不気味な人形

古くから人形には魂が宿るといわれているが、さまざまな超常現象やオカルト話の題材になってきたホラーな人形といえば映画「チャイルド・プレイ」のチャッキーが有名
だが、現実の世界にはチャッキーよりも怖い人形が存在しているようだ。

①「サリタ」

possessed-doll

2017年
、ペルーに住む家族が恐ろしい人形体験をYouTubeで公開し、世界中で話題になっている。
イボンヌ・ヌネスは、7年前に姪から青い目をしたかわいい人形「サリタ」を受け取った。
しかし、それから間もなくして姪は病気で亡くなった。
姪の死後、家の中で奇妙なことが起こり始めた。
イボンヌの娘・アンジーは、家の中から騒音が聞こえ、「サリタ」がいる部屋の隅に奇妙な気配を感じ
薄暗闇の中で何かの影が動くのをたびたび目撃していた。
家族はサリタが不幸を呼び寄せているのだと、その奇妙な人形を家の中から追い出したかったが
イボンヌはそれを拒否した。
その理由は、「サリタ」に亡くなった姪を重ねるようになっていたから。
しかし、その後イボンヌは
自殺。残された家族はいまだに「サリタ」を処分できずにいるという。

possessed-doll-Peru-750x430

②「ハロルド」

harold13

2003年、フリーマーケットを訪れた男性が古い人形と出会う。
その人形が妙に気になった男性は、売り手の老人と交渉して20ドルで購入。
その場を後にしようとした男性だったが、老人はその人形「ハロルド」の
歴史について“説明しないといけない”と語り始めた。
その話に耳を傾けると、「ハロルド」はもともとその老人の息子へのプレゼントとしてもらったものだったが
息子は「ハロルド」をもらってすぐに亡くなってしまった。
そして息子の死後、「ハロルド」が置いてあった部屋からは歌と笑い声が聞こえるようになったという。
そんないわくつきの「ハロルド」の新しいオーナーになった男性だが
人形を手にしてから2日後に重度の片
頭痛に見舞われ、彼の愛猫は亡くなってしまった。
男性は「ハロルド」が来てから起こったことをまとめたウェブサイトを立ち上げ、奇妙な出来事を報告している。

1711_bukimidoll_04

③「ペギー」

PAY-Evil-Mannequin

2015年に超常現象調査官のジェーン・ハリスは、とあるカップルから人形を受け取った。
そのカップルが言うには、「ペギー」と名づけられたこの人形を見た人は、吐き気や頭痛を訴えるのだそう。ジェーンが自身の
SNSに「ペギー」の写真をアップしたところ、その画像を見た人たちから吐き気や頭痛を訴える声が続出。ある人は「ペギー」の画像を表示した途端にパソコンが固まり、部屋の温度が急激に下がっていくのを感じたそうだ。
一説によると、「ペギー」には
ホロコーストで亡くなった女性の魂が棲み着いていると囁かれている。

PAY-Evil-Mannequin-1

④「ルビー」

Ruby2

今からずっと昔、とある
人形「ルビー」はひとりの少女に可愛がられていた。
しかし、その少女は病気を患ってしまい、最終的に「ルビー」を抱きしめたまま亡くなってしまうことになる。
その後「ルビー」は別の少女から別の少女へと受け継がれていったが
最初の持ち主の少女以外からは、その不気味な見た目から可愛がられる事が少なく、地下室や箱の中に閉じ込められ続けた。
しかし「ルビー」は、自分の存在を誇示するかのごとく奇妙な音を立て、家の中を歩き回り始めたという。
最終的にこの不気味な人形は、超常現象と
オカルト博物館に移されることに。
その博物館を訪れた女性は自分の
携帯電話の中にルビーの画像を見つけたそうだが、写真は撮っていないと主張している。

13533171_1115455415159465_6942154320093465518_n-1

⑤「目隠し人形」

2_mos_061314091237

2014年、
シンガポールでの奇妙な発見がネット上を騒がせた。
とある
SNSユーザーは木の根元に置いてある1体の人形を発見。
その人形は目隠しされており、目隠しにはアラビア文字で“bismillah”(アラーの名のもとに)と書かれていた。
この「目隠し人形」を写真に撮り
Twitterに投稿したところ、世界中に拡散されることに。
この投稿を見た超常現象研究家は「この人形には何かが
憑依しており、ひとりで動きまわることができる」「そのため、元の持ち主は自分の家に帰ってこないように、人形の視力を目隠しで奪ったのだ」と予想した。目隠し人形が発見された日、付近では殺人事件自殺が発生したそうだが、単なる偶然だろう。

1_story_650_061314091715





管理人:ニート神
からのひとこと

次回
「Cursed Things」