怪談で『見たら死ぬ』なんてありふれた話だけど、
この話は現実。
5289997860_7af0b3ba17

象の足って言うものなんだけど、
これはコンクリートや鉄やらが溶けて
溶岩状になって固まった物なんだけど、
写真で見ただけでそのヤバさがわかる。

まず、写真にノイズが入りまくり。

しかも、本当は見たら死ぬじゃ無くて、
近づいたら死ぬ。

だから、
それを見て死んだ人の亡骸もそのまんま、
そこに放置されてる。

助けたくても、
近づくと死んじゃうからね

あと、機械でも近づけないんだよ。

壊れちゃうから

感光式のカメラで象の足を撮影した人がいるんだけど、
ただ白い写真ができただけで、失敗。

その人はその後24時間以内に亡くなったそうだ。

現在でもその呪われたようなモノは残ってる。

多分、人類が滅ぶまでずっと君臨するだろうよ

どこに行けば象の足が見れるかって?

……チェルノブイリさ!!