添った女子の方も、顔を殴られたらしく泣いていた。相当怖かったんだろうと思う。

    一方浩の方は、取り押さえられながらも、奇声をあげて、無茶苦茶に暴れまくっていた。

    その時、初めて執着している浩を間近で見たが、目を剥き出しにし、涎を垂らしながら唸る姿は、本当に鬼気迫る様な感じがした。

    それから三人とも先生に連れていかれて、授業は一時中断。

    その後、戻ってきた先生に自習を言い渡され、その日は昼間で授業が開かれることはなかった。

    浩はその後も雅子に執着し続けたらしく、自分の学年の廊下をウロウロ巡回したり、教室を覗いてくるのをたびたび目撃した。

    これは後から聞いた話なのだが、その時にはすでに浩は、学校側から自宅謹慎するように言われていたらしい。

    それでも親の目を盗んでは学校に無断で侵入し、廊下や教室を監視していたらしいのだ。

    そう言う事もあってか、雅子が再び学校に来たのは、浩が転校か何かで来なくなってから暫くしてのことだった。

    それからは何事も無く過ごし、雅子は別の普通学校に進学していった。

    それから月日は流れて成人式。

    小学校の同窓会に出席し、久しぶりに会う友人達との再会を喜んだ。

    それからは集まった友人たちと乾杯し、様々な思い出や、近況について語り合った。

    そんな感じの話をしていて、ふと上記の浩についてのエピソードを思い出した。

    今思えば、笑い話にするには不謹慎すぎる話題だったが、酒が入っていたせいか、再会に浮かれていたせいか、何気なく話題にだしてしまった。

    するとヘラヘラ笑ってた友人達のうち数人がピタリと押し黙り、「お前聞いてないのか?」と神妙そうな顔で訊ねてきた。

    一瞬ふざけてるのかと思ったが、あまりに真面目な感じだったので、一体何のことなのか、詳細を聞いてみた。

    友人曰く、雅子は中学二年くらいの時期に、通り魔に襲われて亡くなったらしいのだ。

    当時、地元の新聞にデカデカと出てたらしく、どうやら雅子は、左足を切り取られ、出血多量で亡くなったらしい。

    左足は路傍に捨てられており、何故か右足の義足の方も、取り外されて捨てられていたらしい。

    人通りの少ない道での犯行で、目撃情報は無く、犯人も未だに捕まっていない。

    ただ、事件発生数か月前、現場付近で奇声をあげながらうろつく、謎の人物が目撃されているとのことだった。

    浩の行方は、未だわからない……

     

    フュアリー・ヘクラ海峡

    カナダのフュアリー・ヘクラ海峡の海底から正体不明のビーコン音が発生しており、それが原因で付近から野生動物の姿が消えてしまったとCBC Newsが報じている。

    ビーコン音が発生している場所は、狩猟や漁業が行なわれている地域だが、ビーコン音を嫌い、野生動物が近寄らなくなってしまったという。

    CBC Newsによると、原因の1つとして、鉱山採掘を行なうBaffinland Iron Minesがソナー調査用の機器を設置したのではとの憶測もあったが、同社は件の場所にはそのような機器を設置しておらず、水中用の機器も所有していないと否定しているという。

    別の憶測としては、捕鯨に反対するグリーンピースがイヌイットによる捕鯨を邪魔する目的で、鯨を驚かすためのソナーを設置したのではとの噂もあるが、確証はなく、グリーンピースも否定しているという。

    この報告を受けたカナダ軍も調査を開始しているほか、この音がカナダ軍の潜水艦によるものではないとしている。

    —世界一到達するのが困難な島「北センチネル島」について—

    北センチネル島の詳細  

    46b8fa88

    インド領アンダマン諸島中の島。
    インド洋東部・ベンガル湾内にあり、アンダマン諸島の南西部、南アンダマン島の西、約30kmに位置する。

    「北センチネル島」とは?

     
    島には先住民でありセンチネル語を話すセンチネル族(Sentinelese)が50ないし400名程度居住していると考えられている。

    彼らは現代文明を有さず、他民族との接触を拒否しており、アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

    先住民たちはいかなる理由であろうと、侵入者を拒み、矢で威嚇して決して寄せ付けない。

    センチネル族はいかなる部外者であろうと、侵入者を矢で威嚇する。多民族や文明との接点を拒み続ける彼らは未だ謎が多く、またアンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

    2004年のスマトラ島沖地震はまだ記憶にあたらしいと思うが、各国から救援のために物資輸送に訪れたヘリコプターに対し、矢を放っているというから驚きだ。

    スマトラ島沖地震では、北センチネル島自身も被害にあっているはずだが、彼らはいかなる救助も拒否し続けているため、被害の実態は明らかにされていない。
    救助ヘリに矢の狙いを付けるセンチネル族

    出典:NAVERまとめ

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    政府も介入できないブラックボックス民族、センチネル族。
    彼らと意思疎通できる日は来るのか…
     

     




    このページのトップヘ