天狗

日本を代表する大妖怪「天狗」
この天狗には数多くの言い伝えと謎が存在している。

今回は天狗の種類と語り継がれる伝承、その正体とされる説をご紹介する。

天狗とは

天狗とは古くから日本に伝わる伝説上の妖怪またはUMA(未確認生物)
人間を魔の道に引きずり込むともいわれており、地域によっては神と同一視されることもある。

天狗とは天候を操るなど妖怪の中でも特に強い力を持つとされており、人々から恐れられる存在だった。
天狗は数ある妖怪の中でも最も有名なもののひとつといえる。

天狗の姿と種類

天狗は赤い顔面に長く伸びた鼻を持ち、山伏(やまぶし)の恰好をしているといわれている。
また、天狗には「大天狗」、「烏天狗(からすてんぐ)」、「木の葉天狗」という3つの種族が存在し、それぞれの姿は少しずつ異なる。
最も強い力を持つとされている大天狗は、他の天狗よりも体が大きく鼻も長いとされています。妖怪として上位に君臨する大天狗は巨大な鬼や人間に姿を変えることができるともいわれている。

天狗の姿と種類これに対して烏天狗は、その名の表す通りカラスのような顔と鋭いクチバシを持っている。
また、背中には翼があり自由自在に空を飛ぶことができるらしい。
天狗の中でも最下位に当たる木の葉天狗は、他の天狗と違い2メートルを超える鳥の姿であるとされている。木の葉天狗の姿は一般的な天狗のイメージからは程遠く、妖力を持つ鳥と呼んだ方が想像しやすいかも知れない。

天狗の名前の由来

もともと天狗という言葉は中国で「流れ星」を表す言葉だった。中国では隕石が大気圏に突入する際の空気との衝突音を犬に例える習慣があり、それが天狗という不思議な生物を生み出す元となった。
また、流れ星は災いの前兆であるとされていたことから、天狗は邪悪な存在であるというイメージが定着したといわれている。

天狗の名前の由来これらが海を渡って日本に伝わり、鼻の長い天狗という独自の伝承を生み出している。
その後、日本では流れ星ではなく雷が鳴る音を天狗の声だとする風習も生まれ、空に関係する妖怪として語り継がれることになった。

強力過ぎる天狗の団扇

天狗の中でも特に格の高い天狗は、奇数の羽でできた団扇を持っているとされている。
この団扇はそれ自体に強力な妖力を宿しており、火を噴いて山火事を起こしたり天候を操って嵐を起こすことができたという。

強力過ぎる天狗の団扇その他にも瞬間移動や人の心を操る力などもあり、妖怪が持つ武器の中でも最強といえる性能で天狗の団扇には退魔の力もあるとされており、それに由来して形の似ているヤツデの葉にも厄払いの効果があるといわれている。

天狗の鼻はなぜ長い?

天狗の鼻が長く描かれるようになったのは今から450年ほど前だと考えられている。
室町時代の絵師である狩野元信が残した「鞍馬大僧正坊図」には鼻の長い大天狗が描かれていた。
これが鼻の長い天狗を描いた最古の絵であるとされている。

天狗の鼻はなぜ長い?しかし、もっと以前から天狗の鼻は長いものだと伝承されていた可能性が高く、その由来は明らかになっていない。天狗を目撃したという記録も存在しているため、目撃者から鼻が長かったという証言があったのかも知れない。

さて、続いては天狗についての言い伝えを書いていこうと思うが、一旦この記事で区切りとさせて別記事で紹介しようと思う。
続きは「天狗の種類とその正体・今も語り継がれる大妖怪の伝説:Part2」こちらからどうぞ!