超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    2017年10月

    ムー大陸

    伝説の三大陸に数えられている、海底に沈んだ幻の大陸「ムー大陸」
    このムー大陸とは結局何だろうか?

    今回はムー大陸の伝承や名前の由来、その存在の有無についてご紹介する。

    ①ムー大陸とは?

    ムー大陸とは、イギリス人作家のジェームズ・チャーチワードが提唱したおよそ1万2000年前に存在したとされる大陸。ムー大陸は伝説の「アトランティス」と同様に、優れた文明を持ちながらもたった一夜で海に沈んでしまったといわれている。

    ムー大陸とは
    過去にメディアで取り上げられたことにより、日本でもムー大陸は広く知られるようになった。モアイで有名なイースター島などがその正体とする説もあり、オカルトとして扱われるようになった現在でも多くのファンが存在している。

    ②ムー大陸の名前の由来は?

    「ムー」という名前はトロアノ絵文書という古書に記されていた滅亡した王国に由来する。
    1863年、トロアノ絵文書を翻訳したフランスの聖職者シャルル=エティエンヌ・ブラッスール・ド・ブルブールは、ムーと呼ばれたこの王国には伝説の大陸アトランティスとの類似点が多く存在することを発表。

    Athanasius_Kircher's_Atlantis
    また、1882年にはアメリカの政治家であるイグネイシャス・ロヨーラ・ドネリーがムー王国が伝承されるアトランティスと共通する文明なのではないかという説を提唱した。
    これによってムーという名前は世界中で広く知られるようになった。

    ③ムー文明とはどのような文明だった?

    提唱者のチャーチワードによるとムー大陸にはムー文明と呼ばれる古代文明が存在し、ムー人と呼ばれる人々が6400万人も暮らしていた。ムー人は白人で構成される民族であり、
    彼らの王「ラ・ムー」は太陽神ラーの化身として崇められていた。
    また、ムー人は現在にも引けを取らない高度な文明を有しており、電気や機械を駆使してとても豊かな暮らしをしていたといわれている。

    ムー文明
    ムー大陸が存在していたとされる1万2000年前といえば、人類はやっと種を植えて植物を育てる「農業」に取り組み始めたばかりの頃だった。仮にムー文明が存在したとするならば、彼らは私たち人類とは全く異なる発展を遂げた人類ということになる。

    ④ムー大陸の場所と大きさは?

    チャーチワードが発表した著書によると、ムー大陸は今からおよそ1万2000年前に現在の太平洋の中心地点に存在していたとされている。ムー大陸は東西に8000キロメートル、南北に5000キロメートルという非常に広大なもので、太平洋の1/4もの割合を占めていたといわれている。

    mu_by_rubberduck3y6
    ムー大陸はアトランティス伝説などと同じく、一夜にして海に沈んでしまったといわれているが、これだけ巨大な大陸が沈没してしまう原因とは一体何だったのだろうか?

    ⑤ムー大陸はなぜ滅んだのか?

    ムー大陸はアトランティス大陸と同じように、人々の傲慢さに激怒した神々によって沈められたといわれている。確かにムー大陸のように巨大な大陸が一夜で沈没したのであれば、その原因は神の怒りともいえるほどの天変地異だったはず。

    ここではムー大陸を沈めることが可能な自然現象についてご紹介する。

    大地震

    ムー大陸のように巨大な大陸を沈没させてしまう自然減少はそれほど多くはないが、大規模な地震であればそれも可能ではないかという説がある。プレートを巻き込み岩盤が破壊されるほどの大地震であれば、巨大な大陸であっても海に沈めることができるだろう。

    大地震-1
    同じく幻の大陸と呼ばれるアトランティスも地震によって海に沈んだのではないかといわれている。

    大津波

    大津波もムー大陸滅亡の原因になり得る。
    巨大な津波による衝撃は相当なもので、人間や建物を簡単に押し流してしまう。
    たとえ先進的な文明を持っていたムー文明であっても、巨大な大津波には敵わなかったに違いない。

    大津波-1

    火山噴火

    火山の噴火もムー大陸を滅亡させるには十分な原因といえる。大規模な火山活動は大津波を発生させ、周囲の大陸や島々を崩壊させる。

    火山噴火
    また、蓄積された火山ガスによって大爆発を引き起こし、大陸を支える岩石を破壊してしまったかも知れない。

    小惑星の衝突

    今から1万2000年ほど前には地球規模での大量絶滅が起こっており、小惑星が地球に衝突した可能性もあるといわれている。

    小惑星の衝突
    この小惑星の衝突によって地震や津波が引き起こされ、火山活動も活発化したと仮定するならば、ムー大陸を滅亡させるには十分すぎる原因といえるだろう。

    ⑥ムー大陸の提唱者は?

    ムー大陸の提唱者であるジェームズ・チャーチワードは、アメリカに住むイギリス人の作家。
    ジェームズの父ウィリアム・チャーチワードは大海に沈んだ幻の大陸が存在していると周囲に語っていたという。
    しかし、周囲は彼の説に対して耳を傾けることはなかった。
    父が亡くなった後は息子であるジェームズがその意思を継ぎ、やがてムー大陸を提唱するようになった。

    ジェームズ・チャーチワード
    ジェームズは独自の研究の結果、ナーカル碑文やメキシコの石板と呼ばれる太古の遺物から、ムー大陸という海底に沈んだ大陸の証拠を見つけたと著書の中で語っている。
    その後、彼が発表したムー大陸は有名なアトランティスと並ぶ「幻の古代大陸」として世界中を騒がせることになる。

    ⑦ナーカル碑文とは?

    ナーカル碑文とは、ジェームズ・チャーチワードがイギリス軍人としてインドに滞在していたときに発見したとされる古書。
    彼は現地での奉仕活動や古代文字の研究を通して現地の宗教関係者と親しくなっており、そのうちのひとりから古くから寺院で保存されている謎の粘土板の存在を知らされたという。

    ナーカル碑文
    こうして発見されたのがナーカル碑文と呼ばれる粘土でできた古書。
    チャーチワードはおよそ2年の歳月をかけてこのナーカル碑文を解読し、そこからムー大陸と古代文明の歴史を読み解いたとされる。

    ⑧メキシコの石板とは?

    メキシコの石板とは、チャーチワードがナーカル碑文に関連する古書を探していた際にメキシコで出会った石の遺物。

    メキシコの石板
    これはアメリカの鉱物学者ウィリアム・ニーベンが収集したものだが、チャーチワードはこの石板に刻まれた文字こそがムー大陸の存在を示す決定的な証拠であると発表した。

    ⑨ムー大陸は実在しない?

    ナーカル碑文やメキシコの石板を元に提唱されたチャーチワードのムー大陸説だが、現在では存在しないとする見解でほぼ一致している。
    ここではムー大陸が存在しないとされる理由をご紹介しよう。

    チャーチワードの人物像

    ムー大陸はジェームズ・チャーチワードという人物がその著書の中で提唱したもの。
    しかし、このチャーチワードという男は嘘つきなことで有名で、その発言に信憑性はないとまでいわれていた。

    チャーチワードはナーカル碑文を発見した際に、自分はイギリス軍人であったと語っている。
    しかし、彼がイギリス軍に所属していた証拠は存在していない。

    チャーチワード-ムー大陸
    また、ナーカル碑文の写真は一切撮影されておらず、その存在を彼に教えたという人物の名前も公表されていない。メキシコの石板についてもチャーチワードは解析方法を公にしておらず、彼だけが解読できたと言っているに過ぎないという。

    このことからチャーチワードが示した「ムー大陸が存在した証拠」は存在しないに等しいと否定派は述べている。

    太平洋の海底堆積物

    太平洋の海底を調査した結果、プランクトンの死骸などの堆積物が数百万~数千万年分も蓄積していることが判明した。この事実は太平洋の海底が数百万~数千万年のあいだは海底であったことを示している。

    太平洋の海底堆積物
    ムー大陸が存在したとされているのは今から1万2000年ほど前の太平洋、調査結果と明らかに相違しているのがわかる。

    海洋地殻による年代調査

    堆積物の下にある海底地殻からもその場所が過去に大陸であったかを調べることが可能。
    音波による太平洋の地殻調査の結果、太平洋の海底の年齢は新しいものでも1000万年、古いものでは1億年も前のものであることが判明した。

    海洋地殻
    これは堆積物の年代とも一致しており、現在の太平洋の海底はどんなに新しくても1000万年前には海に沈んでいたことがわかるという。
    これらの事実から1万2000年前の太平洋にはムー大陸のような陸地は存在しなかったと考えられている。

    ⑩ムー大陸はなくてもムー文明は存在した?

    先述の理由から太平洋には沈没した大陸は存在しなかったという考えが一般的になった。
    しかし、研究者の中にはムー大陸は存在しなかったが、ムー文明は存在したのではないかという説を唱える人物も存在する。

    ここでは大陸が存在しなくてもムー文明が存在していたとされる説の中をから特に有名なものご紹介する。

    海洋国家説

    ムー文明は大陸ではなく海上に拠点を置く「海洋国家」だったのではないかとする説。人類の歴史の中には海上に拠点を持つ国家も実在しており、紀元前1200~1500年前に繁栄したトンガ大首長国はムー大陸に匹敵するほどの領土を有していた。

    海洋国家
    海洋国家は貿易や漁業により山地に存在する国家よりも豊かな国力を持つことも可能であり、地震や津波などの被害を受けやすため、ムー大陸のように優れた文明を持ちながらも海に沈んで滅亡するシナリオも一致している。

    大陸棚説

    氷河期末期に上昇した海水面によって海に沈んだ大陸棚にムー文明が存在していたとする説。
    比較的浅い海の大陸棚は氷河期以前には水上に位置していた可能性があるため、この陸地にムー文明が栄えていたのではないかとする研究者も存在する。

    大陸棚
    しかし、この説が事実だったとしても大陸棚は大陸に比べて面積が小さかったため、これがムー文明の正体だとすると小規模で弱小な国家であったということになる。

    ジーランディア大陸説

    現存する島々も海水面がもっと低かった氷河期には海上で陸地が繋がっており、もっと大きなひとつの島だったのではないかといわれている。
    陸続きだったこの巨大な島は「ジーランディア大陸」と呼ばれ、氷河期以前の地球には現在のものと合わせて7つの大陸が存在したのではないかという説がある。

    このジーランディア大陸は現在のオーストラリア大陸の東側にある島々の海底に位置しており、これがムー大陸の正体ではないかともいわれている。

    ジーランディア大陸
    しかし、ジーランディア大陸が水没したのは今から2000万年以上も昔だと考えられており、その頃には人類どころか類人猿も地球上に存在していない。
    仮にジーランディア大陸にムー文明が存在したとするならば、彼らは人類とは全く違う種類の知的生命体であるということになる。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    出典:wikipedia,MaxBedulenko

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    幻のムー大陸についてご紹介したよ
    現在ではムー大陸はジェームズ・チャーチワードの虚言であると考えらえていて
    その存在を信じている人は僅かしか存在しないみたい
    だけど、アトランティス大陸やレムリア大陸など
    海底に沈んだ大陸の伝承は他にも数多く存在するけど
    これらは完全な創作だと思う?
    それともモデルになった文明が存在したのかな?

    世界にはまだまだロマンが溢れている。



    ヴォイニッチ手稿

    不可解な文字と存在し得ない植物が描かれた解読不能とまでいわれた謎の古書「ヴォイニッチ手稿」
    このヴォイニッチ手稿は一体何のために作られたのだろうか?
    そして先日、信頼あるタイムズ紙において「一部」解読が成功したと発表があった。
    そんなヴォイニッチ手稿の奇妙な文字と挿絵、解読以前に世界各地で飛び交ったその正体とされていた様々な説をご紹介する。

    ①ヴォイニッチ手稿とは?

    ヴォイニッチ手稿とは、1912年にイタリアの寺院で発見された謎の写本。
    読解困難な未解明の文字と存在するはずのない動植物などの絵が描かれていることから、オーパーツ(場違いな工芸品)のひとつにも数えられている。

    ヴォイニッチ手稿とは
    ヴォイニッチ手稿の存在については様々な憶測が飛んでおり、芸術家による風変わりなアートとする説から、頭のおかしくなった狂人が作ったとする説まで存在している。
    発見から100年以上が経過した現在でもその記述内容は謎とされており、現在では世界的にも有名なミステリーとして扱われている。

    ②ヴォイニッチ手稿の名前の由来は?

    ヴォイニッチ手稿の名前は、それを発見したポーランドの古物商ウィルフリッド・ヴォイニッチに由来する。ヴォイニッチはイタリアのモンドラゴーネ寺院で後に世界のミステリーとして語られるこの奇妙な古書を発見した。

    ヴォイニッチ手稿の名前の由来
    ヴォイニッチ手稿は発見者のヴォイニッチによって1915年に世間に公表された後、多くの考古学者や暗号解読者の手によって調べられたが結局謎の解明には至らず
    現在はアメリアのコネチカット州にあるイェール大学にて保存されている。

    ヴォイニッチ手稿は植物や天体を書き写した写本であると考えられることから「ヴォイニッチ写本」と呼ばれることもある。

    ③ヴォイニッチ手稿の大きさは?

    ヴォイニッチ手稿は縦23.5センチメートル、横は16.2センチメートルほどの大きさ。^
    厚さは5センチメートルほどであり、ページ数はおよそ240ページもある。
    ヴォイニッチ手稿はまるで研究にでも用いられたかのように植物や天体を詳細に描いており、それについてのメモとみられる未解読文字が相当数書き込まれている。

    ヴォイニッチ手稿の大きさ
    これらは単なるイタズラと考えるにはあまりにも膨大な量。
    そのため何かしらの意図を持って作られたものだ考えられており、一部解読された現在も研究者たちは解読を続けている。

    ④ヴォイニッチ手稿に書かれている文字は何の文字?

    ヴォイニッチ手稿に記されている文字は、現在知られている世界中のどの文明のものとも異なる奇妙な文字。謎の絵に添えて書き込まれていることから、それらを説明する文章であると考えられている。

    ヴォイニッチ手稿-文字
    多くの言語学者が調査した結果、ヴォイニッチ手稿に記されている文字には規則性があり、意味なく書きなぐったものではないことがわかっているが、その全内容までは解明できていない。
    絵から文字に対しての意味を解読しようとする試みも行われたが、結果は失敗に終わっている。

    ⑤ヴォイニッチ手稿に描かれている絵は何の絵?

    ヴォイニッチ手稿には未解明文字だけでなく、非常に奇妙な絵もかなりの数描き込まれている。
    その多くは植物や花をスケッチしたと思われるものだが、不思議なことにヴォイニッチ手稿に描かれるような植物や花は実在していない。

    ヴォイニッチ手稿-絵
    他にも天体図と思われる星の絵や、水浴びをする女性らしき絵が描かれている他、複雑に絡み合った管や人間の精子のような絵までが存在する。これらの絵は調べるほどに意味不明であり、研究者たちを大いに混乱させるものだった。

    ⑥ヴォイニッチ手稿はいつ頃作られたのか?

    ヴォイニッチ手稿がいつ頃作られたのかは正確には判明していない。
    それを知るための文字が解読していないから。
    しかし、ヴォイニッチ手稿に使用されている羊皮紙を年代測定した結果、1400~1440年頃に作られた紙であることがわかった。そのためヴォイニッチ手稿は1400年代初頭からそれ以降に作られたものであることがわかっている。

    ヴォイニッチ手稿-いつ作られた
    また、ヴォイニッチ手稿の表紙に記載された既存の文字によって、1582年に神聖ローマ皇帝ルドルフ2世がこれを購入した記録が残されていた。つまり、ヴォイニッチ手稿は1400~1582年の間に作られたということになる。

    ⑦ヴォイニッチ手稿は誰が作ったのか?

    ヴォイニッチ手稿の作者についても厳密にはわかっておらず、いくつかの説が存在している。
    ボヘミアの錬金術師であり魔術師としても知られるエドワード・ケリーはヴォイニッチ手稿の作者候補のひとり。ケリーは当時、錬金術に熱中していたルドルフ2世に献上するためにヴォイニッチ手稿を作成したのではないかという説がある。

    エドワード・ケリー
    また、錬金術師として腕を競い合っていた同じく錬金術師であり占星術師でもあるジョン・ディーを出し抜くために、ケリーが偽の錬金術書としてヴォイニッチ手稿を作ったという説も存在している。

    しかし、ディーは秘密結社「薔薇十字団」の一員だとする説もあり、ルドルフ2世によるヴォイニッチ手稿入手にも関わっていたことから、ヴォイニッチ手稿は秘密結社に関係する書物だったのではないかとも考えられている。

    ヴォイニッチ手稿-誰が作った
    「驚嘆的博士」と呼ばれたイギリスの哲学者ロジャー・ベーコンもヴォイニッチ手稿の作者候補のひとり。ベーコンは実験観察を重視する近代科学の先駆者と呼ばれており、当時の宗教的迫害から薬草学を守るために暗号を用いた医学書としてヴォイニッチ手稿を作ったのではないかといわれている。

    ⑧ヴォイニッチ手稿の値段と価値は?

    その内容が解読されていないためヴォイニッチ手稿の価値を判断すること困難。
    しかし、ルドルフ2世はこれを600ダカット(現在の価値にすると6000万~1億2000万円ほど)で購入したといわれており、当時は錬金術書として相当の価値があったことがわかっている。

    ヴォイニッチ手稿-値段と価値
    仮にヴォイニッチ手稿が偽の錬金術書として作られたのであれば、当時の学術背景のわかる古書程度の価値しかないということになる。しかし、ヴォイニッチ手稿の文字が解読され他に意味のあるものだとすれば、現在でも600ダカット以上の価値を持った貴重な遺物になる可能性もある。

    ⑨ヴォイニッチ手稿は何のために作られたのか?

    一部解読された現在でも多くの謎が残るヴォイニッチ手稿は一体何のために作られたのだろう?
    ここではヴォイニッチ手稿の正体として特に有名な説をご紹介する。

    錬金術書の偽装品説

    ヴォイニッチ手稿は錬金術書を装った偽装品であるとする説。
    中世において錬金術は万能の秘術であると期待されており、時のボヘミア王ルドルフ2世は600ダカットという大金を支払ってでもヴォイニッチ手稿を手に入れたがったという。
    そのため錬金術を研究する者の中には偽装品を作ってでも儲けたいと考える者もいたかも知れない。

    ヴォイニッチ手稿-偽物
    しかし、ヴォイニッチ手稿に使われている羊皮紙は質の良い高価なものであったため、作者はすでにある程度の資産を築いている人物だったのではないかといわれている。
    また、王を騙す行為は真実が露呈すれば即死刑であったため、そこまでのリスクを負ってまでヴォイニッチ手稿を作る必要があったのかは疑問。

    秘密結社の暗号説

    偽装品説に並んで有力とされているのがこの暗号説。
    ヴォイニッチ手稿は通常では読むことができない文字が書き込まれているため、秘密結社などが連絡の手段に用いた暗号文書だったのかも知れない。
    ルドルフ2世によるヴォイニッチ手稿の購入に関わったとされるジョン・ディーは、秘密結社である薔薇十字団の運動にも携わっていたといわれている。

    ヴォイニッチ手稿-暗号
    また、宗教的迫害により薬草学の消失を恐れたロジャー・ベーコンが暗号にして医学書を残したという説も有力であるとされている。しかし、現代であっても解読できない文字列が本当に暗号であったのかを疑問視する声も存在している。

    パラレルワールド(異世界)説

    ヴォイニッチ手稿に描かれている植物がこの世に存在しないものばかりであるため、パラレルワールドで作られたものが何らかの理由で現行世界に迷い込んだものであるとする説。
    オーパーツとしてヴォイニッチ手稿を見たときにオカルト界隈でよく語られる説になってる

    ヴォイニッチ手稿-パラレルワールド
    僕たちの世界とは別の世界で作られたものであるとするならば、解読できない文字も存在しない植物の絵にも説明が付く。しかし、パラレルワールドは理論上存在し得るといわれてはいるものの、その存在は未だ確認されていない。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ⑩ついに解読!ヴォイニッチ手稿の内容と真実は?

    2017年9月9日、信頼あるタイムズ紙系列の雑誌媒体「THE TIMES LITERARY SUPPLEMENT」において、歴史研究者のNicholas Gibbs氏がヴォイニッチ手稿の解読に成功したと発表した。

    ヴォイニッチ手稿は長年解読不能とされてきたが、Gibbs氏はそれが「専門用語をさらに独自の略語を用いて記述されているため」だと発見したのだ。
    また、同時代の墓石や石板に刻まれているラテン文字を当てはめることにより、その内容を知るまでに至ったという。

    voynich_2_by_penumbrus
    それによるとヴォイニッチ手稿は既存の健康書を丸々転載した内容で、特に女性を対象に入浴の必要性や薬草学、また天体の神秘にも触れた医学書だった。
    奇妙な植物などのイラストも有名な医者の絵を書き写したものではないかということがわかったという。

    この新たな真実は現在世界各地で波紋を生んでおり、長年のオーパーツの謎の解決に興奮する声や、人類史のロマンがまたひとつ消えてしまったことへの感嘆の声も上がっている。
    僕もその一人。

    出典:wikipedia

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    解読不能の文字と未確認植物が描かれた古書ヴォイニッチ手稿についてご紹介したよ
    ついにヴォイニッチ手稿の内容が一部解明されてしまったけど
    この医学書がどうしてわざわざ解読しにくい独自の略語によって書かれたかは
    依然謎のままとされているみたい
    ヴォイニッチ手稿の著者は一体なぜ、何のためにこのような書物を残すに至ったのかな?
    まだ全てが解読されてはいないようだけど
    謎が解明されればと期待する半面
    解けてしまうと、どこかさびしい

    それでも
    世界にはまだまだロマンと謎が溢れかえっている


    記事の更新を心待ちにしてくれているバサラーの皆へ

    今日できれば更新したいけど

    ちょっと色々と立て込んでるから隙を見て更新するね
    今も隙を見て書き込んでる

    この記事は少ししたら消去するけど

    更新頻度低くなっててごめん
    とにかく、いつも見に来てくれるバサラーの皆サンクス!!!!

    まってて!

    アセンション

    次元上昇を意味する概念「アセンション」
    過去にメディアで取り上げられたことにより
    世間でもアセンションという言葉は広く知られるようになった。
    しかし、その意味はわかりにくく非常に抽象的と言わざるを得ない。

    今回はアセンションの原因やその影響、超常現象との関係などについて出来るだけわかりやすく
    記事を複数に別けてご紹介する。

    精神的に見たアセンションの影響

    スピリチュアルの世界ではアセンションによって起こる物理的な問題よりも、精神的な影響に焦点を当てている。彼らの中でアセンションは良いものであるとされ、積極的にアセンションを取り入れようとする動きまで存在している。

    ここではアセンションによって起こる精神面の影響についてご紹介する。

    ①五次元世界への移行

    科学的根拠は全くないが、アセンションは次元を現在の三次元から五次元にまで引き上げるといわれている。現在、私たちが暮らす世界は立体で構成される3次元の世界。
    これに時間を加えた概念を四次元と呼ぶが、スピリチュアルの世界では時間や場所を超越する「五次元世界」という考え方が存在する。

    五次元世界への移行五次元世界では時間や場所の境界が存在しないため、行きたいと思った時代や場所にいつでも移動することが可能になるらしい。彼らはこれらを「魂」や「気」という言葉で説明し、フォトンベルトに含まれる膨大な光の粒子エネルギーがこれを可能にするとしている。

    ②集合意識の発生

    五次元世界では空間を超越しているため、人間の体は単なる入れ物でしかない。
    そのため人の意識は体という境界に縛られることなく、他人の意識と共有されることになる。
    意識が共有されることで戦争などの争い事はなくなり、世界は平和になるといわれているが・・・。

    集合意識の発生

    ③超能力の開花

    五次元世界では時間や場所を超越することで、現在では超能力と呼ばれる類の力を誰もが持つことができるようになるという。意識を共有することでテレパシー(精神感応)を使うことができ、空間を超えることでテレポーテーション(瞬間移動)も可能になるらしい。
    しかし、アセンションが起こることで地球は天変地異に見舞われ、私たちの肉体は死滅してしまうという。

    超能力の開花

    アセンションは個人単位でも起こる?

    スピリチュアルの世界ではフォトンベルトに衝突しなくても、精神力(波長)を高めることで個人単位でアセンションを起こすことが可能であるとされている。
    この方法であれば地球が滅亡することなく、超常的な力を手に入れることができるという。。。

    アセンションは個人単位でも起こる?しかし、膨大な光の粒子と衝突するに等しいエネルギーを個人単位で生み出すことは容易ではない。
    そのため個人単位でのアセンションは誰にでもできるわけではなく、選ばれた一部の人間のみが到達できる領域であるとされているようだ・・・・・・・

    5次元によるオカルト課題の解決

    アセンションはスピリチュアル上の単なるひとつの考え方に過ぎず、科学的には全く根拠のない概念だ。しかし、アセンションの存在を認めることよって、これまで謎とされてきた超常現象の謎が解けるということもまた事実。

    次は、アセンションによって解決できる世界の超常現象をご紹介する。

    スピリチュアルの世界ではアセンションは個人単位で起きるともいわれていると先ほど説明したが、これらの現象は個人がアセンションを体験した実例だったのだろうか。

    ①デジャブ

    デジャブは既視感とも呼ばれ、知らないはずの場所や行動を何故かすでに知っているように感じる現象。デジャブの原因は脳の混乱であるとされているが、時空を超えた別の意識からの干渉がその原因であるともいわれている。アセンションが実在すると仮定するならば、それがデジャブを引き起こしていてもおかしくはないが。

    アセンションとデジャブ

    ②予知夢

    眠っているあいだに未来の出来事を体験する予知夢もアセンションによって説明することが可能。
    睡眠中に意識が未来の時空に到達していれば、それを予知夢として見ることが可能だから。

    アセンションと予知夢

    ③パラレルワールド

    パラレルワールドは私たちの世界と同じ次元に存在するとされる別の世界。
    世界にはパラレルワールドに干渉したと考えられる事例が数多く存在しているが、アセンションによって世界の境界線が曖昧になったと考えることも可能

    アセンションとパラレルワールド

    ④タイムスリップ

    時空を超越するアセンションであればタイムスリップしたとされる事例についても説明が可能になる。アセンションを意図的に起こす装置が存在すれば、それはタイムマシンと呼ばれるのかもしれない。

    アセンションとタイムスリップ

    アセンションはすでに起こっていた?

    メディアに注目された2012年にアセンションが起こらなかったため、世間一般ではアセンションは空想の一種であるとされるようになった。
    しかし、アセンションの影響を受けるとされた2000年代には、それ以前と比べると明らかな異常が見受けられるという意見も存在する。

    アセンションの影響事実、2000年代はそれ以前に比べて地震の発生回数が世界的に見ても著しく上昇している。
    また、火山活動も異常なほど活性化しており、自然災害の発生件数は4倍にも増加していることがわかっている。これらは単なる偶然?
    それとも私たちの知らないところでアセンションは起こっていたのだろうか?

    出典:wikipedia

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    次元上昇を意味する不思議な概念、アセンションについて紹介したよ。
    フォトンベルトやアセンションは果たして実在するのかな?

    アセンション

    次元上昇を意味する概念「アセンション」
    過去にメディアで取り上げられたことにより
    世間でもアセンションという言葉は広く知られるようになった。
    しかし、その意味はわかりにくく非常に抽象的と言わざるを得ない。

    今回はアセンションの原因やその影響、超常現象との関係などについて出来るだけわかりやすく
    記事を複数に別けてご紹介する。

    そして今回は結構スピリチュアルだ・・・

    アセンションとは?

    アセンションとは本来「上昇」を意味する言葉であり、スピリチュアルの世界で頻繁に使われる概念
    一般的にはあまり知られていない言葉だったが、2012年に地球規模での次元上昇が発生する可能性がメディアで取り上げられ、アセンションという言葉は広く知られるようになった。

    アセンションとはアセンションは一般的にあまり使われることのない「概念」であるため
    その内容は抽象的で非常にわかりにくいものになっている。
    ここではアセンションの発生方法から影響までをできるだけわかりやすくご紹介していく。

    アセンションの原因フォトンベルトとは?

    アセンションを理解するためには「フォトンベルト」というものの存在を知らなくてはならないらしい。
    宇宙には膨大な量の「光の粒子」が存在しているが、太陽系が存在する私たちの銀河には長大な光の粒子の帯が存在しているという説がある。これがフォトンベルト(光の粒子の帯)。

    フォトンベルトフォトンベルトはハレー彗星を発見したイギリスの天文学者エドムンド・ハレーが発見したといわれているが、現在では科学的根拠に乏しいとされ、その存在を疑問視する意見がほとんど。

    アセンションはどのように起きるのか?

    アセンションはこのフォトンベルトが地球に衝突することで発生するといわれている。
    太陽系は銀河の中を移動しているため、フォトンベルトが実在していると仮定すればいずれ両者は衝突することになる。

    アセンションはどのように起きるのか?膨大な光の粒子の塊であるフォトンベルトはとても強いエネルギーを帯びているといわれているため、スピリチュアルの世界ではその衝突時に「何か」が起こると考えられている。
    彼らはその起こり得る「何か」のことをアセンションと呼んでいる。

    物理的に見たアセンションの影響

    ここではアセンションが発生した際に起こるといわれている物理的な影響をご紹介する。
    フォトンベルトやアセンションは科学的に認められていないため、物理的と言っていいのかは分からないけど。

    ①地磁気の消滅

    アセンションが起こるとフォトンベルトに含まれる光の粒子の影響で、地球を取り巻く地磁気が消滅してしまうといわれている。これと同じことは過去の地球で何度も起こっており、地磁気を失った地球には宇宙から有害な宇宙線が降り注ぐことになった。

    地磁気の消滅これは地球全体を巨大な電子レンジにかけるようなものであり、オルドビス紀後期に起こった地磁気の消滅では全生物種のおよそ85%が絶滅した。
    もっともオルドビス紀に起こった大量絶滅の原因は太陽系近くの恒星が超新星爆発したことによる「ガンマ線バースト」であり、アセンションではない。

    ②機械文明の崩壊

    フォトンベルトに含まれる光の粒子に地磁気を消滅させるほどの影響力があると仮定すれば、すべての電子機器は使用不可能になり機械文明は完全にその機能を停止することになる。
    通信や交通は遮断され、人類は混乱の中で滅亡することになるかもしれない。

    機械文明の崩壊もっとも機械文明が維持できたとしても有害な宇宙線により人類が生き残ることはないといわれている。

    ③天変地異の発生

    地磁気の消滅は大地震や大津波などの天変地異を引き起こすといわれている。
    また、火山活動の活発化により巻き上げられた火山灰はやがて地球全体を覆い尽くし、氷河期のような状態にしてしまうかも知れない。地球は生物が暮らすには過酷すぎる死の星となってしまう。

    天変地異の発生現在の地球は生物が生きていく環境が整った奇跡の惑星であるといえる。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    次回「アセンション -次元上昇の原因と影響- Part2
    精神的に見たアセンションの影響
    などについて記事にする

    このページのトップヘ