超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    黒目の少女とは

    イギリスでのお話

    ある女性が、娘と一緒にバーチェス谷を歩いているとき、

    悲鳴のような声がしました。

    女性はビックリして声のした方へ駆け寄りました。

    そこには10歳いかないほどの少女が立っていました。

    少女は自分の目を両手で隠していました。

    『いまの悲鳴はあなた?大丈夫?』

    女性が声をかけると少女は両手を下げました。 

     

    black-eyed-child-cannock-chase

    『私が見たとき少女の眼は真っ黒だった。白目もなかったんです。』

    『私は自分の娘を抱きかかえて逃げました。振り返ると、そこにいた少女はいなかったんです』

    超常現象研究家のリー・ブリックレイ氏は

    女性が見たものは1980年代初めに何度か目撃されて話題になった

    『黒い目の少女』だったのではないかと話す。

    1980年初頭「黒い目の少女」ー情報ー 

    ewrtyufdrezfs

    1982年の夏、カノックチェースで当時16歳だった少女が

    黒い目の少女を目撃していました。

    小さな女の子が助けを求めるような叫び声がし、

    6歳くらいの女の子が走り去っていくのが見えたそうです。

    少女が女の子に追いつくと、女の子は振り返りました。

    やはり黒目だけで、白目は全くなかったそうです。

    女の子はそのまま黒い森へ駈け込んでいきました。

     
     ca540bf931fd936b

    これに似たような黒い目の少女を見たという人は、

    世界中にいるといいます。


    Lee-Brickley

    リー・ブリックレイ氏

    全文はこちら(英語):http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/chilling-sightings-black-eyed-child-4341525 




    ※下記レスポンシブ非対応すいません。 

    管理人:ニート神
    の感想

    暗い路地裏とか、暗い森で出逢ったら
    ちびりそう。

     

    コトリバコ ー情報ー

    maxresdefault

    管理人こと「Gamotan」が調べ得た情報を紹介します。

    コトリバコ(子取り箱)とは、呪具の類。


    元々コトリバコは、とある集落で過酷な迫害に抵抗する為に外部から持ち込まれた呪術を基に製作された呪いの小箱、即ちオートメーションで対象の家系を根絶やしにするシステムとして2chにて紹介されています。

    概要

    概要として水子の死体の一部などを細工箱のような小箱の中に入れて封をし、パズルや置物などともっともらしい嘘をついて殺したい人物の身近に置かせる。 


    但し、この呪いは呪詛の中でもかなり強力なものでありその呪いは製作者本人でさえも制御できず、下手をすれば自分たちさえ殺しかねないような危険な代物でした。
    (何年か経過したのちに村の子供がコトリバコの一つを知らずに持ち帰ってしまい、その日のうちに家の女子供が死に絶えている)


    時間が経過しても呪いは衰えず、更に呪いの性質上解体が出来ない、つまり一度リリースされた呪いはキャンセルが効かない為、神社や寺などで長い永い年月をかけて少しずつ清めることでしか呪いを薄めることはできなかったようですね。


    その製作法ゆえか女・子供を苦しんだ上で殺すという、まさに子孫を奪う「「“子獲り箱”」」

    なお、何人の水子の死体を使用するかによって呪いの強さが大きく変化し、一人から順に「イッポウ」「ニホウ」「サンポウ」「シホウ」「ゴホウ」「ロッポウ」「チッポウ(シッポウ)」「ハッカイ」という順番で強力になっていき、名前も変わっていく。 


    特に「ハッカイ」は非常に危険な代物であり、呪詛を伝えた人物が二度と作ってはならないと念を押した上で、対価として貰い受けている。 


    コトリバコは明治初期の隠岐騒動によって逃げてきたある人物が、その逃げた先の部落との契約のもとに作成されたとされています。


    要するに最悪の呪物の作り方を教える代わりに最初の一つをその人物によこせ!といった内容らしい。そして最初の呪物には8人の子供を犠牲にしなくてはいけなかった。

    その部落の場所は今でいう島根県あたりとされています。

    その村人達は庄屋を中心とした人々から悲惨な差別や迫害を受けていた、その差別のおかげで貧しいので間引きも頻繁に行われていた。
    迫害のため満足に仕事もできなかった。差別をする人達への恨みが募り続けていた。それを具現化する呪物の制作方法を手に入れた、それがコトリバコ・・・・。

    本当に存在するの? 

    コトリバコは、2chから発生したという見方が強いものの、日本の伝統技術の大半は中国由来の物や人を通して伝えられるケースが多く、それが後に独自の進化を遂げるパターンが多い。
    コトリバコの製造技術も例外ではなく、まさに中国由来の技術であるのは確かだとも言われています。

    コトリバコまたは類似する箱の製法もまた日本全国に広まっていますね、例えば『呪い箱』『畜生箱』『たたり箱』など。


    この辺の事も視野に入れ考えると、そもそもネットで騒がれるものの中には
    ネットて生み出されたものの中に紛れて、元々そのアーキタイプとなる逸話は既に実在していた
    つまりベースとなる実話が先ずありきでそこからネット媒体に話が拡散したものもあるかもしれませんね

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    コトリバコのベースとなったものに実際に呪術効果があったか否かは別として、当時の圧政に苦しむ者達の中から考え出された苦痛緩和の為のプロパガンダなのかもしれません。

    最後に個人的な話ですが、よくコメントに書いてくれる

    「オカルティック・ナイン」って何のこと?
    なんか、ブログのタイトルにしてもかっこよさそう!

    追記:アニメのことなのね。
    見てないけど・・・



     
     

    —誰も乗っていないはずの後部座席に少年の霊?(アメリカ)—

    フロリダ州メイトランドの通りで撮影された写真

    0_e6

    日本でもタレントのりゅうちぇるツイッターに投稿した画像に女性の顔のようなものが写り込んでいるとして話題となっていたが、これはアメリカ、フロリダ州での出来事だ。

    メリッサ・クルツ(48歳)さんは娘のハーパー(13歳)ちゃんを助手席に乗せ、美人コンテストの会場に車で向かっていたのだが、長い道中、ハーパーちゃんは退屈しのぎに車内で自撮りしていた。

    しかし、しばらくしてから写真を見てみると奇妙なものが写っていることに気がついた。車の後部座席には、いるはずのない幼い少年が写っているのだ。



    写真は今年7月、フロリダ州メイトランドの通りで撮られたものだ。その通りではちょうど1年前に交通事故で幼い子供が亡くなっていたという。


    10_e2

    写真を撮った場所で1年前に交通事故、少年が亡くなっていた

    「写真を撮影した場所ではちょうど1年前に交通事故が起きていました。調べてみたところ、救急ヘリで搬送された人がいたことが分かったんです。ですがそれ以上のことは聞き出せませんでした。犠牲となったのはおそらく子供だったのでしょうね。だから皆口をつぐんでしまうんでしょう」とクルツさん。

    「男の子に気がついたのは一ヶ月後のことでした。使いたい写真を撮りだそうとスマホのアルバムを調べていたところ、その写真を見てびっくりしました。心臓が止まるかと思った。すぐに友達のところに飛んで行って、一緒にいてちょうだいって頼みました」

    「世間にも公表すべきだと思いました。だって車の中には私たち2人以外誰もいなかったんですから。あの世があればと願う人は大勢いますけど、これがそれを証明してくれます……少なくとも私にはね。この事実に安心する人もいるんじゃないかしら」


    0_e6

    専門家の鑑定は「本物の心霊写真」

    彼女は複数の超常現象の専門家に鑑定を依頼している。その1人、超心理学者のグレッグ・ポチャは、FBIやCIAでも使用される装置を利用して、写真の男の子に”体温”があることを確認。本物の心霊写真の可能性があると説明している。

    彼によれば、霊魂は交通事故などで文字通り引き裂かれ、体から投げ出されてしまうと地縛霊として残ることがあるらしい。そうした場合、自分が死んだことに気がつくことができず、永遠に事故現場を彷徨うこともあるそうだ。


    少年の霊はシートベルトを締めるように警告しに来た

    これまで少年はピースサインをしていると思われていたが、彼の見解では、実はシートベルトを指差しているとのことだ。そのためどうやらシートベルトを締めるよう警告しているのではないかと考えられるという。それは男の子自身が命を落とした原因であるのかもしれない。

    撮影時、ハーパーちゃんはシートベルトをしておらず、それを見て自分と同じ目に遭わせるわけにはいかないと考えたのだろうか。


    7_e5
    クルツさん(右)と娘のハーパー(左)

    超常現象に遭遇しがちなハーパーちゃん

    実はハーパーちゃんのまわりでは、こうした超常現象がよく起こるという。写真の中にオーブらしき光が写り込むことも珍しくないのだという。クルツさんはハーパーちゃんにまつわる不思議なエピソードを話してくれた。

    「あの子が幼い頃に窓際で絵を描いていたんです。近寄って見てみると、それは天使ラファエルが悪魔のアスモデウスを地獄に落とす様子を表したものでした。ハーパーはそのときのエネルギーを感じ取ったんでしょうね。あの子、そういう力があって精霊が寄ってくるんですよ」

    ハーパーちゃんが力を集め超常現象を呼び寄せたとされるピンクの輪が写り込む写真

    8_e5


    クルツさんがハーパーちゃんを身ごもったのは、2003年に兄とその婚約者が交通事故で亡くなったときのことなのだそうだ。ハーパーちゃんの名前は亡くなった婚約者にちなんだものだったという。なお、当のハーパーちゃんは写真を見て、「あら、幽霊ね。それで?」と特に気にする様子もなかったそうだ。

    魔道書、ネクロノミコンを持ち微笑むハーパーちゃん

    11_e2
    via:'He came to warn us to wear seatbelts': Mother thinks ghostly boy sitting in the back of her car was a guardian angel/ translated hiroching / edited by parumo 

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    ピンクの輪っかの画像は「ハレーション現象」っぽいけど
    クトゥルフ好きか~、いい趣味を持っている・・・。




     

    =82=BD=82=B7=82=AF=82=C4

    フュアリー・ヘクラ海峡

    カナダのフュアリー・ヘクラ海峡の海底から正体不明のビーコン音が発生しており、それが原因で付近から野生動物の姿が消えてしまったとCBC Newsが報じている。

    ビーコン音が発生している場所は、狩猟や漁業が行なわれている地域だが、ビーコン音を嫌い、野生動物が近寄らなくなってしまったという。

    CBC Newsによると、原因の1つとして、鉱山採掘を行なうBaffinland Iron Minesがソナー調査用の機器を設置したのではとの憶測もあったが、同社は件の場所にはそのような機器を設置しておらず、水中用の機器も所有していないと否定しているという。

    別の憶測としては、捕鯨に反対するグリーンピースがイヌイットによる捕鯨を邪魔する目的で、鯨を驚かすためのソナーを設置したのではとの噂もあるが、確証はなく、グリーンピースも否定しているという。

    この報告を受けたカナダ軍も調査を開始しているほか、この音がカナダ軍の潜水艦によるものではないとしている。

    このページのトップヘ