超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のGamotanことニート神です! 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんにとって、有益な情報を提供したいと思い立ち上げました!! オカルトに縁がない方もオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもくださいつ。あとlineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって特になる記事があるとよいです。
    ホームになぜか記事の画像が表示されてしまう現象が発生しています。すいません。

    カテゴリ: オカルト

    日本で最も有名な妖怪「鬼」。
    日本文化の一部ともいえるこの鬼は本当に実在していたのだろうか?

    今回は日本各地に残る鬼の伝説とその正体についてご紹介していこうと思います。

    鬼とは

    鬼とは日本各地に古くから伝説が残る日本で最も有名な妖怪。
    有名な桃太郎をはじめとして多くの昔話に敵役として登場しており、現代でも節分の日には鬼の面を被る習慣が残っている。

    鬼とは鬼は敵役のイメージが強いことから、怖ろしい様や凄まじい様を表す言葉としても使われている。妖怪という存在がメジャーでなくなった現在の日本においてこれだけの影響を残していることからも、鬼という存在が日本人にとって特別であることがわかる。

    鬼の姿

    古くから語られる昔話に登場する鬼は、頭に角を生やした大男のような姿で描かれている。口には牙が生え、爪も鋭く伸びているその姿は人間とは似て非なるもの。赤色の肌をしているものが多いとされているが、黒や青色の鬼も存在しており、腰には虎の毛皮を巻いているといわれている。

    鬼の姿実は、伝承に残る鬼は必ずしもこのような姿をしているとは限らない。
    格の高い鬼は人に化けることもできたとされており、美男美女の姿で人間に近づくこともあったといわれている。また、鬼という存在は「怪異全般」を指す言葉でもあったため伝承される鬼の姿は常に一定ではなく、中には姿が見えないものまで存在した。
      

    鬼の名前の由来

    鬼という名前には「おぬ(いない、かくれる)」という意味があるのを読者のみんなはご存知だろうか?
    これは鬼という存在が人間とは住む世界の違う「見えない者」であることに由来している。
    鬼には不思議な力があるとされており、多くの怪異の原因になる存在であると考えられていたようだ。

    鬼の名前の由来また、平安時代の中期までは鬼は「もの」と呼ばれており、悪霊や不吉なものを表す意味もあった。
    その名前が「おに」であれ「もの」であれ、鬼の名前には人々の畏怖の念が込められていたことがわかるだろう。

    鬼の善悪

    先述した通り「怖ろしいもの」というイメージの強い鬼だが、日本各地には善い鬼の伝説も多く存在している。鳥取県には鬼が村を守ったという言い伝えが残っており、鬼を悪としてではなく善いものとして信仰していたそう。また、青森県では鬼を神として祀る風習があるが、これも鬼が人を助けたという伝承が存在するため。

    鬼の善悪このように鬼は妖怪としてだけではなく神や神聖な存在としても扱われることがある。
    浜田廣介の「泣いた赤鬼」のように人間と仲良く暮らす鬼の話も存在している。悪と善の伝承が極端なことも鬼の特徴といえるのかも知れない。

    鬼の種類

    その名前や行動から鬼は様々な姿や意味を持つ存在だということがわかったところだと思う。
    しかし、鬼はその特徴によっていくつかのグループに分類することが可能だったりする。
    ここでは鬼の種類についてご紹介しよう。

    ①霊としての鬼

    霊鬼(れいき)と呼ばれるこの種類の鬼は、人の死後にその魂が変化したものだとされている。
    いわゆる「悪霊」のことであり、これらも鬼に属するものだと考えられている。元々「鬼」という字は中国では悪霊を指す言葉。

    霊としての鬼多くの鬼は怨霊から生まれたとされており、人を殺して仲間を増やすと考えられていた。
    これに属する鬼たちは人に災いをもたらすとされており、人々から恐怖の対象として扱われていた。 

    ②神としての鬼

    時として山や土地を守る神々も鬼と呼ばれることもある。
    この種類の鬼は一つ目であるといわれており、守り神としての性質が強い存在らしい。
    守り神だからといって必ずしも人間を守るとは限らないと思うが、人を助けたと伝承されている鬼の多くはこの山神に属していると考えられている。

    神としての鬼同じく山神と呼ばれる妖怪には天狗が存在するが、鬼と同様に邪悪な存在でありながらも人を助けたという逸話が残っている。(天狗についてはまた後日ご紹介する予定だよ)

    ③妖怪としての鬼

    存在のわからぬもの、不思議な現象も鬼として扱われることがあった。妖怪の多くは当時の人々にとっての未知の自然現象や未確認生物の目撃から生まれたといわれている。これらに対する恐怖によって生まれたのが、このグループに属する鬼たちだ。

    さて、続いては鬼に関する伝説を書いていこうと思うが、一旦この記事で区切りとさせて別記事で紹介しようと思う。
    続きは「鬼は実在するのか?各地に残る伝説とその正体とは:Part2」こちらからどうぞ! 


    日本の未解決事件

    警察の度重なる捜査にも関わらず、解決せずに迷宮入りする事件は数多く存在している――。
    凶悪な事件を起こした犯人が私たちの側にいるかも知れないと思うと恐怖を覚えます。

    今回は日本国内で起こった未解決事件を「12」の記事に別けてご紹介します。

    ⑫荒川連続自転車通り魔殺傷事件

    荒川連続自転車通り魔殺傷事件は1959年に起きた連続通り魔事件。
    被害者の証言によると犯人は15~16歳ほどの少年で、自転車で追い抜き際に突然刃物で胸を切りつけたという。
    被害者は当時8歳の少女を含む20人の女性で、そのうち16歳の少女が襲われた後に死亡している。
    さらに犯人は被害者宅に「あまり騒ぐな」という内容の脅迫状を送り付けており、周辺住民は恐怖に怯えることになった。犯人とされる人物数人が捜査上に数人挙がったが、特定には至らずそのまま時効を迎えることになった。

    荒川連続自転車通り魔殺傷事件

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

    紹介した事件すべて許されることも無かった事にされるのも
    忘れ去られることもあってはいけないね。


     

    日本の未解決事件

    警察の度重なる捜査にも関わらず、解決せずに迷宮入りする事件は数多く存在している――。
    凶悪な事件を起こした犯人が私たちの側にいるかも知れないと思うと恐怖を覚えます。

    今回は日本国内で起こった未解決事件を「12」の記事に別けてご紹介します。

    ⑪佐賀女性7人連続殺人事件

    佐賀女性7人連続殺人事件は1975年から1989年にかけて佐賀県で7人の女性が殺害された未解決事件。
    7人中6人が水曜日に行方不明になっているため「水曜日の絞殺魔事件」とも呼ばれていた。
    発見された遺体のうち5人は死因が絞殺(残り2名は遺体の損傷がひどく死因不明)であることから同一犯の犯行と考えられたが、犯人とされる人物が特定されたにも関わらず4件が不起訴、残り3件も証拠不十分で無罪判決が出ている。

    佐賀女性7人連続殺人事件一人目の被害者は12歳の少女で自宅で留守番中に行方不明になり、小学校の便器の中に遺棄されているところが発見された。
    二人目の被害者は20歳の女性で、やはり小学校のトイレで死体が発見されている。
    その後も27歳で工場勤務の女性と、小学五年生の少女が殺された後に死体を遺棄された。
    残りの女性三人は崖の下で同時に死体が見つかっており、まとめて「北方事件」と呼ばれている。
    この7件の殺人事件は時効を迎え、現在では迷宮入りしてしまった・・・
     

    日本の未解決事件

    警察の度重なる捜査にも関わらず、解決せずに迷宮入りする事件は数多く存在している――。
    凶悪な事件を起こした犯人が私たちの側にいるかも知れないと思うと恐怖を覚えます。

    今回は日本国内で起こった未解決事件を「12」の記事に別けてご紹介します。

    ⑩世田谷一家殺人事件

    2000年12月30日、東京都世田谷区に住む夫婦と長女長男の四人家族が何者かの手によって殺害された。
    父親は頭を包丁で刺されており、母親と長女は顔や首をめった刺しにされていた。
    息子は絞殺され、鼻からの出血していた以外には外傷がなかった。犯人は犯行後も現場に長時間滞在し、パソコンを使用したり冷蔵庫の中のものを食べていたことがわかっている。
    血痕や指紋も多く残しており、DNA鑑定もされているが犯人の特定にはつながっていない。
    2017年現在も未解決事件として扱われている。

    世田谷一家殺人事件

    日本の未解決事件

    警察の度重なる捜査にも関わらず、解決せずに迷宮入りする事件は数多く存在している――。
    凶悪な事件を起こした犯人が私たちの側にいるかも知れないと思うと恐怖を覚えます。

    今回は日本国内で起こった未解決事件を「12」の記事に別けてご紹介します。

    ⑨北海道警察本部爆破事件

    1975年7月19日に北海道の警察本部庁舎が爆破されるテロ事件が起きる。
    庁舎の3階にあったロッカーが爆発元だとわかっている。4人が負傷する事態になるが、爆破が土曜日だった為被害者は少数で済んだ。
    捜査の結果、この爆弾は粉ミルク缶に火薬を詰めて作られていて、殺傷能力を上げるためにパチンコ玉が入れられていた。

    北海道警察本部爆破事件同日、北海道警察に「大通公園コインロッカー18号」とだけ話して切れた不審な電話が入っていた。
    警察が現場を調べたところ「アイヌモシリを植民地支配している北海道警察を攻撃した」と機械で打たれた犯行声明が見つかる。
    容疑者と思われる男も逮捕されたが、証拠不十分で釈放されており最終的には未解決事件の一つとなってしまう。
     

    日本の未解決事件

    警察の度重なる捜査にも関わらず、解決せずに迷宮入りする事件は数多く存在している――。
    凶悪な事件を起こした犯人が私たちの側にいるかも知れないと思うと恐怖を覚えます。

    今回は日本国内で起こった未解決事件を「12」の記事に別けてご紹介します。

    ⑧長岡京殺人事件

    1979年5月23日に長岡京市のスーパーでパートをしていた女性二人が、仕事後にワラビ採りに出かけそのまま行方不明になった。
    女性二人は二日後、絞殺死体となって発見されたが、服のポケットから「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と書かれたレシートが見つかった。

    長岡京殺人事件女性のうち一人は「30か所以上殴られ」、「内臓が破裂し」、「肋骨も骨折していた」。
    また、体内からは犯人のものと思われる体液が見つかった。
    もう一人の女性は「50か所以上殴られ」、「包丁が体に突き立てられていた」。
    また二人とも「アキレス腱を切断」されている状態だった。
    現場近くでは以前からレイプ事件が多発していて、非常に見通しの悪い場所だった。

    結局犯人は見つからないまま1994年5月24日に未解決事件になってしまう。

    このページのトップヘ