ナスカの地上絵

世界最大のオーパーツともいわれる「ナスカの地上絵」
このナスカの地上絵は誰がいつ何のために描いたのだろう?
今回はナスカの地上絵の詳細と描き方、存在理由について特に有力とされている説をご紹介する

①ナスカの地上絵とは?

ナスカの地上絵とは、ペルー共和国の乾燥地帯に描かれている巨大な地上絵。
これらの絵は乾燥した地面の上の小石を取り除き、白い大地を露出させることで描かれている。
Nazca_colibri
ナスカの地上絵はあまりに巨大であることから地上から全貌を確認することはできず
飛行機などに乗ってある程度の高度に達しなければ何が描かれているか判断できない。
1939年にアメリカの考古学者ポール・コソックによって発見されて以降、新しい絵が次々に見つかっているが、このような絵が何故描かれたかは現在でも謎とされている。

②ナスカの地上絵の場所は?

ナスカの地上絵はペルー共和国のパンパ=コロラダと呼ばれる盆地に描かれている。
パンパ=コロラダはペルーの南海岸とアンデス山脈のあいだに位置しており、小石が地面を埋め尽くす乾燥地帯。
無題
この場所は年間を通して雨が少なく水はけも良い地層であったため、非常に長い期間ナスカの地上絵を保存することができた。
ナスカの地上絵を描いた人々はこのような場所の特性を活かし、後世にまでこれらの絵を残そうとした。

③ナスカの地上絵の種類は?

地上絵には動物が描かれているものが多く、その種類もサルやヒトなどの哺乳類から鳥類、爬虫類、魚類と多岐にわたる。
中には何の動物を描いているのか判断が難しいものもあるが、基本的には実在の生物がモデルであると考えられている。
ナスカの地上絵の種類
生物ではない模様や矢印のような絵に至っては700種類以上が確認されており、これらが何を意味していたのかは解明されていない。
ナスカの地上絵を構成する直線の数は1万を超えているといわれている。

④ナスカの地上絵の大きさは?

ナスカの地上絵の大きさは一定ではなく描かれるものによってそれぞれ違うが、どれも絵としては規格外の大きさ。
最も有名な「ハチドリ」は全長が96メートルと巨大で、同じく有名な「サル」の絵も55メートルを超えている。
ancient_civilizations_by_dannyriven-daq6dqn
最も大きな地上絵はペリカンのような鳥を描いたもので、全長は285メートルにも達した。
また、これらを構成する地上線の幅は最大で60センチメートルもある。
絵ではないが、人工的に描かれた矢印のような模様も確認されており、その長さは50キロメートルにも及ぶ巨大なもの。
このように巨大な絵や矢印は航空技術の存在しなかった当時の人々には全体像を把握することのできないものだった。

⑤ナスカの地上絵はいつ頃描かれたのか?

ナスカの地上線には絵を描くために用いたとみられる木棒が残されているものがある。
この木棒による年代測定の結果、ナスカの地上絵は今から1400年~2200年前頃のナスカ文化時代に描かれたことがわかっている。
Nazca_monkey
驚くことに地上に引かれた線でしかないナスカの地上絵は、数千年にわたって消えずに存在していたことになる。

Part2へ続く「ナスカの地上絵の描き方そして存在の意味 Part2