超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のGamotanことニート神です! 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんにとって、有益な情報を提供したいと思い立ち上げました!! オカルトに縁がない方もオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもくださいつ。あとlineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって特になる記事があるとよいです。
    ホームになぜか記事の画像が表示されてしまう現象が発生しています。すいません。

    カテゴリ: オカルト

    通称:サタンの聖域と化した・・・?荒れ果てたトンネル

    場所:不明

    サタンの聖域の詳細

    オハイオ州の森深くにあるという、当初排水の為に使用されていた廃トンネル。
    皆さんは、「サタン」という悪魔を知っていますか?
    サタンとは、ユダヤ教、キリスト教とイスラム教における悪魔で、神の敵対者、イスラム教では人間の敵対者とされています。

    そんなサタンを崇拝している悪魔崇拝者が、この廃トンネルで怪しげなミサをしてサタンの聖域と化している、悪魔崇拝者の聖地となっているなどと地元では噂になっているようです。

    地元ブロガーのリック・フェンダース氏によると「悪魔崇拝主義のグループがやってきては怪しいミサを行うようになった」ということで、どんどんその危険性を増しているようです。

    その証拠として、トンネル周辺に住んでいる住民からは、「一晩中、悲鳴のようなものが聞こえることがある」と。

    この廃トンネルの噂を聞いた映画監督のデビッド・スコット氏が2012年にこのトンネル調査の様子をまとめた動画をYouTubeにアップしているみたい。

    こちらです。


    トンネル内には、聖書に登場する黙示録に反キリスト者の象徴として知られている「666」悪魔の数字が見えます。
    ほかにはヘキサグラム(六芒星)が壁に描かれている様子が見れますね。
    やっぱり、本当にサタン崇拝者がミサでもしているのかな?とても興味が湧きますが、調べてみたところあまり記事が見当たらない・・・。


    兎にも角にも、近隣住民を怯えさせていることは事実。
    悪魔崇拝者は実在するし、いてもおかしくない雰囲気ですね。

    続報があり次第追記または新規投稿します。

    行ってみたいな・・・・

    —太古から立つラクショウの木々—


     カドー湖の詳細

    住所:245 Park Rd 2, Karnack, TX 75661 アメリカ合衆国

    ・カドー湖の歴史
    「米テキサス州とルイジアナ州の州境」にあります。
    19世紀に追放されるまで、そこにはネイティブアメリカン(アメリカの先住民族)が住んでいました。

    ここには、世界最大の樹齢を重ねたラクウショウ(ラクウショウはヒノキ科の針葉樹)の木々が湖上に、その根を水に浸しながら立ち並んでいます。
    その悠然たる光景はあまりにも神秘的で、様々な伝説を生み出してきたといいます。

    伝説の一つは、1812年に発生したニューマドリッド地震(アメリカ合衆国東部の歴史に記録された中でも最大の地震 M7.5程らしい)により、突然この湖ができあがったというもの。
    地質学者らは、あながちこの説は間違いではないとしているそう。
    地震により、盆地のくぼみが徐々にシフトしていき、湖を形成した可能性があるといいます。

    また、カドー湖は1965年より、数百件のビッグフットの目撃情報が相次いでいるそうで
    テキサスビッグフット研究センター(TBRC)では2006年に、カドー湖でビッグフットの大規模調査を行っているそうです(現在も調査されているかは不明・・・)
    もしも、ラクウショウの木々の中にビッグフットが潜んでいるとなると、興奮しますね。

    以下写真↓
     

    Caddo12_s-300x200

    Caddo11_s-300x200

    Caddo02_s-300x200

    Caddo01_s-300x200

    通称:サタンの聖域と化した・・・荒れ果てたトンネル

    場所:不明

    サタンの聖域の詳細

    オハイオ州の森深くにあるという、当初排水の為に使用されていた廃トンネル。
    皆さんは、「サタン」という悪魔を知っていますか?
    サタンとは、ユダヤ教、キリスト教とイスラム教における悪魔で、神の敵対者、イスラム教では人間の敵対者とされています。

    そんなサタンを崇拝している悪魔崇拝者が、この廃トンネルで怪しげなミサをしてサタンの聖域と化している、悪魔崇拝者の聖地となっているなどと地元では噂になっているようです。

    地元ブロガーのリック・フェンダース氏によると「悪魔崇拝主義のグループがやってきては怪しいミサを行うようになった」ということで、どんどんその危険性を増しているようです。

    その証拠として、トンネル周辺に住んでいる住民からは、「一晩中、悲鳴のようなものが聞こえることがある」と。

    この廃トンネルの噂を聞いた映画監督のデビッド・スコット氏が2012年にこのトンネル調査の様子をまとめた動画をYouTubeにアップしているみたい。

    こちらです。


    トンネル内には、聖書に登場する黙示録に反キリスト者の象徴として知られている「666」悪魔の数字が見えます。
    ほかにはヘキサグラム(六芒星)が壁に描かれている様子が見れますね。
    やっぱり、本当にサタン崇拝者がミサでもしているのかな?とても興味が湧きますが、調べてみたところあまり記事が見当たらない・・・。


    兎にも角にも、近隣住民を怯えさせていることは事実。
    続報があり次第追記または新規投稿します。

    行ってみたいな・・・・

    このページのトップヘ