超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    ナスカの地上絵

    世界最大のオーパーツともいわれる「ナスカの地上絵」
    このナスカの地上絵は誰がいつ何のために描いたのだろう?
    今回はナスカの地上絵の詳細と描き方、存在理由について特に有力とされている説をご紹介する

    ⑩ナスカの地上絵最大の謎!何のために描かれたのか?

    人が目にするにはナスカの地上絵はあまりにも巨大なものだ。
    では、古代ナスカの人々は一体何のために1000近い地上絵を描いたのだろう?

    ここではナスカの地上絵が描かれた理由として特に有名な説をご紹介する。

    カレンダー説

    ナスカの地上絵を構成する線には意図的に太陽の動きや季節の変化に合わせたと思われるものが存在することがわかっている。
    そのためナスカの地上絵は農業をするためのカレンダーとして描かれたのではないかという説が存在する。
    カレンダー説
    確かに地上線の中には夏至冬至の日没の方角や、雨季乾季の星の動きを表しているものが存在している。しかし、カレンダーを全長数百メートル規模で描く必要はないため、この説には疑問が残る。

    雨乞い説

    ナスカの地上絵は一筆書きで書かれているため、雨乞いの儀式の際に道路として使われたのではないかという説も存在する。
    ナスカ地方では昔から雨乞いの際に楽器を鳴らしながら道を歩くという習慣があり、この道がナスカの地上絵だった可能性があるという。
    20170807-00000019-wordleaf-0b29be5fc174db0795edfc124a63be3aa
    ナスカの地上絵の線付近では雨乞いの儀式に使用される貝殻の破片が見つかっている。
    そのため雨乞いの儀式のために巨大な地上絵を描いたのではないかという説が生まれた。

    食料管理システム説

    古代ナスカでは食料などの財産はすべて個人単位で管理されていた。
    そのため食料が流通するシステムがなく飢饉が起こりやすい状況だった。
    この問題を解決するために古代ナスカの権力者たちはナスカの地上絵の制作という公共事業を作ったのではないかという説。
    労働者に支給するという建前で国中の食料を回収し、管理することで国が飢饉によって全滅することを防いだ。
    食料管理システム説
    公共事業は長期にわたる必要があったため必要以上に巨大な地上絵を描く必要があった。
    しかし、100メートル規模の地上絵であっても先述した原画拡大法を使えば数十人で数時間もあれば完成してしまうため、長期的な公共事業になることはなかったのではという疑問が残る。

    権力者の葬式説

    ナスカではピラミッドが発見されていることから、ナスカの地上絵も権力者の埋葬のために描かれたのではないかとする説。古代ナスカで信仰された宗教では、人は死後に太陽に還るとされている。
    権力者の葬式説
    そのため死んだ権力者を太陽へ導くため、もしくは死者へ贈るメッセージとしてナスカの地上絵が描かれたのではないかと考えられている。
    古代ナスカでは宗教的傾向が強かったため、この説は特に有力であるとされている。

    宇宙人のマーキング説

    ナスカの地上絵は当時の人々が目視できないものであったため、古代の地球に到来した宇宙人によって描かれたのではないかとする説。
    ナスカの地上絵がUFO(未確認飛行物体)の発着場なのではないかという意見は古くから存在しているのは皆さんもご存知だろう。
    b72dfc2f0d9d9e69f5d6eb0a5cafb115-300x225
    宇宙人が地球を訪れた際にマーキングとしてナスカの地上絵を描いたと考えるならば、全長50キロメートルにもなる矢印や200メートル以上の地上絵の書き方がわからないことにも、一応説明は付くことには付くが・・・。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    最大のオーパーツであるナスカの地上絵についてご紹介したよ
    ナスカの地上絵とは単なる宗教的な遺物なのか?
    それとも宇宙人が地球に訪れた証拠だったのだろうか?
    地球にはまだまだロマンが溢れているね

    色々あった数か月
    更新遅れてホントごめんね!
    また更新するよ!










    ナスカの地上絵

    世界最大のオーパーツともいわれる「ナスカの地上絵」
    このナスカの地上絵は誰がいつ何のために描いたのだろう?
    今回はナスカの地上絵の詳細と描き方、存在理由について特に有力とされている説をご紹介する

    ⑥ナスカの地上絵は誰が描いたのか?

    ナスカの地上絵が描かれた年代から、これらの絵は当時のナスカ市周辺で栄えていたナスカ文化時代の人々が描いたのではないかといわれている。
    古代ナスカの人々は狩りや農業を行ない自給自足の生活をしており、宗教を非常に重んじていたことがわかる。
    Orca_mitica_nasca
    現地からはナスカ文化のものとみられる着色済みの土器が数多く出土しており、そのほとんどは地上絵と同じく動物をモチーフにしていた。
    この事実も彼らがナスカの地上絵を描いた証拠のひとつであるとされている。

    ⑦ナスカの地上絵の近くにはピラミッドも存在する?

    ナスカの地上絵が広がるパンパ=コロラダから南へ500メートルほど離れた砂漠地帯に30以上の巨大なピラミッドが存在していることがわかっている。
    この「ナスカのピラミッド」もナスカ文化時代の人々が建設したと考えられており、世界最古のピラミッドである可能性もあるといわれている。
    ナスカの地上絵-ピラミッド
    ナスカ文化では階級制度は存在したが、古代エジプトのように奴隷は存在していなかった。
    そのため30を超える巨大ピラミッドを一体どのようにして建設したのかは現在でも謎とされている。

    ⑧ナスカの地上絵の描き方は?

    ナスカ文化時代の人々はどのようにしてこのような巨大な絵を描くことができたのだろう?
    実はナスカの地上絵の描き方はいくつかの方法ですでに再現することができている。
    ここではナスカの地上絵の描き方についてご紹介する。

    種まき応用法

    ナスカでは現在でも地上絵の作成が行われており、その際に用いられる方法がこの「種まき応用法」。この方法では絵を描く際に複数の人間が横並びになって歩幅を合わせながら前進していく。
    そしてこの歩幅によって距離を測定しながら均等に地上絵を描いていく方法だ。
    種まき応用法
    この方法は全長50メートルほどの地上絵を手軽(?)に描くことができるがそれ以上大きな絵を描くことには適していない。
    50メートル以上の地上絵を描く際には次の「原画拡大法」が用いられたと考えられている。

    原画拡大法

    原画拡大法とは最初に地上絵のモデルとなる絵を描き、それを元にさらに大きな絵を描いていく方法。モデルの絵には支点となる木棒を打ち込み、拡大したい長さの紐と絵を描くためのもうひとつの木棒を取り付ける。これによってモデルの絵と全く同じ線を拡大して描くことが可能となる。原画拡大法
    現在ではこの原画拡大法によるナスカの地上絵の再現を算数の授業に取り入れている小学校もあり、この方法を用いれば子どもだけでも巨大な地上絵が描けることが証明されている。

    しかし、原画拡大法は紐を真っ直ぐ張った状態でなければ描写できないため、この方法によって描くことができる地上絵は最大でも200メートルが限界であると考えられている。
    200メートルを超える地上絵については現在でも詳しい描き方がわかっていない。

    ⑨ナスカの地上絵は消えないって本当?

    ナスカの地上絵は単なる地上に引かれた線であるにも関わらず、描かれてから1400年~2200年経過した現在でも消えずに存在し続けている。
    そのためナスカの地上絵はオカルト的な何らかの理由により消えないのではないかという噂もあるよう
    ナスカの地上絵は消えない
    先述したとおりナスカの地上絵は、雨が少なく水はけの良い地層の上に描かれたため、数千年の長きにわたって消えずに残ることができた。
    しかし、現実的な問題としてナスカの地上絵は日々消えていっていることがわかっている。

    1994年に世界遺産に登録されて以降、ナスカの地上絵には世界中から多くの観光客が訪れるようになった。歩行による絵の消耗を防ぐために観光客は特殊な靴を履くことが義務付けられている。
    しかし、このままではナスカの地上絵の保存は非常に困難であると言わざるを得ない状況だ。

    Part3へ続く「ナスカの地上絵の描き方そして存在の意味 Part3

    ナスカの地上絵

    世界最大のオーパーツともいわれる「ナスカの地上絵」
    このナスカの地上絵は誰がいつ何のために描いたのだろう?
    今回はナスカの地上絵の詳細と描き方、存在理由について特に有力とされている説をご紹介する

    ①ナスカの地上絵とは?

    ナスカの地上絵とは、ペルー共和国の乾燥地帯に描かれている巨大な地上絵。
    これらの絵は乾燥した地面の上の小石を取り除き、白い大地を露出させることで描かれている。
    Nazca_colibri
    ナスカの地上絵はあまりに巨大であることから地上から全貌を確認することはできず
    飛行機などに乗ってある程度の高度に達しなければ何が描かれているか判断できない。
    1939年にアメリカの考古学者ポール・コソックによって発見されて以降、新しい絵が次々に見つかっているが、このような絵が何故描かれたかは現在でも謎とされている。

    ②ナスカの地上絵の場所は?

    ナスカの地上絵はペルー共和国のパンパ=コロラダと呼ばれる盆地に描かれている。
    パンパ=コロラダはペルーの南海岸とアンデス山脈のあいだに位置しており、小石が地面を埋め尽くす乾燥地帯。
    無題
    この場所は年間を通して雨が少なく水はけも良い地層であったため、非常に長い期間ナスカの地上絵を保存することができた。
    ナスカの地上絵を描いた人々はこのような場所の特性を活かし、後世にまでこれらの絵を残そうとした。

    ③ナスカの地上絵の種類は?

    地上絵には動物が描かれているものが多く、その種類もサルやヒトなどの哺乳類から鳥類、爬虫類、魚類と多岐にわたる。
    中には何の動物を描いているのか判断が難しいものもあるが、基本的には実在の生物がモデルであると考えられている。
    ナスカの地上絵の種類
    生物ではない模様や矢印のような絵に至っては700種類以上が確認されており、これらが何を意味していたのかは解明されていない。
    ナスカの地上絵を構成する直線の数は1万を超えているといわれている。

    ④ナスカの地上絵の大きさは?

    ナスカの地上絵の大きさは一定ではなく描かれるものによってそれぞれ違うが、どれも絵としては規格外の大きさ。
    最も有名な「ハチドリ」は全長が96メートルと巨大で、同じく有名な「サル」の絵も55メートルを超えている。
    ancient_civilizations_by_dannyriven-daq6dqn
    最も大きな地上絵はペリカンのような鳥を描いたもので、全長は285メートルにも達した。
    また、これらを構成する地上線の幅は最大で60センチメートルもある。
    絵ではないが、人工的に描かれた矢印のような模様も確認されており、その長さは50キロメートルにも及ぶ巨大なもの。
    このように巨大な絵や矢印は航空技術の存在しなかった当時の人々には全体像を把握することのできないものだった。

    ⑤ナスカの地上絵はいつ頃描かれたのか?

    ナスカの地上線には絵を描くために用いたとみられる木棒が残されているものがある。
    この木棒による年代測定の結果、ナスカの地上絵は今から1400年~2200年前頃のナスカ文化時代に描かれたことがわかっている。
    Nazca_monkey
    驚くことに地上に引かれた線でしかないナスカの地上絵は、数千年にわたって消えずに存在していたことになる。

    Part2へ続く「ナスカの地上絵の描き方そして存在の意味 Part2

    神隠し

    ある日、突然人が姿を消してしまう現象「神隠し」
    警察の発表では日本の行方不明者は毎年8万人を超える。
    今回は神隠しの事例と原因を事件と超常現象の目線からご紹介する。
    神隠し

    神隠しの意味

    神隠しとは、人が何の前触れもなく突然姿を消すことを指す言葉。
    あまりに不自然な現象であることから神様や物の怪の仕業ではないかとされ「神隠し」と呼ばれるようになった。現代では単に行方不明事件や失踪事件に対しても使われることもある。
    あまり知られていないが「天狗隠し」という呼び方も存在する。
    神隠しとは
    神隠しは失踪者が行方不明になる場所が、その土地で神域とされていた山や森であった為、神の仕業とされるようになったという。
    この神は山の神、森の神以外にも天狗、鬼などの物の怪とされることも多かった。
    また、神隠しには遭いやすい人間とそうでない人間がいるとされており、知的障害者や神経質な子ども、産後の女性や精神的に不安定な者が遭いやすいとされている。

    神隠しの事件・事例・スポット

    日本には神隠しとされている不思議な事件や、それが起こるとされる場所がいくつか存在する。
    ここでは神隠しの事件や事例、スポットをご紹介しよう。

    ①八幡の藪知らず

    八幡の藪知らずとは、千葉県市川市に在る森の呼び名で、古くから「足を踏み入れると二度と戻っては来られない」と呼ばれる神隠しスポット。
    八幡の藪知らずの神隠し伝説は江戸時代から存在し、近隣住民は現在でも立ち入ることを禁じている。
    八幡の藪知らず

    ②赤城神社の神隠し

    1998年、千葉県の主婦志塚法子さんが家族と赤城神社に訪れそのまま行方不明になるという事件が起きた。
    雨天のため家族は車に留まっていたが、法子さんは「せっかくだからお賽銭をあげてくる。」と言い残し一人で神社に向かった。
    その後、娘が何故か境内とは別方向でたたずむ法子さんの姿を目にしているが、これを最後に彼女は消息を絶ってしまう。
    赤城神社 神隠し
    戻らない法子さんを心配した家族が警察に通報し、100人体制での捜索が行われたが、結局彼女が見つかることはなかった。
    山道は綺麗に整理されていたため崖などの危険な場所に迷い込むことも考えにくく、不審な人物の目撃情報もなかったという。法子さんは一体どこへ行ってしまった?

    ③松岡伸矢くん行方不明事件

    松岡伸矢くん行方不明事件は、1989年に徳島県貞光町で起こった幼児の失踪事件。
    当時4歳だった松岡伸矢くんは家族に連れられて徳島県の親戚宅を訪れた。
    翌朝、父親が伸矢くんと当時2歳の弟、従兄弟の子どもの4人で散歩に出かける。
    松岡伸矢くん行方不明事件
    朝食を済ませていなかったため散歩は10分ほどで切り上げられ、家の玄関に戻ったときには、父親は伸矢くんの姿を確認している。しかし、弟を預けるために家にあがり玄関に戻ると伸矢くんの姿はどこにもなかった。父親が目を離したわずか40秒ほどの出来事だ。
    その後、警察により200人が動員され3ヵ月に及ぶ捜索が行われたが、結局伸矢くんを見つけることはできなかった。
    現場は近隣に家はなく、外部からの出入りがほとんどない場所だった。また、不審な車なども目撃されていない。

    ④石井舞ちゃん行方不明事件

    石井舞ちゃん行方不明事件は、1991年に福島県船引町で当時7歳の石井舞ちゃんが行方不明になった事件。自宅でしかも深夜に姿を消したことから奇妙な失踪事件として知られている。
    事件当日、舞ちゃんの家には祖父母、父母、二人の兄弟に加え、父親の姪とその恋人、母親の友人の子ども二人が泊りに来ていた。
    舞ちゃんは母親の友人の子どもたちと一緒に寝ていたが、深夜に子どもたちが目を覚ますと舞ちゃんの姿が消えていた。
    石井舞ちゃん行方不明事件
    祖父母が深夜に姪の恋人がいなかったことを確認していたため、恋人である20歳の男性が警察から取り調べを受けることになる。しかし、男性は友人に会うためにタクシーに乗って出かけていたと証言し、その言葉のとおり彼を乗せたというタクシー運転手も確認され罪に問われることはなかった。
    警察の捜査で自宅の周りには関係者以外の足跡は発見できなかった。

    ⑤北海道室蘭女子高生失踪事件

    北海道室蘭女子高生失踪事件は、2001年に北海道室蘭市で当時16歳の千田麻未さんが行方不明になった事件。その日、麻未さんはバイト先の講習を受けるためにバスに乗って出かけた。
    しかし、何故か麻未さんは降りるはずのバス停では下車しておらず、3つ先のバス停付近で学校の同級生と挨拶を交わしている。
    その後、近くのショッピングモールの化粧品コーナーで買い物をする麻未さんが監視カメラに映っている。
    北海道室蘭女子高生失踪事件
    ショッピングモールを出た後に麻未さんは恋人と携帯電話で話をしており、バイト先のパン屋がある繁華街にいると伝えたそう。
    麻未さんは「いま話せないからあとでかけなおす」と言って電話を切りその後行方がわからなくなる。
    警察は麻未さんに最後に会っていたと思われるバイト先の店長を取り調べたが、店長の男は彼女は結局店には来なかったと証言した。
    男の自宅と店舗の両方が調査されたが、事件に結びつくものは発見されず事件は未解決のまま今でも麻未さんの行方はわかっていない。

    ⑥タケノコ掘り行方不明事件

    2005年、香川県坂出市の竹林でタケノコ掘りをしていた当時5歳の大西有紀ちゃんが行方不明になった事件。有紀ちゃんは母親と小三の姉と一緒にタケノコ堀りに参加していたが、「もう一本取ってくる。」と言って竹林に入ったまま姿を消えた。
    有紀ちゃんの姿が見えないことに気付いた母親はすぐに参加者と周囲を探索し警察に通報する。
    タケノコ掘り行方不明事件
    警察の捜索もむなしく有紀ちゃんが見つかることはなかった。
    当初は近くの池に落ちたのではないかといわれていたが、池の水を抜いても有紀ちゃんは発見されなかった。警察犬を使った捜索では4頭の犬すべてが同じ場所で動きを止め、車で連れ去られたのと同じ反応を示した。
    しかし、その場所は竹林にできた僅かな空間で、車両が侵入できる場所ではなかった。
    有紀ちゃんは一体どこへ行ってしまった?

    ⑦坪野鉱泉女性失踪事件

    坪野鉱泉は富山県魚津市にある倒産した旅館の廃墟。
    1996年にここで肝試しをしたと思われる女性2名が行方不明になっており、有名な心霊・神隠しスポットとして知られている。行方不明になった女性二人は家族に肝試しに行くと伝えて出かけた切り連絡が取れなくなる。警察の捜査もむなしく現在も二人は見つかっていない。
    坪野鉱泉女性失踪事件

    神隠しの真相と考えられる原因

    古来より神隠しとされてきた現象の正体とは何だろう?
    次は、神隠しの原因として上げられる有名な説をご紹介する。

    ①家出・迷子説

    失踪と聞いて警察が最初に考えるのが家出だという。
    事実、神隠しに遭ったといわれていた人が後から戻ってくる事例も存在する。
    また、単なる迷子であったということも考えられる。
    しかし、家出をするには幼過ぎる子どもが行方不明になっているケースも多く、迷子や事故であれば見つかるはずの姿を確認できないのが神隠しの不思議で厄介なところである。

    神隠し 家出

    ②誘拐・拉致説

    神隠しに遭った人は家族や警察が捜索しているのにも関わらず姿を確認できないことから誘拐や拉致などの事件に遭ったのではないかとする説。
    家出ではない失踪があった場合、警察は事件も視野に捜査を開始する。
    現在では神隠しとされる事件の多くは誘拐や拉致によるものだとされている。
    しかし、松岡伸矢くん行方不明事件のように不審人物が目撃されていない事例も確かに存在する。
    神隠し 拉致 誘拐

    ③殺人事件説

    誘拐や拉致と同じく被害者を発見できないことから殺人事件に巻き込まれ死体を犯人が隠したとする説これも現在では有力な説とされている。しかし、やはり外部との接触が考えにくいタケノコ掘り行方不明事件などではこれを当てはめるには不自然過ぎる。
    神隠し 殺人事件

    ④間引き説

    日本では古来から「姥捨て」などの家族の間引きが行われてきた歴史がある。
    そのため、神隠しといわれる事例もこれらの風習を隠すために生まれたという説がある。
    神隠しに遭いやすいとされていたのは障害者や問題のある子どもなど社会的弱者や社会不適合者だったとされている。
    しかし、近代ではこのような習慣が残っているとは考えにくく、何かしらの事件に巻き込まれたと考えるのが普通だと思われる。
    神隠し 間引き

    ⑤異次元移動説

    最後にキリキリバサラらしくオカルト的な目線で神隠しの原因を考えてみたいと思う。
    神隠しの多くはおそらく誘拐や殺人などの人為的なものだと思われる。
    しかし、神隠しの中にはどう考えても突然消えたとしか思えない事例が存在することも確か。
    それらの原因としてよく語られるのが異次元移動説。
    神隠し 異次元
    世界ではタイムスリップやテレポートなど時代や空間を移動したとしか考えられない超常現象が報告されている。神隠しもこれらと同じで異次元を通って別世界や別の時代に移動したものだとする説。
    UMAなどの未確認生物は異次元から逆にこちらの世界にやってきた生物なのではないかという話もあるが・・・。神隠し異次元移動説、反論したいが、可能性は限りなくゼロではない。

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    神隠しにあったとされている消えてしまった人々・・・
    彼らは一体どこへ消えた?







    死海文書 後編

    死海周辺で発見される最古の聖書写本「死海文書」
    この死海文書には旧約聖書にはない予言が記述されているという。

    今回は死海文書について、発見の経緯とその内容、旧約聖書には無い奇妙な予言などをご紹介する

    死海文書には予言が記されている?

    死海文書には旧約聖書に記されていない予言が存在している。
    そのためこの「失われた予言」はオカルト界隈で都市伝説と化し、死海文書の人気を支える理由にもなっている。

    ここでは死海文書に記されているとされる予言の中から特に有名なものをご紹介する。

    ①イスラエルの破滅

    死海文書には「イスラエルが国家として立ち上がるも70年にわたって長い混乱に見舞われる」という予言が存在します。さらにその混乱の最後には破滅が待っているとされている。
    イスラエルの破滅
    イスラエルは1948年に建国されて以降、様々な問題を抱えてきた。
    イスラエル国における中東問題などを考えれば、この予言が当たっているようにも感じられるが偶然と言われればそれまでの話だ。

    そして、予言にある70年後の節目の年は来年の2018年に当たる。
    死海文書による予言のとおりイスラエル国は破滅することになるのだろうか?

    ②光と闇の最終戦争

    死海文書の中には「光の子と闇の子のあいだに最後の戦いが生じ世界が崩壊する」という予言も存在する。その内容は以下のようなもの。

    神に寄り添う者には栄光が訪れ、サタンに寄り添う者には絶え間ない破壊が訪れる

    光の子も闇の子も天使と共に戦うが、神は光の子に微笑むだろう
    光と闇の最終戦争
    これらの予言は近年勃発が懸念される核戦争に対する予言なのではないかとして、オカルト界隈で騒がれているよう。果たして核戦争は起こってしまうのか?(最近だと核といえば北朝鮮だね。)

    ③日本人メシア(救世主の意)の誕生

    先述した光と闇の戦争において死海文書には「光と闇の両軍にそれぞれのメシア(救世主)が誕生する」という予言も存在する。
    そして、このメシアの一人が日本人から誕生するのではないかという噂がある。
    日本人-メシア
    日本語の語源はヘブライ語であるという研究結果があることから、日本人とユダヤ人は祖先が同じであると考えられている。
    また、死海文書には「メシアは聖書を知らない東の国から現れる」という記述があり、聖書の影響が少ない日本はこれに一致するという。

    果たして本当に日本からメシアが誕生するのだろうか?
    そして、全てが真実と仮定するならば、日本は光と闇の戦争においてどのような関わり方をすることになるのか?

    死海文書の謎とは?

    死海文書は2000年の時を経ても現在にその原型を留めており、その防腐処理は現在でも謎とされている。環境変化に乏しい洞窟に隠されていたことを考えても、これだけ保存状態が良いことは驚異的だからだという。
    死海文書-謎
    最初に死海文書を買い取ったシリア正教会の大主教アタナシウスは、この古書に施された防腐処理に疑問を持った。
    それは、彼が知っているどの方法にも該当しなかったから。
    アタナシウスが死海文書の切れ端を燃やすと、嗅いだことのない奇妙な臭いが立ち込めたという。

    死海文書の防腐処理については解読の段階でも調査されたが、最新の科学調査を行なっても結局謎のままだった。2000年前の人々は私たちの知らない独自の防腐処理技術を持っていたのだろう?

    管理人:ニート神
    からのひとこと

    旧約聖書にない予言が残されている死海文書について紹介したよ
    そもそもこれらの聖書は何を根拠に創られたものなんだろう?
    また、どうしてこれほどまで長く長く語り継がれているのだろう?
    予言など真実は置いておいて
    地球にはまだまだロマンが溢れているね





    死海文書 前編

    死海周辺で発見される最古の聖書写本「死海文書」
    この死海文書には旧約聖書にはない予言が記述されているという。

    今回は死海文書について、発見の経緯とその内容、旧約聖書には無い奇妙な予言などをご紹介する

    死海文書とは何か?

    死海文書とは、アラビア半島北西に位置する湖「死海(しかい)」の周辺から発見される古書の総称。旧約聖書など聖書に関連する記述が施されており、これまで発見された死海文書の数はなんと900を超える。
    死海文書-いつ
    これは死海文書が環境変化に乏しい洞窟内に保存されていたことが原因であると考えられている。
    仮に死海文書が洞窟以外の場所に隠されていたとしたならば、2000年の時を超えて人類の目に触れることはほぼなかったと言えよう。

    死海文書と洞窟の関係とは?

    これまで発見された死海文書は基本的に死海周辺に位置する洞窟の中から発見されている。
    死海周辺には100を超える洞窟が存在しているが、死海文書が発見された洞窟はその内の11洞のみ。
    死海文書-洞窟
    今から1950年ほど前の現地ではユダヤ人同士の激しい戦争が行われており、この戦いから死海文書を守るために安全な洞窟に隠されたのではないかと考えられている。

    死海文書は誰によって書かれたのか?

    死海文書が誰によって書かれたかについては諸説あるが、現在ではユダヤ教のグループ「エッセネ派」のメンバーが書いたとするのが一般的らしい。
    エッセネ派はさらにいくつかのグループに分かれていたが、その中のクムラン教団という団体が死海文書を作成したのではないかといわれている。
    死海文書-誰
    死海文書に記述されている宗教観の多くはエッセネ派のものと酷似しており、当時の死海周辺にはエッセネ派のグループが存在したという記録が残っている。
    また、クムラン教団に縁のあるヒルベト・クムラン遺跡には一切の古書が発見されていないにも関わらず、インクを入れていたとみられる壺も発見されている。
    これらのことからクムラン教団が死海文書を作成し、洞窟に隠したのだと考えられるようになったという。

    死海文書の解読が遅れた理由は?

    死海文書は現在ではすでに存在しない古代ヘブライ語で記述されている。
    また、比較的保存状態が良いとはいえ、2000年近く前の古書であるため箇所によっては損傷が激しく、肉眼での解析も困難を極めた。
    死海文書-解読
    しかし、赤外線を用いた特殊なカメラを使用することで少しずつ解析が進み
    2009年にはそのほとんどが解読されるに至った。
    死海文書は現在デジタル化して公開されているため、世界中の誰でも読むことが可能。
    死海文書 閲覧ページ

    気になる死海文書の内容は?

    死海文書の主な内容はユダヤ教の聖書(旧約聖書)、聖書の外典と偽典、教団文書の3つ。
    これにより死海文書はそれまで知られていた物よりも1000年近く時代を遡る「「最古の聖書写本」」であることが判明した。
    死海文書-内容
    また、後の世に伝わっている旧約聖書は死海文書の時代からほとんど編集されずに引き継がれていることもわかっている。
    それにも関わらず死海文書には後世に伝わっていない謎の記述も存在しており、これがキリスト教の新たな真実を知る鍵になるのではないかと期待されている。

    管理人:ニート神
    からのひとこと 

    SF系の記事書くと言っていたけど、こっち先に書くね
    続きは今日中に更新します

    このページのトップヘ