超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のGamotanことニート神です! 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんにとって、有益な情報を提供したいと思い立ち上げました!! オカルトに縁がない方もオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもくださいつ。あとlineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって特になる記事があるとよいです。
    最近、風邪にはお気を付けください。

    カテゴリ: オカルト

    「マックス・ヘッドルーム事件」とは 

    2d2bfcdf

    マックス・ヘッドルーム事件」とは、1987年11月22日にアメリカ合衆国のイリノイ州にある都市シカゴの周辺地域にて発生した、テレビ放送における電波ジャック事件のことである。

    この事件では、約二時間もの短い時間の間に二社の放送局が立て続けに電波ジャックの被害に遭っており、当初予定されていたテレビ番組の映像をさえぎって、犯人による不可解な映像が流される事態となった。その映像の内容とは、イギリスの音楽番組に登場するCGキャラクター「マックス・ヘッドルーム」を模したマスクをかぶり、サングラスをかけた犯人と思われる人物が、意味不明な発言や動作を繰り返すというものだった。この事件の犯人は未だに捕まっておらず、現在では謎の多い未解決事件の一つとして数えられている。

    (先に一番下にある関連動画を先に見るといいかも。)

    一回目の電波ジャック

    1987年11月22日の午後9時16分、アメリカ合衆国のイリノイ州にある都市シカゴを中心として、テレビ番組の放送を行っている放送局「WGN-TV」では、ゴールデンタイムのニュース番組「The Nine O'Clock News」が生放送されていた。

    この時、番組はスポーツコーナーに差し掛かっており、スポーツ解説者のダン・ローンが、都市シカゴを本拠地としているNFLチーム「シカゴ・ベアーズ」に関するニュースを伝えていた。
    その時、突然と映像が真っ暗な状態となり、それが約15秒間ほど続いた。次に画面が切り替わると、そこには波打つ金属板のような映像を背景に「マックス・ヘッドルーム」を模したマスクをかぶり、サングラスをかけた人物が映し出されていた。


    この「マックス・ヘッドルーム」とは、1984年頃にイギリス国内にて放送されていた音楽番組の中において、バーチャル司会者として登場していたCGキャラクターのことである。
    また背景の映像については、マスクと同じくマックス・ヘッドルームが登場するテレビ番組や映画シリーズなどに使用されていたエフェクトを模して作られたものと見られており、音声は機械音のようなものが聞こえるだけだった。この映像内にて、マックス・ヘッドルームのマスクをかぶった人物は、リズミカルに身体を揺さぶるような動作を続けていた。


    この電波ジャックについては、放送局のスタッフが放送電波の周波数を都市シカゴにある超高層ビル「ジョン・ハンコック・センター」の送信機へと切り替えることで対処を行った。
    そして、番組の映像がもとに戻ると、スタジオにいたダン・ローンは唖然としたまま苦笑いを浮かべ、「一体、何が起こったのでしょうか?それは私にもわかりません」と呟いた。

    二回目の電波ジャック

    c130bcdb

    一回目の電波ジャックから約二時間後である、同日の午後11時15分、WGN-TVと同じく、アメリカ合衆国のイリノイ州にある都市シカゴを中心として、テレビ番組の放送を行っている放送局「WTTW」では、イギリスの人気SFドラマ「ドクター・フー」が放送されていた。

    その時、突然と画面が切り替わり、一回目の電波ジャックと同じく、マックス・ヘッドルームのマスクをかぶった人物が映し出された。
    しかし、一回目の電波ジャックとは異なり、その音声には犯人のものと思われる人間の声が編集された状態で収められていた。


    このマックス・ヘッドルームのマスクをかぶった人物は、WGN-TVの有力者であるスポーツ解説者のチャック・スワースキーを名指しして、「俺はアイツよりも優れているぜ」、「このイカれた左翼野郎め!」などと言い放ち、急に唸ったり叫んだりした後、不気味に笑い始めた。

    その後、この人物は意味不明な発言や動作を繰り返し、最終的にはマックス・ヘッドルームのマスクを外して、画面に顔が映らないような状態で自らの尻を晒し、「アイツらは俺をパクりに来るぜ」と叫んだ。そして、もう一人のメイド服姿の人物が突然現れ、そのマスクを外した人物に対して「身をかがめるのよ。このビッチが!」と言い放ち、蠅叩きを使って尻を叩き始めた。
    そして、しばらく経った後、画面は数秒間ほど真っ暗な状態になり、もとのドクター・フーの映像に戻った。


    この二回目の電波ジャックについては、当時、放送局内に放送電波の周波数を切り替えることができるスタッフが不在だったため、電波ジャックに対して何の対処も行うことができず、結果的には映像の割り込みは1分22秒もの長い時間にわたって続くこととなった。
    この電波ジャックの被害に遭ったWGN-TVWTTWの二社の放送局には、偶然テレビ番組を見ていた視聴者から問い合わせの電話が殺到したという。

    この事件の捜査の行方

    f43321cb

    この一連の電波ジャック事件の発生後、アメリカ国内にて放送通信事業の管理を行っている連邦通信委員会(FCC)連邦捜査局(FBI)は、直ちに犯人の捜査を開始した
    その結果、この電波ジャックの手口としては、二つの放送局から各送信所へ「STL」と呼ばれる回線を使用して番組の映像が送信されているところに、外部からSTLで使用されている周波数を圧倒するような高出力の周波数を持つ信号を浴びせることによって、各送信所の電波を混乱させ、自らが製作した映像を送信させることに成功していたということが判明した。


    しかし、その犯人については、テレビ放送や無線通信などに関する専門的な知識と高度な技術を持つ者であることが断定されたものの、犯人を特定できるような具体的な証拠の発見には至らなかった。
    この事件の捜査報告書を作成したFBI捜査官のマイケル・マルコスは、「この電波ジャック事件では、大きな損害を受けた者がおらず、危険性の高い事件だとは判断されなかったため、その犯人を特定するには捜査官が不足していた」と述べている。


    この事件は未だに犯人が捕まっておらず、「世界でもっとも大きな電波ジャック事件」の一つとして数えられている。

    関連動画

    この動画は、一回目の電波ジャック時の映像である。幼い子供が見ると、トラウマになってしまいそうな不気味な映像となっている。


    この動画は、二回目の電波ジャック時の映像である。犯人の声が編集されており、また音質がよくないため、未だに何を言っているのかはっきりと判明していない部分が多いものとなっている。 



    管理人:ニート神
    からのひとこと 

    紹介しようと思っていたんだけど、偶然電波ハイジャック事件についての記事を見つけ思い出したので記事に取り上げてみたよ。
    日本や各国でもこのような電波ジャックはあったりするんだよね。
    気になる人はYouTubeで検索するといろいろと似たような事例の動画が出てきます。

    記事更新ゆるくてごめんねw



    “来訪者”は宇宙人ではなかった!

    「重要メモ」には“空飛ぶ円盤”の9つの特徴が記されている。下記の通り。
     

    fbiufodocument3.JPG
    ufo1.pdfの「重要メモ」 「FBI」より

    1. 搭乗員がいる円盤もあれば、リモートコントロールされている無人機の円盤もある。

    2. “彼ら”のミッションは平和的なものであり、地球のどこかに腰を落ち着けて定住したいと考えている。

    3. 彼ら“来訪者”は人間に似た姿をしているが、サイズが大きい巨人である。

    4. 彼らは地球人の親戚ではなく、彼ら独自の別世界を起源とするエイリアンである。

    5. 彼らの“出身地”は我々が知っている惑星のどれでもない。我々には知覚できないが、すでに地球を浸しているエーテル体の母星から来ている。

    6. 我々の世界の振動率と濃密物質の環境に入り込むことで、彼らも円盤も自動的に物質化する。

    7. 円盤はある種の放射エネルギー砲光線銃を装備しており、攻撃してくるどんな宇宙船でもいとも簡単に殲滅する。彼らはもちろん意のままにエーテル世界に戻ることができ、我々の追跡を逃れ視界から姿を消す。

    8. 彼らの起源は宇宙空間にあるのではなく“Lokas”や“Talas”と呼ばれる世界に該当する。

    9. おそらくラジオ無線では彼らと通信できないが、もし有効な信号システムが開発できればレーダーを使って交信できるかもしれない。
     

    管理人:ニート神
    からの長文

    ここで指摘されている“空飛ぶ円盤”とその“搭乗員”は、意外なことに宇宙人ではないということ。
    “エーテル世界”という別の次元から来ていて、僕たちの想像をはるかに越えた存在であり、攻撃したり排除したりするのはもってのほかということになる。
    執筆者の意図としては、この後にこの“ガイドライン”を一般の人々にも知らせて、来るべき“未知との遭遇”に備えさせようと考えていたんだけど、望みに反してその後公開されることはなかった。
    だけど、機密指定解除というかたちで現在、こうして一般の人の目にも触れられるようになったのは
    皮肉というべきなのかな。
    このufo1.pdfをはじめとする公開されたUFO機密文書の研究にも引き続き注目していきたいね。


    P.S.
    僕はこの世界でちゃんと生きています 
    バサラ―の皆さんには、たくさん待たせてごめんね

     
     

     

    機密指定が解除された1947年の「重要メモ」とは 

    FBI(米連邦捜査局)が、自らのウェブサイトで公開している機密指定解除文書が話題らしい。
    かつて地球上にやってきたUFOとその乗組員のエイリアンは、遠い星からやって来たのではなく、別次元から来たという。

    CIAペンタゴン(米国防総省)の機密文書となれば、いったい何が書かれているのか夢が膨らむ。
    が、FBIの機密文書というのはイメージ的になんだか大人の汚い世界突きつけられそうな感じがして、あまり見たい気持ちにはならないかもしれない。

    しかし昨今、FBIが同ウェブサイトで公開している機密指定が解除された文書の中には、思わず胸を躍らせるようなロマンに溢れるものがある。

    その最たるものは1947年7月8日に報告された「重要メモ」――。


    FBIのウェブサイトによれば、1947年はアメリカ全土で数多くの“空飛ぶ円盤”が目撃された。
    当時設立されたばかりの米空軍では、その最初の仕事としてこれらの“空飛ぶ円盤”を極秘に調査する部署が設けられ、その報告書がFBIにも届けられていた。

    1947年から1954年までのそれらの“空飛ぶ円盤”に関する報告書は数年前に機密指定を解かれ、FBIのウェブサイトで公開されることになった。現在はPDFファイルとしてダウンロードすることも可能になっていて、UFO研究家の間では通称「ufo1.pdf」と呼ばれている。
    ではこの69ページにも及ぶufo1.pdfではどんな報告がなされていたのか。

    dimensional-beings

    “空飛ぶ円盤”についての正確な情報とガイドライン

    fbiufodocument2

    文書の中でも特に目を引くのが22ページ目の「重要メモ」
    1947年7月8日の日付が記されたその報告書は、いくつもの学位を持った元学部長という匿名の人物によって執筆され、著名な科学者や航空・軍事分野の重要人物、政府官僚、少数のメディアに向けて報告されたものらしい。あくまでも一方通行の報告で、特に意見などを求めるものじゃない。

    報告書の内容は、収集した情報などから“空飛ぶ円盤”の特徴を浮き彫りにしたもの。
    科学的には否定されて当然の事柄ではあるが、執筆者にとってこの報告は公共的な責務を果たすものであったということらしい。

    当時は“空飛ぶ円盤”についての懸念が深刻になっており、近いうちに円盤に攻撃されて地球が滅びてしまうのではないかという噂もはびこっていたという。
    これがさらに国際的な疑惑を深め、民衆をパニックに追い込む事態も想定できることから、“空飛ぶ円盤”についての正確な情報とガイドラインを策定することが求められているとしてこの報告書が作られた。

    ではいったいどんな“ガイドライン”が記されていたのか。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    後編はこちらからどうぞ!
    http://kirikiribasara.blog.jp/archives/14257508.html



     

    小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。

    363 : 本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 06:36:51.88 ID:9V/7Rjgx0

    そこに、ずんぐりした軽度の知的障がいを抱えた男子が通っていた。

    そいつを仮に浩と呼ぶことにする。

    ひまわり学級は普通、一般学級とは異なるタイムスケジュールで進んでいるため、その学級の生徒を見る事は稀なことだった。

    それ故に一般生徒は、ひまわり学級についてほとんど知らないのが普通だったのだが、この浩の知名度はかなりすば抜けており、一種の学校の名物君になっていた。

    その理由としては、浩は気になる物は全て左右対称じゃないと気が済まないと言う、極めて重度の強迫性障がいを持っていたからだ。

    浩は異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。

    これは現場を最初から見た訳ではないから何とも言えないが、一度、授業中に浩の金切り声を聞いたことがある。

    その後、窓際にいた友人に話を聞いてみると、どうやら浩が中庭の細木の枝を、ひたすら折っていて、それを先生に止められたらしい。

    しかし先生に腕を引っ張られながらも、金切り声をあげながら、何とか残りの枝もへし折ろうと執着してた……とのことだった。

    数日後、中庭の細木が見事一本の棒のようになっていたんだから、どれだけ浩の執念が凄まじいかよく分かると思う。

    とは言っても、全ての物に対して執着する訳ではなく、あくまで己の琴線に触れた物のシンメトリーだけに執着するらしい。

    事実、他の細木には通常どおりだったし、人体模型や建築物などのシンメトリーもガン無視だったらしい。

    ここで場面は変わるが、同じクラスの女子に雅子っていう子がいたんだが、その子が交通事故に合った。

    幸い、命に別条はなかったものの、右足の脛から下あたりまでを失ってしまった。

    一応、数ヵ月後には学校に顔を出す様になったが、リハビリかなんかで、ちょくちょく遅れて登校したり、早退したりも多くなった。

    そんな感じの生活が続いていたある日、事件は起こった。

    雅子がリハビリの為に早退することになり、別の女子に連れ添われながら教室を出て行った。

    それからほんの少し間が空いて突然、廊下の方から女子の悲鳴が聞こえた。

    その時は、自分も当事者だったので良く覚えている。

    俺は廊下側の席に座っていたので、何事だろうと、そっと廊下を覗いてみたところ、浩が雅子を押し倒し、左足を掴んでグイグイと引きずっていたのだ。

    慌ててクラスの男子と一緒に飛び出して、浩を無理やり雅子から引き剥がした。

    先生も飛び出してきて、何とか事態は収拾したのだが、雅子の方は、引きずられながら左足を引っ掻かれたらしく、所々に血が滲んでいた。

    連れ添った女子の方も、顔を殴られたらしく泣いていた。相当怖かったんだろうと思う。

    一方浩の方は、取り押さえられながらも、奇声をあげて、無茶苦茶に暴れまくっていた。

    その時、初めて執着している浩を間近で見たが、目を剥き出しにし、涎を垂らしながら唸る姿は、本当に鬼気迫る様な感じがした。

    それから三人とも先生に連れていかれて、授業は一時中断。

    その後、戻ってきた先生に自習を言い渡され、その日は昼間で授業が開かれることはなかった。

    浩はその後も雅子に執着し続けたらしく、自分の学年の廊下をウロウロ巡回したり、教室を覗いてくるのをたびたび目撃した。

    これは後から聞いた話なのだが、その時にはすでに浩は、学校側から自宅謹慎するように言われていたらしい。

    それでも親の目を盗んでは学校に無断で侵入し、廊下や教室を監視していたらしいのだ。

    そう言う事もあってか、雅子が再び学校に来たのは、浩が転校か何かで来なくなってから暫くしてのことだった。

    それからは何事も無く過ごし、雅子は別の普通学校に進学していった。

    それから月日は流れて成人式。

    小学校の同窓会に出席し、久しぶりに会う友人達との再会を喜んだ。

    それからは集まった友人たちと乾杯し、様々な思い出や、近況について語り合った。

    そんな感じの話をしていて、ふと上記の浩についてのエピソードを思い出した。

    今思えば、笑い話にするには不謹慎すぎる話題だったが、酒が入っていたせいか、再会に浮かれていたせいか、何気なく話題にだしてしまった。

    するとヘラヘラ笑ってた友人達のうち数人がピタリと押し黙り、「お前聞いてないのか?」と神妙そうな顔で訊ねてきた。

    一瞬ふざけてるのかと思ったが、あまりに真面目な感じだったので、一体何のことなのか、詳細を聞いてみた。

    友人曰く、雅子は中学二年くらいの時期に、通り魔に襲われて亡くなったらしいのだ。

    当時、地元の新聞にデカデカと出てたらしく、どうやら雅子は、左足を切り取られ、出血多量で亡くなったらしい。

    左足は路傍に捨てられており、何故か右足の義足の方も、取り外されて捨てられていたらしい。

    人通りの少ない道での犯行で、目撃情報は無く、犯人も未だに捕まっていない。

    ただ、事件発生数か月前、現場付近で奇声をあげながらうろつく、謎の人物が目撃されているとのことだった。

    浩の行方は、未だわからない……

     

    黒目の少女とは

    イギリスでのお話

    ある女性が、娘と一緒にバーチェス谷を歩いているとき、

    悲鳴のような声がしました。

    女性はビックリして声のした方へ駆け寄りました。

    そこには10歳いかないほどの少女が立っていました。

    少女は自分の目を両手で隠していました。

    『いまの悲鳴はあなた?大丈夫?』

    女性が声をかけると少女は両手を下げました。 

     

    black-eyed-child-cannock-chase

    『私が見たとき少女の眼は真っ黒だった。白目もなかったんです。』

    『私は自分の娘を抱きかかえて逃げました。振り返ると、そこにいた少女はいなかったんです』

    超常現象研究家のリー・ブリックレイ氏は

    女性が見たものは1980年代初めに何度か目撃されて話題になった

    『黒い目の少女』だったのではないかと話す。

    1980年初頭「黒い目の少女」ー情報ー 

    ewrtyufdrezfs

    1982年の夏、カノックチェースで当時16歳だった少女が

    黒い目の少女を目撃していました。

    小さな女の子が助けを求めるような叫び声がし、

    6歳くらいの女の子が走り去っていくのが見えたそうです。

    少女が女の子に追いつくと、女の子は振り返りました。

    やはり黒目だけで、白目は全くなかったそうです。

    女の子はそのまま黒い森へ駈け込んでいきました。

     
     ca540bf931fd936b

    これに似たような黒い目の少女を見たという人は、

    世界中にいるといいます。


    Lee-Brickley

    リー・ブリックレイ氏

    全文はこちら(英語):http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/chilling-sightings-black-eyed-child-4341525 




    ※下記レスポンシブ非対応すいません。 

    管理人:ニート神
    の感想

    暗い路地裏とか、暗い森で出逢ったら
    ちびりそう。

     

    コトリバコ ー情報ー

    maxresdefault

    管理人こと「Gamotan」が調べ得た情報を紹介します。

    コトリバコ(子取り箱)とは、呪具の類。


    元々コトリバコは、とある集落で過酷な迫害に抵抗する為に外部から持ち込まれた呪術を基に製作された呪いの小箱、即ちオートメーションで対象の家系を根絶やしにするシステムとして2chにて紹介されています。

    概要

    概要として水子の死体の一部などを細工箱のような小箱の中に入れて封をし、パズルや置物などともっともらしい嘘をついて殺したい人物の身近に置かせる。 


    但し、この呪いは呪詛の中でもかなり強力なものでありその呪いは製作者本人でさえも制御できず、下手をすれば自分たちさえ殺しかねないような危険な代物でした。
    (何年か経過したのちに村の子供がコトリバコの一つを知らずに持ち帰ってしまい、その日のうちに家の女子供が死に絶えている)


    時間が経過しても呪いは衰えず、更に呪いの性質上解体が出来ない、つまり一度リリースされた呪いはキャンセルが効かない為、神社や寺などで長い永い年月をかけて少しずつ清めることでしか呪いを薄めることはできなかったようですね。


    その製作法ゆえか女・子供を苦しんだ上で殺すという、まさに子孫を奪う「「“子獲り箱”」」

    なお、何人の水子の死体を使用するかによって呪いの強さが大きく変化し、一人から順に「イッポウ」「ニホウ」「サンポウ」「シホウ」「ゴホウ」「ロッポウ」「チッポウ(シッポウ)」「ハッカイ」という順番で強力になっていき、名前も変わっていく。 


    特に「ハッカイ」は非常に危険な代物であり、呪詛を伝えた人物が二度と作ってはならないと念を押した上で、対価として貰い受けている。 


    コトリバコは明治初期の隠岐騒動によって逃げてきたある人物が、その逃げた先の部落との契約のもとに作成されたとされています。


    要するに最悪の呪物の作り方を教える代わりに最初の一つをその人物によこせ!といった内容らしい。そして最初の呪物には8人の子供を犠牲にしなくてはいけなかった。

    その部落の場所は今でいう島根県あたりとされています。

    その村人達は庄屋を中心とした人々から悲惨な差別や迫害を受けていた、その差別のおかげで貧しいので間引きも頻繁に行われていた。
    迫害のため満足に仕事もできなかった。差別をする人達への恨みが募り続けていた。それを具現化する呪物の制作方法を手に入れた、それがコトリバコ・・・・。

    本当に存在するの? 

    コトリバコは、2chから発生したという見方が強いものの、日本の伝統技術の大半は中国由来の物や人を通して伝えられるケースが多く、それが後に独自の進化を遂げるパターンが多い。
    コトリバコの製造技術も例外ではなく、まさに中国由来の技術であるのは確かだとも言われています。

    コトリバコまたは類似する箱の製法もまた日本全国に広まっていますね、例えば『呪い箱』『畜生箱』『たたり箱』など。


    この辺の事も視野に入れ考えると、そもそもネットで騒がれるものの中には
    ネットて生み出されたものの中に紛れて、元々そのアーキタイプとなる逸話は既に実在していた
    つまりベースとなる実話が先ずありきでそこからネット媒体に話が拡散したものもあるかもしれませんね

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    コトリバコのベースとなったものに実際に呪術効果があったか否かは別として、当時の圧政に苦しむ者達の中から考え出された苦痛緩和の為のプロパガンダなのかもしれません。

    最後に個人的な話ですが、よくコメントに書いてくれる

    「オカルティック・ナイン」って何のこと?
    なんか、ブログのタイトルにしてもかっこよさそう!

    追記:アニメのことなのね。
    見てないけど・・・



     
     

    このページのトップヘ