超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    カテゴリ: オカルト

    —誰も乗っていないはずの後部座席に少年の霊?(アメリカ)—

    フロリダ州メイトランドの通りで撮影された写真

    0_e6

    日本でもタレントのりゅうちぇるツイッターに投稿した画像に女性の顔のようなものが写り込んでいるとして話題となっていたが、これはアメリカ、フロリダ州での出来事だ。

    メリッサ・クルツ(48歳)さんは娘のハーパー(13歳)ちゃんを助手席に乗せ、美人コンテストの会場に車で向かっていたのだが、長い道中、ハーパーちゃんは退屈しのぎに車内で自撮りしていた。

    しかし、しばらくしてから写真を見てみると奇妙なものが写っていることに気がついた。車の後部座席には、いるはずのない幼い少年が写っているのだ。



    写真は今年7月、フロリダ州メイトランドの通りで撮られたものだ。その通りではちょうど1年前に交通事故で幼い子供が亡くなっていたという。


    10_e2

    写真を撮った場所で1年前に交通事故、少年が亡くなっていた

    「写真を撮影した場所ではちょうど1年前に交通事故が起きていました。調べてみたところ、救急ヘリで搬送された人がいたことが分かったんです。ですがそれ以上のことは聞き出せませんでした。犠牲となったのはおそらく子供だったのでしょうね。だから皆口をつぐんでしまうんでしょう」とクルツさん。

    「男の子に気がついたのは一ヶ月後のことでした。使いたい写真を撮りだそうとスマホのアルバムを調べていたところ、その写真を見てびっくりしました。心臓が止まるかと思った。すぐに友達のところに飛んで行って、一緒にいてちょうだいって頼みました」

    「世間にも公表すべきだと思いました。だって車の中には私たち2人以外誰もいなかったんですから。あの世があればと願う人は大勢いますけど、これがそれを証明してくれます……少なくとも私にはね。この事実に安心する人もいるんじゃないかしら」


    0_e6

    専門家の鑑定は「本物の心霊写真」

    彼女は複数の超常現象の専門家に鑑定を依頼している。その1人、超心理学者のグレッグ・ポチャは、FBIやCIAでも使用される装置を利用して、写真の男の子に”体温”があることを確認。本物の心霊写真の可能性があると説明している。

    彼によれば、霊魂は交通事故などで文字通り引き裂かれ、体から投げ出されてしまうと地縛霊として残ることがあるらしい。そうした場合、自分が死んだことに気がつくことができず、永遠に事故現場を彷徨うこともあるそうだ。


    少年の霊はシートベルトを締めるように警告しに来た

    これまで少年はピースサインをしていると思われていたが、彼の見解では、実はシートベルトを指差しているとのことだ。そのためどうやらシートベルトを締めるよう警告しているのではないかと考えられるという。それは男の子自身が命を落とした原因であるのかもしれない。

    撮影時、ハーパーちゃんはシートベルトをしておらず、それを見て自分と同じ目に遭わせるわけにはいかないと考えたのだろうか。


    7_e5
    クルツさん(右)と娘のハーパー(左)

    超常現象に遭遇しがちなハーパーちゃん

    実はハーパーちゃんのまわりでは、こうした超常現象がよく起こるという。写真の中にオーブらしき光が写り込むことも珍しくないのだという。クルツさんはハーパーちゃんにまつわる不思議なエピソードを話してくれた。

    「あの子が幼い頃に窓際で絵を描いていたんです。近寄って見てみると、それは天使ラファエルが悪魔のアスモデウスを地獄に落とす様子を表したものでした。ハーパーはそのときのエネルギーを感じ取ったんでしょうね。あの子、そういう力があって精霊が寄ってくるんですよ」

    ハーパーちゃんが力を集め超常現象を呼び寄せたとされるピンクの輪が写り込む写真

    8_e5


    クルツさんがハーパーちゃんを身ごもったのは、2003年に兄とその婚約者が交通事故で亡くなったときのことなのだそうだ。ハーパーちゃんの名前は亡くなった婚約者にちなんだものだったという。なお、当のハーパーちゃんは写真を見て、「あら、幽霊ね。それで?」と特に気にする様子もなかったそうだ。

    魔道書、ネクロノミコンを持ち微笑むハーパーちゃん

    11_e2
    via:'He came to warn us to wear seatbelts': Mother thinks ghostly boy sitting in the back of her car was a guardian angel/ translated hiroching / edited by parumo 

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    ピンクの輪っかの画像は「ハレーション現象」っぽいけど
    クトゥルフ好きか~、いい趣味を持っている・・・。




     


    怪談で『見たら死ぬ』なんてありふれた話だけど、
    この話は現実。
    5289997860_7af0b3ba17

    象の足って言うものなんだけど、
    これはコンクリートや鉄やらが溶けて
    溶岩状になって固まった物なんだけど、
    写真で見ただけでそのヤバさがわかる。

    まず、写真にノイズが入りまくり。

    しかも、本当は見たら死ぬじゃ無くて、
    近づいたら死ぬ。

    だから、
    それを見て死んだ人の亡骸もそのまんま、
    そこに放置されてる。

    助けたくても、
    近づくと死んじゃうからね

    あと、機械でも近づけないんだよ。

    壊れちゃうから

    感光式のカメラで象の足を撮影した人がいるんだけど、
    ただ白い写真ができただけで、失敗。

    その人はその後24時間以内に亡くなったそうだ。

    現在でもその呪われたようなモノは残ってる。

    多分、人類が滅ぶまでずっと君臨するだろうよ

    どこに行けば象の足が見れるかって?

    ……チェルノブイリさ!!


    8 本当にあった怖い名無し 2007/12/17(月) 23:21:05 ID:zLhvggXd0
    3年ほど前、PC関係仕事で、小さな旅行会社に派遣で行った。 

    経理担当と業務担当の女性2人と営業男性一人、 
    女性社長だけという本当に小さな会社だった。 

    私の仕事はシステム組んだり、サーバー立てたりと 
    旅行業務には関係の無い仕事だった。 

    経理の女性は仕事をしていたけれど、 
    業務担当の女性はおそろしく性格の悪い巨デブで 
    朝から業務終了まで菓子を食べてるか、 
    女性社長と噂話などしているだけで仕事をしている様子が無かった。 

    営業男性は何をしているのか良くわからなかった。 
    何より不気味だったのは、旅行会社なのに、旅行のお客が来ないこと。 

    1カ月だけの仕事だったが、問い合わせの電話が週に1~2件あるだけで、 
    お客さんが入ったことが一度も無かったこと。 

    サーバー管理をしていたので、外国と旅行関係のメールやり取りはあった。 
    女性社長も何をしているのか良く分からず、 
    メールシステムがあるのに、外国とは郵便かFAXで取引をしていた。 

    実害は無かったけれど、陰気で会社という雰囲気が全く無く 
    気味悪いまま1カ月が過ぎ、さっさと次の会社へ行った。 

    9 本当にあった怖い名無し 2007/12/17(月) 23:21:46 ID:zLhvggXd0
    それから半年ほど過ぎて 
    偶然、その会社のホームページを見つけた。 

    あの会社とは思えない明るい雰囲気で活気のあるHPで 
    いろいろ観覧して行くうちに、何かが違うことに気付いた。 

    社員たちの写真があったが、あの時の社員と全く違い人数も多かった。 
    社長も男性で何もかもが違う。 

    その会社は東京だったが、HPの会社は関西だった。 
    けれども、会社の名前、ロゴから取り扱っている業務まで 
    全てが同じだった。 

    お客を装い、関西の会社に東京に支社があるのなら、 
    そちらに問い合わせたいみたいなメールを出したら 
    「私どもは、20年以上関西のこの店舗だけで営業しております。 
    お客様の勘違いではないでしょうか?」 
    という答えが来た。 

    気味悪くなり、東京の店舗があったところへ行ってみると、 
    その旅行会社は入っていたビルごと無くなって更地になっていた。 
    1カ月通ったあの旅行会社は何だったんだろう。 

     

    家は両親が霊感があって子供の僕には霊感がない。 
    window-1685938_960_720
    そんな家庭でした。

    僕が中学の時、
    修学旅行から帰ってきた僕に母が唐突に

    「あんたの部屋、なんかいるけど。」

    と言ってきました。

    何でも、僕の留守中に
    男の霊が部屋に入ってきたそうで、
    ドアやまどの開閉音を家族全員聞いたそうです。

    普段なら、怯えあがって、
    部屋にも入れなくなるところですが、
    その時は修学旅行の帰りということで
    気分的にハイになっていて、

    「これから、よろしくお願いします。」

    なんて、霊にあいさつしてしまいました。

    そしてその日から、母の言ったとおり、
    僕の部屋は怪奇ワールドと化しました。

    何かの気配を感じるなんてあたりまえで、
    窓を叩かれる(内側から)、
    部屋にいないのに足音が聞こえる、
    COラジカセ(死語)の電源が勝手に付く
    等の霊現象が起こりました。

    僕は怖くて、怖くて母に相談しました。

    母は

    「あんたね、霊に話しかけたでしょ。
    ああいうのは相手にしたらなかなか離れないよ」

    と言いました。

    僕、唖然

    その夜はただ震えながら、
    何も見えない天井にひたすら謝りました。

    その時は、馬鹿で気づかなかったんですけど、
    謝るってことも相手にするってことですよね。

    逆効果でした。

    あれから早一年、
    見えない同居人は、
    いまだに自分をアピールし続けています。

    もうさほど怖くはないのですが、
    見えたり、聞こえたりするのは勘弁してくれと
    声には出さず、心の中で願っております。

    —人魚の死体が漂着?・・・イギリスの海岸—
    人魚?の詳細 イギリスの海岸に、人魚の死体が漂着したらしい。 発見者のポール・ジョーンズ氏はそう発言している。 現場はノーフォーク州グレート・ヤーマス。 人魚は、強風の中、波打ち際に打ち上げられていた。発見者の模型職人(どのような模型かは分からないがこの人が作ったという線は・・・?) ポール・ジョーンズ氏によってネット動画が投稿され、多くの人にシェアされている。 人魚は肺から腹部にかけての損傷が激しいが、頭部や尾びれなどは比較的良い状態に保たれている。 mermaid01
    mermaid02
    また人魚ではなくアザラシの死体なのではないかという説も出ている。

    通称:サタンの聖域と化した・・・?荒れ果てたトンネル

    場所:不明

    サタンの聖域の詳細

    オハイオ州の森深くにあるという、当初排水の為に使用されていた廃トンネル。
    皆さんは、「サタン」という悪魔を知っていますか?
    サタンとは、ユダヤ教、キリスト教とイスラム教における悪魔で、神の敵対者、イスラム教では人間の敵対者とされています。

    そんなサタンを崇拝している悪魔崇拝者が、この廃トンネルで怪しげなミサをしてサタンの聖域と化している、悪魔崇拝者の聖地となっているなどと地元では噂になっているようです。

    地元ブロガーのリック・フェンダース氏によると「悪魔崇拝主義のグループがやってきては怪しいミサを行うようになった」ということで、どんどんその危険性を増しているようです。

    その証拠として、トンネル周辺に住んでいる住民からは、「一晩中、悲鳴のようなものが聞こえることがある」と。

    この廃トンネルの噂を聞いた映画監督のデビッド・スコット氏が2012年にこのトンネル調査の様子をまとめた動画をYouTubeにアップしているみたい。

    こちらです。


    トンネル内には、聖書に登場する黙示録に反キリスト者の象徴として知られている「666」悪魔の数字が見えます。
    ほかにはヘキサグラム(六芒星)が壁に描かれている様子が見れますね。
    やっぱり、本当にサタン崇拝者がミサでもしているのかな?とても興味が湧きますが、調べてみたところあまり記事が見当たらない・・・。


    兎にも角にも、近隣住民を怯えさせていることは事実。
    悪魔崇拝者は実在するし、いてもおかしくない雰囲気ですね。

    続報があり次第追記または新規投稿します。

    行ってみたいな・・・・

    このページのトップヘ