超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    カテゴリ: オカルト

    アセンション

    次元上昇を意味する概念「アセンション」
    過去にメディアで取り上げられたことにより
    世間でもアセンションという言葉は広く知られるようになった。
    しかし、その意味はわかりにくく非常に抽象的と言わざるを得ない。

    今回はアセンションの原因やその影響、超常現象との関係などについて出来るだけわかりやすく
    記事を複数に別けてご紹介する。

    精神的に見たアセンションの影響

    スピリチュアルの世界ではアセンションによって起こる物理的な問題よりも、精神的な影響に焦点を当てている。彼らの中でアセンションは良いものであるとされ、積極的にアセンションを取り入れようとする動きまで存在している。

    ここではアセンションによって起こる精神面の影響についてご紹介する。

    ①五次元世界への移行

    科学的根拠は全くないが、アセンションは次元を現在の三次元から五次元にまで引き上げるといわれている。現在、私たちが暮らす世界は立体で構成される3次元の世界。
    これに時間を加えた概念を四次元と呼ぶが、スピリチュアルの世界では時間や場所を超越する「五次元世界」という考え方が存在する。

    五次元世界への移行五次元世界では時間や場所の境界が存在しないため、行きたいと思った時代や場所にいつでも移動することが可能になるらしい。彼らはこれらを「魂」や「気」という言葉で説明し、フォトンベルトに含まれる膨大な光の粒子エネルギーがこれを可能にするとしている。

    ②集合意識の発生

    五次元世界では空間を超越しているため、人間の体は単なる入れ物でしかない。
    そのため人の意識は体という境界に縛られることなく、他人の意識と共有されることになる。
    意識が共有されることで戦争などの争い事はなくなり、世界は平和になるといわれているが・・・。

    集合意識の発生

    ③超能力の開花

    五次元世界では時間や場所を超越することで、現在では超能力と呼ばれる類の力を誰もが持つことができるようになるという。意識を共有することでテレパシー(精神感応)を使うことができ、空間を超えることでテレポーテーション(瞬間移動)も可能になるらしい。
    しかし、アセンションが起こることで地球は天変地異に見舞われ、私たちの肉体は死滅してしまうという。

    超能力の開花

    アセンションは個人単位でも起こる?

    スピリチュアルの世界ではフォトンベルトに衝突しなくても、精神力(波長)を高めることで個人単位でアセンションを起こすことが可能であるとされている。
    この方法であれば地球が滅亡することなく、超常的な力を手に入れることができるという。。。

    アセンションは個人単位でも起こる?しかし、膨大な光の粒子と衝突するに等しいエネルギーを個人単位で生み出すことは容易ではない。
    そのため個人単位でのアセンションは誰にでもできるわけではなく、選ばれた一部の人間のみが到達できる領域であるとされているようだ・・・・・・・

    5次元によるオカルト課題の解決

    アセンションはスピリチュアル上の単なるひとつの考え方に過ぎず、科学的には全く根拠のない概念だ。しかし、アセンションの存在を認めることよって、これまで謎とされてきた超常現象の謎が解けるということもまた事実。

    次は、アセンションによって解決できる世界の超常現象をご紹介する。

    スピリチュアルの世界ではアセンションは個人単位で起きるともいわれていると先ほど説明したが、これらの現象は個人がアセンションを体験した実例だったのだろうか。

    ①デジャブ

    デジャブは既視感とも呼ばれ、知らないはずの場所や行動を何故かすでに知っているように感じる現象。デジャブの原因は脳の混乱であるとされているが、時空を超えた別の意識からの干渉がその原因であるともいわれている。アセンションが実在すると仮定するならば、それがデジャブを引き起こしていてもおかしくはないが。

    アセンションとデジャブ

    ②予知夢

    眠っているあいだに未来の出来事を体験する予知夢もアセンションによって説明することが可能。
    睡眠中に意識が未来の時空に到達していれば、それを予知夢として見ることが可能だから。

    アセンションと予知夢

    ③パラレルワールド

    パラレルワールドは私たちの世界と同じ次元に存在するとされる別の世界。
    世界にはパラレルワールドに干渉したと考えられる事例が数多く存在しているが、アセンションによって世界の境界線が曖昧になったと考えることも可能

    アセンションとパラレルワールド

    ④タイムスリップ

    時空を超越するアセンションであればタイムスリップしたとされる事例についても説明が可能になる。アセンションを意図的に起こす装置が存在すれば、それはタイムマシンと呼ばれるのかもしれない。

    アセンションとタイムスリップ

    アセンションはすでに起こっていた?

    メディアに注目された2012年にアセンションが起こらなかったため、世間一般ではアセンションは空想の一種であるとされるようになった。
    しかし、アセンションの影響を受けるとされた2000年代には、それ以前と比べると明らかな異常が見受けられるという意見も存在する。

    アセンションの影響事実、2000年代はそれ以前に比べて地震の発生回数が世界的に見ても著しく上昇している。
    また、火山活動も異常なほど活性化しており、自然災害の発生件数は4倍にも増加していることがわかっている。これらは単なる偶然?
    それとも私たちの知らないところでアセンションは起こっていたのだろうか?

    出典:wikipedia

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    次元上昇を意味する不思議な概念、アセンションについて紹介したよ。
    フォトンベルトやアセンションは果たして実在するのかな?

    アセンション

    次元上昇を意味する概念「アセンション」
    過去にメディアで取り上げられたことにより
    世間でもアセンションという言葉は広く知られるようになった。
    しかし、その意味はわかりにくく非常に抽象的と言わざるを得ない。

    今回はアセンションの原因やその影響、超常現象との関係などについて出来るだけわかりやすく
    記事を複数に別けてご紹介する。

    そして今回は結構スピリチュアルだ・・・

    アセンションとは?

    アセンションとは本来「上昇」を意味する言葉であり、スピリチュアルの世界で頻繁に使われる概念
    一般的にはあまり知られていない言葉だったが、2012年に地球規模での次元上昇が発生する可能性がメディアで取り上げられ、アセンションという言葉は広く知られるようになった。

    アセンションとはアセンションは一般的にあまり使われることのない「概念」であるため
    その内容は抽象的で非常にわかりにくいものになっている。
    ここではアセンションの発生方法から影響までをできるだけわかりやすくご紹介していく。

    アセンションの原因フォトンベルトとは?

    アセンションを理解するためには「フォトンベルト」というものの存在を知らなくてはならないらしい。
    宇宙には膨大な量の「光の粒子」が存在しているが、太陽系が存在する私たちの銀河には長大な光の粒子の帯が存在しているという説がある。これがフォトンベルト(光の粒子の帯)。

    フォトンベルトフォトンベルトはハレー彗星を発見したイギリスの天文学者エドムンド・ハレーが発見したといわれているが、現在では科学的根拠に乏しいとされ、その存在を疑問視する意見がほとんど。

    アセンションはどのように起きるのか?

    アセンションはこのフォトンベルトが地球に衝突することで発生するといわれている。
    太陽系は銀河の中を移動しているため、フォトンベルトが実在していると仮定すればいずれ両者は衝突することになる。

    アセンションはどのように起きるのか?膨大な光の粒子の塊であるフォトンベルトはとても強いエネルギーを帯びているといわれているため、スピリチュアルの世界ではその衝突時に「何か」が起こると考えられている。
    彼らはその起こり得る「何か」のことをアセンションと呼んでいる。

    物理的に見たアセンションの影響

    ここではアセンションが発生した際に起こるといわれている物理的な影響をご紹介する。
    フォトンベルトやアセンションは科学的に認められていないため、物理的と言っていいのかは分からないけど。

    ①地磁気の消滅

    アセンションが起こるとフォトンベルトに含まれる光の粒子の影響で、地球を取り巻く地磁気が消滅してしまうといわれている。これと同じことは過去の地球で何度も起こっており、地磁気を失った地球には宇宙から有害な宇宙線が降り注ぐことになった。

    地磁気の消滅これは地球全体を巨大な電子レンジにかけるようなものであり、オルドビス紀後期に起こった地磁気の消滅では全生物種のおよそ85%が絶滅した。
    もっともオルドビス紀に起こった大量絶滅の原因は太陽系近くの恒星が超新星爆発したことによる「ガンマ線バースト」であり、アセンションではない。

    ②機械文明の崩壊

    フォトンベルトに含まれる光の粒子に地磁気を消滅させるほどの影響力があると仮定すれば、すべての電子機器は使用不可能になり機械文明は完全にその機能を停止することになる。
    通信や交通は遮断され、人類は混乱の中で滅亡することになるかもしれない。

    機械文明の崩壊もっとも機械文明が維持できたとしても有害な宇宙線により人類が生き残ることはないといわれている。

    ③天変地異の発生

    地磁気の消滅は大地震や大津波などの天変地異を引き起こすといわれている。
    また、火山活動の活発化により巻き上げられた火山灰はやがて地球全体を覆い尽くし、氷河期のような状態にしてしまうかも知れない。地球は生物が暮らすには過酷すぎる死の星となってしまう。

    天変地異の発生現在の地球は生物が生きていく環境が整った奇跡の惑星であるといえる。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    次回「アセンション -次元上昇の原因と影響- Part2
    精神的に見たアセンションの影響
    などについて記事にする

    チュパカブラ

    日本や世界でも有名なUMAのひとつ「チュパカブラ」
    家畜などの血を食料としているチュパカブラは本当に存在しているのだろうか?

    今回は世界で語られている目撃事例と、その正体について有力な説をいくつかご紹介する。

    チュパカブラの正体

    チュパカブラは多くの写真や動画で撮影されているが、その多くは偽物とされている。
    ここでは目撃情報などから考えられるチュパカブラの正体について有名なものを紹介する。

    ①動物説

    近年目撃されるチュパカブラの姿は毛の抜けた犬のようなものが多いため、最も有力とされている説。特にコヨーテやオオカミは皮膚病を発症した際、全身の毛が抜け落ちシワのある皮膚が露わになるため、突然暗闇に現れるとまるで怪物のように見えることがわかっている。
    また二足歩行するチュパカブラに関しても現地に生息するアカゲザルを見間違えたものではないかといわれている。

    20160606214256

    ②実験動物・生物兵器説

    自然界のものとは思えない見かけから人間が作り出した生物ではないかともいわれている。
    チュパカブラはこれまでに真偽は定かではないが、数度捕獲されたといわれている。
    アメリカ軍の調査隊が回収にきたという話もあり、遺伝子組み換えによって生まれた軍の生物兵器なのではないかという話もあるようだ。
    1988年にアメリカ軍施設の近くでミイラ化したチュパカブラのような生物が発見された。
    また、目撃情報の多いプエルトリコではアメリカ軍が薬物実験をしていた事実があり、その影響を受けて突然変異した野生動物の可能性もあるといわれている。

    20160606215601

    ③宇宙人説

    同じく特徴的な見かけから地球の生物ではないとする説。
    チュパカブラの特徴は宇宙人のグレイに似通ったところがあるといわれており、そこからこの説が浮上したらしい。
    チュパカブラが目撃される地域ではUFOの目撃例も多いことも一因。
    しかし、チュパカブラは家畜を襲い動物の血をすするといういかにも原始的な生物の印象を受ける。
    このことからUFOを作ることができる超文明を持った宇宙人とは考えにくいのではないかといわれている。

    ④未確認生物UMA説

    チュパカブラはまだ発見されていない未確認生物だという説。
    事実、チュパカブラはUMAの代表格として語られている。これほどインパクトがある生物がこれまで未確認でいたことは疑問だが、特殊な見かけから新生した新種の生物という見方も強い。
    過激なものだとパラレルワールド(異世界)から来たとする研究者もいるようだ・・・。

    20160606220938

    ⑤人間説

    チュパカブラはその姿が目撃されるよりも、血を抜かれ犠牲になった動物の方が多く発見されている。このことからカルト集団やいたずら目的、家畜の保険金狙いの人間によって動物が殺されたのではないかとする説。

    20160606221745

    ⑥昆虫説

    これも血の抜けた動物を説明する説。
    蛆などの死体を食べる虫が大量発生した場合、その死体は血が抜けたような状態になる。
    野生動物に襲われ死んだ家畜が蛆などにより血がなくなった状態を見てチュパカブラを創造(想像)したとする説だ。

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

    ずっとニート神でいたいけど、中々リアルっていうのはそうもいかないみたい
    まだ一応、名目上では学生ですし 
    ちゃんと元気に生きてます
    そして、更新をずっと待っていてくれたバサラ―の皆
    本当にお待たせしました!
    ちゃんとコメント読んでいます、ありがとう

    今回久しぶりの記事はあんまりすっきりとした感じではないけど
    いかがでしたか?前回河童の記事でチュパカブラの記事を書くと言ったので書きました
    現在ではチュパカブラは皮膚病の動物とされていることが多いみたい
    まぁ、確かにそうかもって思ってます
    でも、未だに新しい動物が発見されたりしているので、チュパカブラみたいな動物がいてもおかしくはないなぁって思いますた。

    次回はSF系の記事を更新したいと思います
    ここまで読んでくれてありがとう
    たまに気が付いたら来てくれると嬉しいな

    河童

    日本で最も有名な妖怪のひとつ「河童」
    近年ではUMAとしても扱われるこの河童は本当に存在しているのだろうか?

    今回は語り継がれる河童の伝説と目撃事例、その正体について有力な説をご紹介する。

    河童の正体は?

    多くの目撃情報が存在する河童の正体とはいったい何なのだろう?
    ここでは河童の正体とされているものの中から特に有名な説をご紹介する。img_3

    ①水死体説

    河童の正体として現在最も有力とされているのがこの水死体説。人の死体が水中に放置されると肌は緑色に変化し、髪の毛は抜け落ちてしまう。川辺に緑色で頭の禿げた水死体が浮いていれば、河童と見間違えても仕方がないかもしれない。また、水死体は体内でガスが膨張するため、膨らんだ体が背中の甲羅に見えていたのではないかという説もある。

    水死体説事故が起こりやすい川辺は非常に危険な場所であるため、大人たちが河童という存在を創り上げ子どもたちを遠ざけたのではないかといわれている。また、貧しかった時代には親が子どもを間引くという凄惨な風習が存在しており、川に捨てられた兄弟を子どもたちに見せないために付かれた嘘だという説も存在している。

    ②スッポン説

    目撃される河童は意思を持って動いているものが多いため、既知動物の誤認の可能性も捨てきれない。そうした場合、最も有力だといわれている生物はスッポン。スッポンは河童の特徴である緑色の肌をしている個体もあり、口も鋭く尖っている。

    スッポン説また、大きいものでは全長60センチメートルと子どもほどの大きさにまで成長するため、見たこともない巨大な亀を当時の人々が河童と勘違いしたのかも知れない。スッポンは亀とは思えないほどの速度で移動することもあることもあり、その点も河童の特徴に一致するとかとか。

    ③キリシタン説

    河童の行動があまりにも人間に似ているため、その正体は何かしらの理由で村人から姿を隠していた人間だったのではないかという説もある。

    キリシタン説当時は宗教的な問題でキリシタンなどは酷い弾圧を受けており、迫害を恐れた彼らが村人に隠れて水浴びをしていた様子が河童と誤認されたのではないかという。「トンスラ」と呼ばれる宣教師の髪型は確かに河童に似ているような気もするけど・・・・・・・・。(失礼じゃね!?wwwww

     

    ④UMA(未確認生物)説

    チュパカブラやフロッグマンなど、河童のように子どもほどの背丈で緑色の肌をしているUMAは世界中で目撃されている。河童もこれらと同種の生物であり、未だ発見されていない新種の生物なのではないかという説

    UMA(未確認生物)説しかし、海と違い生物の隠れる場所の少ない河川においては、河童ほどの大きさでありながら人に存在を確認されていない生物が実在する可能性は極めて低いといえる。
    UMAチュパカブラについてはあとで記事にしようかな。

    ⑤宇宙人説

    河童の正体とされる生物が見つかっていないことから浮上したのがこの河童宇宙人説(これには笑ったwww)
    河童の姿は宇宙人グレイに似ている部分も多く、緑色の肌をしたグレイの目撃報告も存在する。

    宇宙人説

    UFOで空を飛び回れる宇宙人が河童の正体であれば、世界各地に河童に似たUMAが目撃されていることにもうなずける気がする。しかし、地球外生命体の存在確率が非常に高いとされている現代においても、宇宙人が河童の正体である確証は存在しない。

    出典:wikipedia

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

     いかがでしたか?日本の有名なUMA河童についてご紹介したよ
    河童として目撃された生物は一体何者だったのだろう
    昔は河童を見た!!とかニュースでやったりしてたみたいだけど
    最近はそういうのなくなったよね
    またUMA特集みたいなのやってくれないかなー。

     

    河童

    日本で最も有名な妖怪のひとつ「河童」
    近年ではUMAとしても扱われるこの河童は本当に存在しているのだろうか?

    今回は語り継がれる河童の伝説と目撃事例、その正体について有力な説をご紹介する。

    河童の目撃事例

    古くから日本で語られる河童伝説だが、比較的近年でもその姿は目撃されている。
    ここでは河童とみられる生物の目撃事例をご紹介しよう。

    ①走り回る謎の生物

    1937年8月、沖縄の男性が謎の生物を目撃。
    友達数人と別荘に泊まりにきていた男性は夜にも関わらず、窓の外が明るいことに気が付く。不思議に思って外に出てみると、近くの川で誰かが走っているような水音が聞こえた。友人を引き連れて川の様子を見に行くと、そこには子どもほどの背丈の河童のような生物が走り回っていたという。

    河童の目撃事例その生物は運動神経が発達しているように見え、近くの木に飛びついてぶら下がったり川に飛び込んだりしていた。そして手には水かきのようなものがあったそう。

    ②川に逃げ込んだ不思議な生物

    1985年8月の長崎県でも河童の目撃報告がある。釣り帰りの男性が車で走行中に体長1メートルほどの不思議な生物を目撃する。その生物は一般的にいわれる河童そのままの姿をしていたという。

    川に逃げ込んだ不思議な生物河童のような生物は車に気が付くと驚いたように川に飛び込んで逃げてしまった。あまりのことに仰天した男性は通報し、後日警察によって現場検証が行われた。すると20センチメートルほどの足跡と謎の粘液が発見されたという。

    ③解析された粘液

    1991年6月、宮崎県に住む男性が帰宅すると何者かに家が荒らされていることに気が付いた。家の中には10センチメートルほどの三本指の足跡が残されていたが、男性の知るどの動物のものとも一致しなかったという。

    解析された粘液足跡には粘液が付着していたが、検査の結果男性の家の近くにある湧き水のものと同じ成分が検出されたそう。

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

     さて、続いては河童の正体?について書いていこうと思うが
    一旦この記事で区切りとさせて別記事で紹介しようと思う。
    続きは「河童は実在するのか?その目撃事例と意外な正体:Part3」こちらからどうぞ!  

    河童

    日本で最も有名な妖怪のひとつ「河童」
    近年ではUMAとしても扱われるこの河童は本当に存在しているのだろうか?

    今回は語り継がれる河童の伝説と目撃事例、その正体について有力な説をご紹介する。

    河童

    河童とは

    河童とは日本で語り継がれている妖怪であり、現在ではUMA(未確認生物)のひとつに数えられている生物。日本各地に伝承が残っており、川や池を守る「水神」として扱われている。河童は日本の妖怪の中でも最も有名なもののひとつで、UMAに詳しくない人でも河童の存在を知らない人はおそらくいないだろう。

    河童とは河童の好物は胡瓜(キュウリ)だといわれており、そのことからキュウリの巻き寿司は「カッパ巻き」と呼ばれている。イタズラが好きでよく悪事を働き、人間の尻の穴から「尻子玉」抜いて殺してしまうとされている。

    河童の姿

    河童はその名前が表すとおり子どもほどの背丈しかなく、特徴的な緑色の肌をしている。頭には皿のような器官があり、これが乾くと死んでしまうらしい。水辺に適応した手足には水かきがあり、背中には亀のような甲羅を備えている。伝承によればその甲羅を通して片方の腕が伸びると、もう片方の腕は縮むといわれている。

    河童の姿一般的によく知られている河童は亀と人間の子どもが融合したような姿をしている。
    しかし、中には肌が赤色をしていたり、猿のように全身を毛で覆われている河童の伝承も残っていたりする。

    河童の言い伝え

    河童に関する伝承は日本各地に存在する。
    ここでは古くから語り継がれてきた河童の言い伝えをご紹介しよう。

    ①平家の武士が河童になった

    九州地方では平家を滅亡に至らせた「壇ノ浦の戦い」の戦いによって河童が誕生したという言い伝えが残っている。源氏によって殺された平家の武士は死後もその恨みによってこの世に留まり続けた。
    やがて彼らの魂は河童となり、各地で人や家畜などを水に引きずり込んで殺して回ったという・・・。

    平家の武士が河童になった
    画像:安徳天皇縁起絵図

    当時の日本では不吉なことがあった際には平家の怨念をその理由と考えることが多かったようだ。
    しかし、実際に様々な事故は起こっており、その原因を引き起こしていた何かしらの生物が実在していた可能性はゼロとはいえない。

    ②河童の恩返し

    神奈川県の茅ヶ崎市には河童の恩返しにまつわる逸話が残っている。
    昔、五郎兵衛と呼ばれる男が河童を助けたところ、河童はお礼として彼に「徳利(とっくり)」を差し出したといわれている。この徳利は家宝として子孫に受け継がれ、現在でも家族が所持しているといわれている。

    河童の恩返しまた、相模原市を流れる目久尻川(めくじりがわ)には過去に河童が出没したという言い伝えがあり、イタズラ好きの河童を捕らえた当時の村人たちが目をくり抜いて流したことが川の名前の由来だとされている。

    ③越後の河童

    福岡県の筑後川にも河童が出没したという話が残っている。越後には河童にまつわる伝承が数多く存在し、河童同士の争いや地元村人ともめごとを起こしたなどの記録がある。

    越後の河童現在でも河童を祭る「水の祭典」がおこなわれており、久留米市では河童を使った地域興しも盛ん。

    ④反省文を書かされた河童

    長野県を流れる千曲川にも河童の伝説が存在する。頻発する河童のイタズラに激怒した村人は遂には河童を捕まえ、反省の証文を書かせることに成功したという。

    反省文を書かされた河童この証文が河童の解放後に土中に封印された。
    千曲川周辺が水の勢いによって土崩れが起こしやすいのは、河童がこの証文を取り戻そうとしているからだといわれている。

    ⑤ペットになった河童

    同じく千曲川の近くでは河童を飼っていた男の逸話も残っている。ある男が河童を捕まえることに成功し、臼に縛り付けてこれを飼っていた。

    ペットになった河童しかし、ある夜男の夢に河童が現れ「この家がゴボウに困らないようにするから逃がして欲しい」と哀願する。男は河童を逃がしてやり、それ以降男の屋敷には絶えずゴボウが生えるようになったという。

    ⑥河童の薬

    茨城県の牛久沼には河童の薬にまつわる伝承が存在する。あるとき片腕を無くした河童が困っているところを通りすがりの男が一緒に探してやった。

    河童の薬河童の腕を見つけた男が河童にこれを返してやると、河童は何やら不思議な薬で腕を元通りにくっ付けてしまった。驚く男に河童はその薬に作り方を教えてくれました。この薬はどんな怪我も癒す「万能薬」だったという。

    ⑦猿猴(えんこう)

    猿猴は広島の猿猴川に生息するとされているUMA。
    この猿猴は河童の仲間であるとされており、体は猿のように毛で覆われていたといわれている。

    猿猴(えんこう)
    画像:Anoyo Yōkai Onmyoji

    猿猴にまつわる伝説は恐ろしいもので、人に襲い掛かると尻の穴に手を入れて生き胆を抜き取るとされていた。猿猴は人に化けることもでき、人と交わって子どもを作ることもあったといわれている。

     

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

    さて、続いては河童の目撃例について書いていこうと思うが
    一旦この記事で区切りとさせて別記事で紹介しようと思う。

    続きは「河童は実在するのか?その目撃事例と意外な正体:Part2」こちらからどうぞ!  



     

    このページのトップヘ