超常科学 -キリキリバサラ-

はじめまして、管理人のニート神です。 「超常科学キリキリバサラ」ではオカルト好きな皆さんに有益な情報を提供したいと思い立ち上げました。 オカルトに縁がない方も、これからオカルトが好きになってくれるような記事をまとめ、書いていきたいです! よければコメントもよろしくお願いします。lineで購読できます。

    訪問ありがとうございます。オカルト好きな方にとって有益な記事があると良いです。
    寒くなりました、風邪には十分お気を付けください。

    —北欧神話の伝説の神器「ダーインスレイブ」について—

    ダーインスレイブの詳細


     皆さんは、北欧神話をご存知ですか??

    北欧神話とは、名前の通り北欧で言い伝えられている神話のことです。
    詳しく説明すると、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。
    スカンディナビア神話とも呼ばれている。
    ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる(wiki参照)


     そんな北欧神話に登場する「ダーインスレイブ」という伝説の神器について紹介していきたいと思います!

    ダーインスレイブ
     adv_chara5828


    ダーインスレイヴとは、北欧の伝承に登場する魔剣
     

    一度鞘から抜いてしまうと、生き血を浴びて完全に吸うまで鞘に納まらないといわれた魔剣の代表格。
     

    その名前は「ダーインの遺産」という意味である。ダーインとはドヴェルグ。即ちドワーフの一人です。
    この剣はかつて『ニーベルングの歌』に登場するファフニールの宝物の中にあったもの 

    ダーインスレイヴは『スノッリのエッダ』の『詩語法』に登場し、ヘグニが持っているとされる。



    Hogne answered: Too late do you offer to make peace with me, for now I have drawn the sword Dainsleif, which was smithied by the dwarfs, and must be the death of a man whenever it is drawn; its blows never miss the mark, and the wounds made by it never heal.ヘグニはこう答えた。「おまえが和解を求めるにしても、もはや遅すぎる。私がもうダーインスレイヴを抜いてしまったからだ。この剣はドウェルグたちによって鍛えられ、ひとたび抜かれれば必ず誰かを死に追いやる。その一閃は的をあやまたず、また決して癒えぬ傷を残すのだ。」
    ウィキソース英語版 - Prose Edda/Skáldskaparmál19:37, 25 July 2006 (UTC) の版より引用)
     


    なお、ヘジンとヘグニの争い(ヒャズニングの戦い)は『セルリの話』にも描かれているが、こちらの話ではこの名前は登場しない。



    一般の人からすれば何だろうと思うこの剣ですが、特定の界隈では非常に有名な剣。
    このタイプの人を殺さないと鞘に戻らないという武器は世界でも多く見られ、ティルヴィングや村雨など有名なものが多いです。
    そしてたいていがバッドエンドやそれに近しいオチ。
    まあ、呪われた魔剣やら妖刀やらが、幸せなんて運んでくれるはずもないので当然といえば当然

    このダーインスレイヴですが、創作作品などでは終わりを齎すもの、的な感じで高位の魔剣扱いされることが多いです。
    人を斬り殺すことに特化しているため、強力な魔剣ではあるでしょうが、別に終末を齎す剣とかではないということですね。
     

    皆さん、こんにちは。Gamotanです。
    毎日、訪問してくださってありがとうございます。
    とてもやる気が出ます。Thanks!!

    実は、ブログというサービスを利用したことは今までなくて、この二か月くらいで初めてブログというものをやってみようと思い始めました。 
    今もですが、全然勝手がわからずとても頭を抱えています(レイアウトやデザイン面で・・・)

    あと、記事に関しても最近はオカルトからずれてきている・・・気もしてます。
    記事に取り上げた神や伝説の武器などの記事は純粋に自分の趣味で書いてしまいました(ブログってそういうものなのかな)

    少しずつ話題のオカルトニュースや過去話題になったネタを仕入れて記事にしていけたらな。と思いますです。

    最後によろしければ、「これを記事に取り上げてほしいな~」などありましたら、ぜひコメント欄にコメントしていってください。99%の確率で記事にさせて頂きます。

    LINEでも、ブログ内、右下にある「LINEで読者になる」をタップ(クリック)してもらいますと、ブログが更新されたときに自動的にトークを送らせて頂いておりますので、よろしければぜひ利用してみてください!!


    ここまで読んでくれてありがとうございました!

    めっちゃ寒いので風邪には要注意!!

    —北欧神話の伝説の神器「グングニル」について—

    グングニルの詳細


     皆さんは、北欧神話をご存知ですか??

    北欧神話とは、名前の通り北欧で言い伝えられている神話のことです。
    詳しく説明すると、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。
    スカンディナビア神話とも呼ばれている。
    ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる(wiki参照)


     そんな北欧神話に登場する「グングニル」という伝説の神器について紹介していきたいと思います!

    グングニル
     Æsir-Vanir_war_by_Frølich

    グングニルは、北欧神話の主神オーディンが持つ。日本語ではグングニールと表記されていることが多い。
    その名は
    古ノルド語で剣戟の響きの擬音を意味する

    ドヴェルグ(ドワーフのこと)の鍛冶イーヴァルディイーヴァルディは鍛冶屋であり、その息子たちによってシヴの髪、スキーズブラズニルグングニル、といった神器が作り出されたという)の息子達によって作り出され

    に品定めされた後、オーディンへ渡された。 


    この槍は決して的を射損なうことなく、敵を貫いた後は自動的に持ち主の手もとに戻る
    また、この槍を向けた軍勢には必ず勝利をもたらす
     

    グングニルの穂先はしばしばルーン文字ゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系で、音素文字の一種)が記される場所の1つとされている。

     

    柄はトネリコ落葉樹で日本でも原産地、バットや建築資材などに使用されているみたい)で作られているとされる。
    またある再話(神話を子供などに分かりやすく書き直されたもの)では、オーディンがミーミルの泉
    北欧神話に登場する)の水を飲んで知識を得た記念として、泉の上にまで伸びていたユグドラシル北欧神話に登場する1本の架空世界を体現する巨大な木であり、アースガルズミズガルズヨトゥンヘイムヘルヘイムなどの九つの世界が集約されている)の枝を折ってグングニルを作ったともされている。

     

    古エッダの『巫女の予言』や『フンディング殺しのヘルギの歌IIサガの『ヴォルスンガ・サガ』などでも、槍の名前こそ明らかにされていないものの、オーディンが持つ槍について言及されてる
     

    巫女の予言』では、ヴァン神族豊穣と平和をつかさどる。ニョルズ、フレイ、フレイヤが所属していた神族である。)との争いで、オーディンが槍を投げつける場面がある。

    ただし、この事件はグングニルが作られる以前とされる。


    みんな大好きグングニールでした。


    —北欧神話の伝説の神器「グラム」について—

    グラムの詳細


     皆さんは、北欧神話をご存知ですか??

    北欧神話とは、名前の通り北欧で言い伝えられている神話のことです。
    詳しく説明すると、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。
    スカンディナビア神話とも呼ばれている。
    ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる(wiki参照)


     そんな北欧神話に登場する「グラム」という伝説の神器について紹介していきたいと思います。

    グラム
    5385677_p0

    北欧神話における最大の英雄の一人・
    シグルド(ジークフリート)の愛。 
    その名は「怒り」を意味する。 
      

    もともとは彼の父シグムントの剣。 
    主神オーディンが人間の中から自らの財宝の後継者を選定すべく、ヴォルスンガ族の宴会に現れ、この剣をリンゴの木に突き立てて「抜いて見せろ」と言う。
    多くの屈強な戦士が挑戦するも叶わず、シグムントがこれを引き抜いて己のものとした。

    以後、オーディンと
    ノルン三女神の加護を受けたこの剣により、シグムントは数々の戦に勝利し、奪われた国と王位を取り戻すことに成功する。 

    しかしシグムントが双子隠し子を儲けていたことが発覚し、そのことでオーディンの怒りを買ってしまう。
    そして第二王妃ヒョルディースを巡る義子との諍いの最中にオーディンが現れ、剣を折られてしまった。

    老齢に加え、剣の加護を無くして命運尽きたシグムントは、折れた剣をヒョルディースに託し、
    「その剣から新たな剣(=グラム)が生まれるだろう」と言い残して息を引き取った。 

    時を経て、息子シグルドが魔竜ファフニール(の詳細をブログで紹介していますのでこちらからよければどうぞを倒すべく優秀な剣を模索している中で、父が遺した折れたグラムに目を付けてこれを鍛え直し、復活することとなる。 


    その切れ味は、水にさらすと上流から流れてきた一筋の毛が絡みつかずに真っ二つに断たれるほどといわれ、さらに鍛え直された時には金床の石を砕き、ファフニールの鋼の鱗を斬り伏せるなど、凄まじい切れ味と破壊力を誇る。 

    ファフニール退治以降はシグルドの愛剣となり、彼の戦いを支え続けたとされる。 
    シグルド最期のときも、彼を殺した刺客に投擲され、その体を腰から真っ二つに切断している。
     

    シグルズの死後は、彼と一緒に埋葬された。 


    —北欧神話の伝説の神器「ティルヴィング」について—

    ティルヴィングの詳細


     皆さんは、北欧神話をご存知ですか??

    北欧神話とは、名前の通り北欧で言い伝えられている神話のことです。
    詳しく説明すると、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。
    スカンディナビア神話とも呼ばれている。
    ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる(wiki参照)


     そんな北欧神話に登場する「ティルヴィング」という伝説の神器について紹介していきたいと思います。

    ティルヴィング
    King_Svafrlame_Secures_the_Sword_Tyrfing

    ティルヴィングは北欧神話古エッダサガに登場する魔剣
     

    オーディンの血を引く王、スウァフルラーメがドヴァリン、ドゥリンという二人のドヴェルグ(ドワーフのこと。人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族)を捕らえ、命を救うのと引き換えに黄金の柄で錆びることなく、鉄をも容易く切り、狙ったものは外さない剣を作るように命じた。

     

    ドヴェルグたちはこの要求を飲み剣を鍛えた。
    しかし彼らは去り際に、この剣が「悪しき望みを3度は叶える」が「持ち主にも破滅をもたらす呪い」をかけたことを明かし、岩の中へ逃げ込んだ。
     

    その後、スウァフルラーメはティルヴィングを帯びて戦場におもむき勝利した。

    ティルフィングによって様々な戦功をあげたスヴァフルラーメでしたが
    侵略者アルングリムと戦ったときに、侵略者アルングリムの盾に剣が滑り落ちてしまい、それを拾われて命を落としました。
     

    その後アルングリムはスヴァフルラーメの娘ユウフラを娶り、自らが王となりました…。

    その後アルングリムの息子アンガンチュールに受け継がれたが持ち主や近親者がこの剣により死んだ。

    なんとも、数奇な人生だ。 


     

    —北欧神話:財宝を守る「ファフニール」について—

    ファーブニルの詳細


     皆さんは、北欧神話をご存知ですか??

    北欧神話とは、名前の通り北欧で言い伝えられている神話のことです。
    詳しく説明すると、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。
    スカンディナビア神話とも呼ばれている。
    ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる(wiki参照)


     そんな北欧神話に登場する「ファーブニル」という怪物について紹介していきたいと思います。

    初めて読む方は、意味の分からない単語がいくつも登場すると思いますが、以前の投稿記事(フェンリル、ヨルムンガンド、ヘルについての記事)を読んで頂くといくつかの単語は理解できると思いますので、よければこちらからどうぞ!(北欧神話の三大魔物「大狼:フェンリル」 - キリキリバサラ 北欧神話の三大魔物「ミズガルズの大蛇:ヨルムンガンド」 - キリキリバサラ北欧神話の三大魔物「ヘルヘイムの支配者:ヘル」 - キリキリバサラ


    ファーブニル(「抱擁するもの」の意)
    Ring41
    北欧神話及びドイツ北部のゲルマン神話等に登場するドワーフ(または人間)

    ワーム
    (日本語では-ドラゴン もしくは)に変身する
    日本では英語・現代ドイツ語の読み方であるファフナー、ファーフナーなどが用いられることもあるほか、
    舞台ドイツ語風のファフニル、ファーフニール、ファーフニル、ファーブニル、ファヴニルなどという表記もある。
    その名は(多くの黄金を抱え込んだことから)「
    抱擁するもの」を意味する


    話の細部は物語(『エッダ』・『ヴォルスンガ・サガ』・『ファーヴニルの歌』等)によって異なるが、あらすじは以下のようだ。
     

    ファーヴニルはフレイズマルの長男であり、オッテル(次男)とレギン(三男)という弟がいた。
    神であるロキオーディンヘーニルが旅をしているとき、河でカワウソに変身していたオッテルをしとめた。

    神々はそれを知らずにフレイズマルにその日の宿を求めた。
    フレイズマルに指示されたファーヴニルとレギンは神々を捕らえ、賠償金を要求する。
     

    神々はオッテルの皮の内側と外側を埋め尽くす量の黄金(もしくは赤い黄金)を支払うことで合意する。
    オーディンとヘーニルが人質として残され、ロキがドワーフのアンドヴァリから黄金と黄金を生み出す指輪(もしくは腕輪)を奪う。
    その際に、アンドヴァリは指輪の持ち主に永遠の不幸をもたらす呪いをかける(もしくは最初から指輪はそのような性質のものであった)。
     

    指輪は黄金とともに皮に入れられてフレイズマルに渡された。
    そして黄金に欲を出したファーヴニルはフレイズマルを殺害する。
    ファーヴニルは黄金を弟と分け合うことを拒み、黄金とともにグニタヘイズ(Gnitaheidr)へ逃亡、黄金を守るために毒を吐くワームに変身する(もしくは指輪の呪いによってワーム<竜、ドラゴンのこと>になってしまう)。
     

    レギンはシグルズという若者にこのことを話し、ファーヴニルを殺すように頼む。鍛冶屋であったレギンはシグルズの持っていた折れた剣グラムを鍛えなおして与える。
     

    シグルズはグラムでファーヴニルを殺す。
    リジル(リジン)という剣でファーヴニルの心臓を切り出し、シグルズはレギンの指示に従って心臓を火で焙ったが、その際にやけどを負い、指をなめてドラゴンの血もなめてしまった。

    そしてドラゴンの血の力によってシグルズは全ての言語を理解する力を得る。

    鳥の鳴き声からレギンに自分が殺されようとしていることを知ったシグルズはレギンを殺し、黄金を手に入れたのだった。



     
    人気ブログランキングへ

    このページのトップヘ