超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    カテゴリ: 神社

    —赤・青・緑のコントラストが美しい・・・神社—

    元乃隅稲成神社の詳細

    住所:〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498

    皆さんは「元乃隅稲成神社」という神社を知っていますか?

    1955年(昭和30年)に、地元の網元の枕元に白狐が現れ「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことを元に、太皷谷稲成神社(島根県津和野町)から分霊されて建立された。
    623fae28-12dd-4ebe-8fd2-b390d560e778_29

    全国の稲荷神を祀る神社が「稲荷神社」と記すのに対し、「稲成神社」の字を充てているのはこのためである。
    商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神として、地域の人々の信仰を集めている。

    神社から日本海側に見下ろした先には、断崖下の海蝕洞に荒波が打ち付ける度に海水が中の空気と一緒に吹き上がる現象が見られる「龍宮の潮吹」があり
    神社の間に1987年(昭和62年)から10年かけて奉納された123基の朱色の鳥居が、龍宮から100メートル以上に渡り並んでいる。
    359413919e868-1ef4-4f37-8cd4-8a9c1750faf4_l

    35941032e4c1b-03df-4aa7-928b-879634610491_l

    また、裏参道出口付近にある大鳥居の中央上部(高さ約4m)に賽銭箱が設置されており、見事賽銭を投げ入れることが出来れば願いが叶うと言われている。

    アメリカのニュース専門放送局・CNNが2015年3月に発表した「Japan's 31 most beautiful places」(日本の最も美しい場所31選)の一つとして選ばれた。

    a48e1033-e818-49de-8b20-97ded9ae4aa9_28
      ぜひ、行ってみたい神社ですね!!

    —一度は訪れたい・・とある漫画の舞台にもなった、幻想的、神秘的な神社—



    上色見熊野座神社(カミシキミクマノザジンジャ)の詳細

    住所:阿蘇郡高森町上色見2619

    皆さんは「上色見熊野座神社」という神社を知っていますか?
    上色見熊野座神社は、パワースポットとしても有名で、あまりにも神秘的すぎることから話題になっていました。
    また、漫画・アニメ「夏目友人帳」で有名な緑川ゆき先生の原作「蛍火の社へ」の舞台にもなっています!!
     

    では、写真をどうぞ!!

    12797578_238640286485899_884638998_n


    20110417020-f5083

    8017106257_4ccd743777_b

    20110417040-f7516


    上色見熊野座神社は、伊邪那岐命、伊邪那美命、石君大将軍を祀ります。(一番下記で紹介していますのでよければお読みください。)

    参道には、100基近くの灯篭が並び壮観です。神殿後方の穿戸岩には、健磐竜命の従者鬼八法師が蹴破ったといわれる縦横10メートル以上の大風穴
    穿戸岩(うげといわ))があります。

    「穿戸岩」は巨大な岩山を大きな風穴が貫いていることから、どんなに困難な目標でも必ず達成できる象徴として『合格・必勝』のご利益があると評判です。

    また、神社の御神木「なぎ」は「凪」に繋がり、波風を鎮めること、さらには葉脈のない葉の特徴から、縦には簡単に裂けるものの横に引きちぎろうとすると相当の力が必要なことから、昔から男女が『縁が切れないように』とお互いになぎの葉を身につけたり、嫁ぐ娘に母親が持たせることもあったそうです。

    さらには、男女のご縁だけではなく大切な人とのご縁を結ぶことから『商売繁盛』にも通じる大変縁起のよい木です。
    xnagip02

    南郷の総鎮守、鬼八法師が蹴破ったといわれる大風穴は神秘的です
    CSKWyOhUsAAXSXc (1)

    50835244
     

    熊野三山(那智大社、速玉大社、本宮大社)における熊野権現の御神木「なぎ」は、その葉に魔よけの力があると信じられたことから、昔から熊野詣の帰りに持ち帰る旅人も多く、帰りの道中を守護してくれるお守りとしても用いられました。ナギは凪に繋がり、波風を鎮めること、葉脈のない葉の特徴から(横方向に筋がありません)縦には簡単にさけるものの、横に引きちぎろうとすると相当の力が必要です。このことから昔から男女が『縁が切れないように』とお互いになぎの葉を身につけたり、鏡の裏にそっとしのばせてお守りとしてきました。
    また嫁ぐ娘に母親が持たせることもあったそうです。男女のご縁に関わらず、大切な人とのご縁を結ぶなぎの木は、人と人とのご縁を結ぶことから『商売繁盛』にも通じる大変縁起のよい木なのです。 

    d1263980a1161b5f5fffe1b7c294a3d1
     


    いつかは、自分も行ってみたいです。
     

    —出雲大社の大注連縄は大きくて有名、だけど常陸教会の注連縄もまた同じように大きく造られた—



    常陸国出雲大社の詳細

    住所:〒309-1634 茨城県笠間市福原2001

    平成4年12月4日、島根県出雲大社より分霊を鎮座した。 「日本文徳天皇実録」(871年)によると、ご祭神大国主大神(『古事記』『日本書紀』に登場する日本神話の神である)は、神代の昔、常陸の国(現在の茨城県)の少彦名神(すくなひこなのかみ・神皇産霊神(かみむすびのかみ)の子とされる)と共に国づくりに励んだと云われている。 大神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)に国土を譲り、日本の建国に大きな功績を立てた。 これにより、国土の守護神・大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)として仰がれ、農業・漁業・医療の神、また縁結びの神として、幸運開運・商売繁盛・災難除け、さらには人間の死後の霊魂をご守護・人を正しい道に導く、幽冥主宰大神(かくりよしろしめすおおかみ)として、ご神徳は宏大なるものがあり、古くから「「だいこくさま」」として親しまれ、篤い信仰をうけている。

    ・今時の天照大御神↓
    47d81792-300x169

    以下写真↓

    f73621bdf595351a9697fba0666522f5-300x200

    baa4030dcba2c6557688433dfec4a5c9-300x200

    f42760b3df785269176645401344043f-300x200

    f87e3ebec4cc4a48fd482752ba698590-300x200

    3aec2c2449fa63902f626196a2847c54-300x200

    —龍蛇神を祀る神社—



    常陸国出雲大社-龍蛇神社-の詳細

    住所:〒309-1634 茨城県笠間市福原2001

    常陸国出雲大社が平成4年12月4日、島根県出雲大社より分霊を鎮座したと同時期に、「龍蛇神社」も建築された。

    祀られる「龍蛇神」は海蛇の神様で、水に住む“龍”の信仰からは火難除け、水難除けの守護神と仰がれ、地に住む“蛇”の信仰からは土地の災難除けの守護神と仰がれているそうです。
    この二つの信仰が融合し、現在では広く家内安全や除災招福などの守護神として崇敬されています。

    「龍」というの中国の想像上の動物ですが、日本においては古代から「蛇」の信仰と結びつきいわゆる「龍神信仰」が広まっていました。
    蛇は水神として信仰され、川や池沼の神として農耕の神となり、雨と結びついて雷神となりまた海の神ともなり豊漁を祈り、また龍宮の神とも呼ばれてきました。

    その龍神信仰の中でもっとも有名なものが本社である島根県出雲市の出雲大社の龍蛇神の信仰「龍蛇神講」です。

    常陸国出雲大社の「龍蛇神」は、大国主大神のお使い神として、火難・水難の守護神として、また血の道の障りなどを除かれる神としての信仰があります。

    以下、写真↓

     21940efb0e0282d956b15291e335988b-300x200

    3afaf0099f6c7e3956bdf44c369629dc-300x200

    106c6cff3ec4d6a4fa3977a6083f8f65-300x200

    c306554660822ffd7bdede6338265835-300x200

    —たくさんの神様が祀られている、神仏混合の不思議な神社—

    御岩神社の詳細

    住所:〒311-0402 茨城県日立市入四間町752

    御岩神社の境内には、いくつもの神社が存在しており
    なんと、総御祭神数188柱も祀られています。
    いくつか抜粋して紹介していきたいと思います。

    まず、拝殿である「御岩神社(おいわじんじゃ)」です。

    拝殿には二十二の御祭神が祀られています。

    • 国常立尊(くにとこたちのみこと):『日本書紀』において、初めての神とされる。
    • 大国主命(おおくにぬしのみこと):『国譲りの神』とも呼ばれる。出雲大社の祭神。
    • 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと) :日本神話に登場する男神。『伊邪那美尊』の兄であり、夫。
    • 伊邪那美尊(いざなみのみこと) :日本神話に登場する女神。『伊邪那岐尊』の妹であり、妻。

    他二十二柱…

    かびれ神宮(かびれじんぐう)

    • 天照大神(あまてらすおおみかみ):日本神話に登場する神。皇室の祖神で、日本国民の総氏神とされる。また天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)の一柱とされる。鎮座している場所としては伊勢神宮が特に有名。
    • 邇邇藝命(ににぎのみこと):天照大御神と高木神から葦原千五百秋瑞穂を治めるように詔を受けた邇邇芸命。
      天孫降臨の神様として記紀や風土記などの神話にも登場する神様です。
    • 立速日男命(たちはやひをのみこと):里川沿岸、佐都の郷における開拓の祖神として伝えられ、殖産興業、五穀豊穣、家内安 全、商売繁盛、厄除けなどにご利益があるといわれ、信仰されています。

    斎神社(さいじんじゃ)

    • 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ):日本神話の神。天地開闢に関わった五柱の別天津神(ことあまつかみ)の一柱。
    • 高皇産霊神(たかむすびのかみ):日本神話の神である。別天津神の一柱。『古事記』では高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、『日本書紀』では高皇産霊尊と書かれる。神皇産霊神とともに「創造」を神格化した神である。女神的要素を持つ神皇産霊神と対になり、男女の「むすび」を象徴する神であるとも考えられる
    • 神皇産霊神(かみむすびのかみ):日本神話の神。『古事記』では神産巣日神、『日本書紀』では神皇産霊尊、『出雲国風土記』では神魂命と書かれる。造化の三神の一とされる。
    • 八衢比古神(やちまたひこのかみ):日本の民間信仰において、疫病・災害などをもたらす悪神・悪霊が聚落に入るのを防ぐとされる神である。
    • 八衢比賣神(やちまたひめのかみ):道を守る神。八衢比古、八衢比売・久那土の三神を道祖神とする説がある。

    薩都神社中宮(さとじんじゃちゅうぐう)

    • 立速日男命(たちはやひをのみこと):かびれ神宮と同じく
     

    このページのトップヘ