通称:サタンの聖域と化した・・・?荒れ果てたトンネル

場所:不明

サタンの聖域の詳細

オハイオ州の森深くにあるという、当初排水の為に使用されていた廃トンネル。
皆さんは、「サタン」という悪魔を知っていますか?
サタンとは、ユダヤ教、キリスト教とイスラム教における悪魔で、神の敵対者、イスラム教では人間の敵対者とされています。

そんなサタンを崇拝している悪魔崇拝者が、この廃トンネルで怪しげなミサをしてサタンの聖域と化している、悪魔崇拝者の聖地となっているなどと地元では噂になっているようです。

地元ブロガーのリック・フェンダース氏によると「悪魔崇拝主義のグループがやってきては怪しいミサを行うようになった」ということで、どんどんその危険性を増しているようです。

その証拠として、トンネル周辺に住んでいる住民からは、「一晩中、悲鳴のようなものが聞こえることがある」と。

この廃トンネルの噂を聞いた映画監督のデビッド・スコット氏が2012年にこのトンネル調査の様子をまとめた動画をYouTubeにアップしているみたい。

こちらです。


トンネル内には、聖書に登場する黙示録に反キリスト者の象徴として知られている「666」悪魔の数字が見えます。
ほかにはヘキサグラム(六芒星)が壁に描かれている様子が見れますね。
やっぱり、本当にサタン崇拝者がミサでもしているのかな?とても興味が湧きますが、調べてみたところあまり記事が見当たらない・・・。


兎にも角にも、近隣住民を怯えさせていることは事実。
悪魔崇拝者は実在するし、いてもおかしくない雰囲気ですね。

続報があり次第追記または新規投稿します。

行ってみたいな・・・・