ナスカの地上絵

世界最大のオーパーツともいわれる「ナスカの地上絵」
このナスカの地上絵は誰がいつ何のために描いたのだろう?
今回はナスカの地上絵の詳細と描き方、存在理由について特に有力とされている説をご紹介する

⑩ナスカの地上絵最大の謎!何のために描かれたのか?

人が目にするにはナスカの地上絵はあまりにも巨大なものだ。
では、古代ナスカの人々は一体何のために1000近い地上絵を描いたのだろう?

ここではナスカの地上絵が描かれた理由として特に有名な説をご紹介する。

カレンダー説

ナスカの地上絵を構成する線には意図的に太陽の動きや季節の変化に合わせたと思われるものが存在することがわかっている。
そのためナスカの地上絵は農業をするためのカレンダーとして描かれたのではないかという説が存在する。
カレンダー説
確かに地上線の中には夏至冬至の日没の方角や、雨季乾季の星の動きを表しているものが存在している。しかし、カレンダーを全長数百メートル規模で描く必要はないため、この説には疑問が残る。

雨乞い説

ナスカの地上絵は一筆書きで書かれているため、雨乞いの儀式の際に道路として使われたのではないかという説も存在する。
ナスカ地方では昔から雨乞いの際に楽器を鳴らしながら道を歩くという習慣があり、この道がナスカの地上絵だった可能性があるという。
20170807-00000019-wordleaf-0b29be5fc174db0795edfc124a63be3aa
ナスカの地上絵の線付近では雨乞いの儀式に使用される貝殻の破片が見つかっている。
そのため雨乞いの儀式のために巨大な地上絵を描いたのではないかという説が生まれた。

食料管理システム説

古代ナスカでは食料などの財産はすべて個人単位で管理されていた。
そのため食料が流通するシステムがなく飢饉が起こりやすい状況だった。
この問題を解決するために古代ナスカの権力者たちはナスカの地上絵の制作という公共事業を作ったのではないかという説。
労働者に支給するという建前で国中の食料を回収し、管理することで国が飢饉によって全滅することを防いだ。
食料管理システム説
公共事業は長期にわたる必要があったため必要以上に巨大な地上絵を描く必要があった。
しかし、100メートル規模の地上絵であっても先述した原画拡大法を使えば数十人で数時間もあれば完成してしまうため、長期的な公共事業になることはなかったのではという疑問が残る。

権力者の葬式説

ナスカではピラミッドが発見されていることから、ナスカの地上絵も権力者の埋葬のために描かれたのではないかとする説。古代ナスカで信仰された宗教では、人は死後に太陽に還るとされている。
権力者の葬式説
そのため死んだ権力者を太陽へ導くため、もしくは死者へ贈るメッセージとしてナスカの地上絵が描かれたのではないかと考えられている。
古代ナスカでは宗教的傾向が強かったため、この説は特に有力であるとされている。

宇宙人のマーキング説

ナスカの地上絵は当時の人々が目視できないものであったため、古代の地球に到来した宇宙人によって描かれたのではないかとする説。
ナスカの地上絵がUFO(未確認飛行物体)の発着場なのではないかという意見は古くから存在しているのは皆さんもご存知だろう。
b72dfc2f0d9d9e69f5d6eb0a5cafb115-300x225
宇宙人が地球を訪れた際にマーキングとしてナスカの地上絵を描いたと考えるならば、全長50キロメートルにもなる矢印や200メートル以上の地上絵の書き方がわからないことにも、一応説明は付くことには付くが・・・。

管理人:ニート神
からのひとこと

最大のオーパーツであるナスカの地上絵についてご紹介したよ
ナスカの地上絵とは単なる宗教的な遺物なのか?
それとも宇宙人が地球に訪れた証拠だったのだろうか?
地球にはまだまだロマンが溢れているね

色々あった数か月
更新遅れてホントごめんね!
また更新するよ!