日本の未解決事件

警察の度重なる捜査にも関わらず、解決せずに迷宮入りする事件は数多く存在している――。
凶悪な事件を起こした犯人が私たちの側にいるかも知れないと思うと恐怖を覚えます。

今回は日本国内で起こった未解決事件を「12」の記事に別けてご紹介します。

②名古屋妊婦切り裂き事件

1988年3月18日、愛知県名古屋市で臨月の妊婦が自宅で殺害されるという猟奇殺人事件が起きた。
夫が帰宅するとまだ産まれていないはずの赤ちゃんの鳴き声が聞こえた。部屋には電気コードで首を絞め殺されている妻の死体があり、彼女は両手を縛られ腹部は大きく切り裂かれていた・・・
腹部から胎児は取り出され、代わりに電話の受話器とキャラクターの付いたキーホルダーが詰められていた。
胎児も数か所を切りつけられていたが、直ぐに病院に運ばれ一命を取り止めた。

名古屋妊婦切り裂き事件警察の捜査もむなしく犯人は特定できないまま2003年3月18日に時効が成立。
夫は最初警察に被疑者として疑われ、その後も世間から好奇の目に晒され続け、現在は子どもと一緒に国外に移住することになる。