超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のGamotanことニート神です! 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんにとって、有益な情報を提供したいと思い立ち上げました!! オカルトに縁がない方もオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもくださいつ。あとlineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって特になる記事があるとよいです。
    最近、風邪にはお気を付けください。

    =82=BD=82=B7=82=AF=82=C4

    フュアリー・ヘクラ海峡

    カナダのフュアリー・ヘクラ海峡の海底から正体不明のビーコン音が発生しており、それが原因で付近から野生動物の姿が消えてしまったとCBC Newsが報じている。

    ビーコン音が発生している場所は、狩猟や漁業が行なわれている地域だが、ビーコン音を嫌い、野生動物が近寄らなくなってしまったという。

    CBC Newsによると、原因の1つとして、鉱山採掘を行なうBaffinland Iron Minesがソナー調査用の機器を設置したのではとの憶測もあったが、同社は件の場所にはそのような機器を設置しておらず、水中用の機器も所有していないと否定しているという。

    別の憶測としては、捕鯨に反対するグリーンピースがイヌイットによる捕鯨を邪魔する目的で、鯨を驚かすためのソナーを設置したのではとの噂もあるが、確証はなく、グリーンピースも否定しているという。

    この報告を受けたカナダ軍も調査を開始しているほか、この音がカナダ軍の潜水艦によるものではないとしている。

    —世界一到達するのが困難な島「北センチネル島」について—

    北センチネル島の詳細  

    46b8fa88

    インド領アンダマン諸島中の島。
    インド洋東部・ベンガル湾内にあり、アンダマン諸島の南西部、南アンダマン島の西、約30kmに位置する。

    「北センチネル島」とは?

     
    島には先住民でありセンチネル語を話すセンチネル族(Sentinelese)が50ないし400名程度居住していると考えられている。

    彼らは現代文明を有さず、他民族との接触を拒否しており、アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

    先住民たちはいかなる理由であろうと、侵入者を拒み、矢で威嚇して決して寄せ付けない。

    センチネル族はいかなる部外者であろうと、侵入者を矢で威嚇する。多民族や文明との接点を拒み続ける彼らは未だ謎が多く、またアンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

    2004年のスマトラ島沖地震はまだ記憶にあたらしいと思うが、各国から救援のために物資輸送に訪れたヘリコプターに対し、矢を放っているというから驚きだ。

    スマトラ島沖地震では、北センチネル島自身も被害にあっているはずだが、彼らはいかなる救助も拒否し続けているため、被害の実態は明らかにされていない。
    救助ヘリに矢の狙いを付けるセンチネル族

    出典:NAVERまとめ

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    政府も介入できないブラックボックス民族、センチネル族。
    彼らと意思疎通できる日は来るのか…
     

     




    —リトアニアの「十字架の丘」について—

    十字架クリージュ・カァルナス)の詳細

    b3e39ab8

    「十字架の丘」とは、リトアニア北部の都市シャウレイから北方約12キロの地点に位置する、無数の十字架が立てられたカトリック教会の巡礼地のことである。
    この地に初めて十字架が立てられたのは、1830年から1831年頃にかけて、ポーランドとリトアニアにて発生した11月蜂起の後だと考えられており、現在では合計で約50,000個以上もの十字架が無造作に立てられている。
    2001年には、ユネスコの無形文化遺産において、「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」として掲載されており、現在ではリトアニアを代表する観光地の一つとして広く知られている。
    02198x

    「十字架の丘」とは?

    「十字架の丘」とは、リトアニア北部の都市シャウレイから北方約12キロの地点に位置する、無数の十字架が立てられたカトリック教会の巡礼地のことである。この「カトリック教会」とは、ローマ教皇を中心として全世界に約12億人以上もの信徒を有する、キリスト教では最大の教派のことである。

    この地に初めて十字架が立てられたのは、1830年から1831年頃にかけて、ポーランドとリトアニアにて発生した11月蜂起の後だと考えられている。この11月蜂起における、多くの犠牲者を追悼する目的から、この地に遺族が十字架を立てたことが始まりだとされている。

    現在では合計で約50,000個以上もの十字架が無造作に立てられており、この地を訪れる巡礼者によって数多くのイエス・キリストの像やマリア像、ロザリオなどが置かれたままとなっている。1993年9月7日には、教皇のヨハネ・パウロ2世がこの地を訪れており、この地が「希望と平和、愛、そして、多くの犠牲者のための場所」であると述べている。

    2001年には、ユネスコの無形文化遺産において、「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」として掲載されており、現在ではリトアニアを代表する観光地の一つとして広く知られている。またこの地には誰でも自由に出入りすることが可能となっており、好きな場所に十字架を立てることが許されている。



    参考画像

    201606010102

    201606010103

    201606010104

    201606010105

    201606010106

    201606010107

    201606010108

    201606010109

    201606010110

    201606010111

    201606010112

    201606010113

    関連動画



    管理人:ニート神
    からのひとこと

    初めて十字架の丘の写真を見たとき、すげぇ!!!!と思ったのと同時に
    Fate/stay night」のアンリミテッドブレイドワークスが浮かんだ。
    一度行って見たいですね。 

     
     

    どうも、gamotanことニート神です。こんばんは
    長らく記事更新しなくてごめんなさい(;´・ω・)汗
    少々風邪を引いてしまい記事を更新する気力がありませんでした。

    徐々に回復してきたので、明日から更新していけたらなと思います。
    楽しみにしていただいている方、🙇ごめんなさい。

    ここまで読んで下さった皆さんありがとうございました! 

    このページのトップヘ