“来訪者”は宇宙人ではなかった!

「重要メモ」には“空飛ぶ円盤”の9つの特徴が記されている。下記の通り。
 

fbiufodocument3.JPG
ufo1.pdfの「重要メモ」 「FBI」より

1. 搭乗員がいる円盤もあれば、リモートコントロールされている無人機の円盤もある。

2. “彼ら”のミッションは平和的なものであり、地球のどこかに腰を落ち着けて定住したいと考えている。

3. 彼ら“来訪者”は人間に似た姿をしているが、サイズが大きい巨人である。

4. 彼らは地球人の親戚ではなく、彼ら独自の別世界を起源とするエイリアンである。

5. 彼らの“出身地”は我々が知っている惑星のどれでもない。我々には知覚できないが、すでに地球を浸しているエーテル体の母星から来ている。

6. 我々の世界の振動率と濃密物質の環境に入り込むことで、彼らも円盤も自動的に物質化する。

7. 円盤はある種の放射エネルギー砲光線銃を装備しており、攻撃してくるどんな宇宙船でもいとも簡単に殲滅する。彼らはもちろん意のままにエーテル世界に戻ることができ、我々の追跡を逃れ視界から姿を消す。

8. 彼らの起源は宇宙空間にあるのではなく“Lokas”や“Talas”と呼ばれる世界に該当する。

9. おそらくラジオ無線では彼らと通信できないが、もし有効な信号システムが開発できればレーダーを使って交信できるかもしれない。
 

管理人:ニート神
からの長文

ここで指摘されている“空飛ぶ円盤”とその“搭乗員”は、意外なことに宇宙人ではないということ。
“エーテル世界”という別の次元から来ていて、僕たちの想像をはるかに越えた存在であり、攻撃したり排除したりするのはもってのほかということになる。
執筆者の意図としては、この後にこの“ガイドライン”を一般の人々にも知らせて、来るべき“未知との遭遇”に備えさせようと考えていたんだけど、望みに反してその後公開されることはなかった。
だけど、機密指定解除というかたちで現在、こうして一般の人の目にも触れられるようになったのは
皮肉というべきなのかな。
このufo1.pdfをはじめとする公開されたUFO機密文書の研究にも引き続き注目していきたいね。


P.S.
僕はこの世界でちゃんと生きています 
バサラ―の皆さんには、たくさん待たせてごめんね